2020年6月アーカイブ

経営学部で学ぶ「リーダーシップ」

淑徳大学経営学部では、社会で求められるリーダーシップ能力について学び、

実践する中で修得することを目的とした授業を実施しています。

この「リーダーシップ能力開発プログラム」におけるリーダーシップとは、

いわゆるリーダーと位置付けられる限られた人々だけが発揮するものではなく、

大学、サークル、アルバイトなどの学生生活や、社会人として活躍していくなかで誰しもが発揮でき、

伸ばすことができる多様な能力を指します。

 

1年次前期のリーダーシップ能力開発プログラム授業「チームワークとリーダーシップ」は、

1年生だけが履修することができる科目です。

2年生以上の先輩学生が、ラーニングアシスタント( LA )として授業に入り、

教員とともに授業内容の検討、授業の司会進行、受講生への助言・指導を行っています。

 

2020年度前期、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンラインでの実施へと授業運営方法を切り替え、

学びのサイクルを止めることなく、教員5名とLA学生10名の5クラス体制で運営しています。

 

LAの学生はオンライン授業実施に向けて、教員とともに3月初旬から研修を行ってきました。

その成果はすでに授業で表れています。例えば初回授業において、司会進行役のLAに通信途絶トラブルが生じた際に

他のLAが咄嗟の判断で進行役を引き継いでトラブル回避するという場面がありました。

 

初回授業を受講した1年生からは、

・先輩方がスムーズに進行して下さりとてもやりやすかったです。

 とくにスライドを見せながらの進行はとても分かりやすかったのでぜひ今後も維持して欲しいと思いました。

 

・今回初めてのオンラインでの参加で不安が大きくありましたが、

 LAの先輩方の円滑な授業により楽しく授業を受けることが出来ました!

 先輩方が説明される時にバトンタッチしながら話してくださったので、より分かりやすく理解ができたのと、

 先輩方の説明の仕方を参考にしながら授業を聞くことが出来ました!

 

・進行していく先輩たちがとてもしっかりしていて尊敬しました。

 同じクラスのみんなも優しそうで、早く会いたいなぁという気持ちがより募りました!

 LAの授業、これからが楽しみです。

 

といった感想が寄せられています。

これまでの実践型授業で培った学生のリーダーシップ行動は余すところなく発揮されています。

現在のコロナ禍の状況にも左右されることなく、このような行動の蓄積は学年を越えて受け継がれ、

経営学部全体のカルチャーとなりつつあります。

 

遠隔授業勉強会(第1回目)

前回のブログでお伝えしたとおり、オンライン授業での教育の質を担保・向上できるよう、

6月9日(火)遠隔授業勉強会が行われました。

教育学部の先生方も多く参加し、埼玉キャンパス全体での共有となりました。

 

 

 

実際の授業の進め方や、使用しているツール、学生が授業中に見ている画面などが報告され、

質問時間も長く設けられたことで、積極的な意見交換が行われました。

 

閉会時刻となり、一度勉強会が終了した後も「まだまだ質問したい!」という先生が多く残り、

気が付けば19時近くに…!

 

来週も第2回目の勉強会を開催します。

オンライン/オンデマンド授業の実際と課題共有

新型コロナウイルス感染拡大により大学での対面授業実施が叶わない状況のなか、

経営学部ではオンライン授業をいち早く取り入れ、授業の計画的促進や学生への個別対応などを進めてきました。

 

これらの知見を広く共有すると同時に、課題や問題点の情報共有を目的に、

6月2日(火)、オンラインで経営学部FDを開催しました。

 

【経営学部FD】

日時:2020年6月2日火曜日 16時~17時

内容:テーマ「オンライン/オンデマンド授業の実際と課題」

担当:経営学部 佐原太一郎先生・山脇香織先生 

 

先生自身が作成した動画を用いた授業方法や、

グループディスカッション・演習をWEB上で行う方法など

より効果的な授業への取り組みが紹介されました。

 

今後も学部全体で、教育の質を担保・向上できるよう、勉強会も実施する予定です。

その様子は、また次回のブログでお伝えします!