「アサヒビール茨城工場」見学と夏合宿

隈ゼミ(経営専門演習Ⅲ)で夏合宿を行いました。

土曜日のお昼にツクバエクスプレス守谷駅に集合し、まずはアサヒビールのバスで工場へ向かいました。

 

工場ではアサヒビールの企業紹介の後、製造工程について説明を受けながら見学しました。

ビールは装置産業のため、装置のコントロールが中心業務になります。

中央コントロールルームでは計器がすらりと並んでおり、原料の展示では麦芽の試食もできました。

缶詰工程は日産400万本のビールを製造できるだけあって、巨大な施設でした。

 

見学の終わりに、地上60メートルで180度カラス張りの展望ビルにご案内いただきました。

そこでは、出来立てのビール(※3年生のゼミであり、全員20歳以上です)やジュースを試飲しました。

 

見学後の宿泊施設にて工場見学のまとめを作成し、翌日に工場見学の発表会を行いました。