岩手一戸町の魅力発見リポートvol.5 【奥中山高原乳業/カナンの園】

淑徳大学経営学部観光経営学科の千葉ゼミ2年生が、去る2019年8月、岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿をしました。学生記者による魅力発見リポート第5回目は、【奥中山高原乳業】と【社会福祉法人カナンの園】です。

 

【奥中山高原乳業】

奥中山高原乳業は、牛乳やヨーグルト、アイスといった乳製品を製造している企業です。私たちは、この奥中山高原乳業で工場長のご案内のもと、工場見学をしました。製品のどれをとっても美味しいのですが、なかでも牛乳が実に美味しくて驚きました。

奥中山高原乳業

なぜ美味しいのでしょうか。実は、ここ奥中山高原乳業は、非遺伝子組み換え飼料で牛を育ており、牧場から工場も近いため、鮮度を損なうことなく届けることができるのです。もう一つ工夫して行っていることがあります。それはより自然な風味を残す殺菌法です。どのようなことかというと、市販で売っている牛乳は120℃以上で2~3秒ほど加熱する超高温短時間殺菌ですが、奥中山高原乳業では65℃で30分加熱する低温殺菌を行っているので、生乳の自然な風味を残しつつ、さっぱりとした上品な甘みがある牛乳ができるのです。牛乳が苦手な私も試飲では、美味しく味わって飲むことが出来ました。

製品は、埼玉県内のスーパーなどでも売られています。この日、あいにく工場は休業日でラインは止まっていましたが、製造工程を詳しくご説明をいただきながら、じっくりと見学することができました。

 

【シャローム カナンの園 カナン牧場】

奥中山にある社会福祉法人カナン園では、自立支援に向けたさまざまな取り組みを行っています。

手作りのメッセージせんべいの製造:「みことばせんべい」といった聖書の言葉が焼印で一枚一枚。押してあるせんべいを手作りで、朝から夕方にかけて作っています。ほかにも、「ありがとう」や「感謝」といったメッセージ、校章などのオリジナル焼印もあります。このせんべいは2010年に商標登録されました。また、「いわての味 奥中山高原のおせんべい」は、2012年に厚生労働大臣賞を受賞し、2015年には、「雑穀ざんまい」が連盟会長努力賞を受賞しています。いずれも試食させていただきましたが、とても美味しいおせんべいで、贈答にも喜ばれるだろうと感じました。

カナンの手作りパン:次に、カナン牧場をご紹介します。カナン牧場では、パンを作っています。パンの種類は約50種類。県内約150店舗で販売しています。私たちは、その工房にお邪魔しました。販売コーナーもありました。調理パンとしては、奥中山高原産直市場で特製サンドが販売されています。また、私たちが宿泊した奥中山高原ホテルの売店でも販売、さらにはレストランメニューに調理でも利用されていて、その味のよさには定評があります。最大の特徴は、食品添加物を含まない点です。そのため賞味期限は少し短いのですが、アレルギー体質の方も食べることができるので、ファンも多いようです。

このたびの視察に際しまして、多大なるご協力を賜りましたこと、深く御礼申し上げます。

(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 加藤将徳)