観光経営学科1年生 川越でフィールドワークを実施しました

観光経営学科1年生の入門セミナーでは、川越市の小江戸川越観光協会様のご協力のもと、

11月15日(日)に川越でフィールドワークを実施しました。

学生は、千葉ゼミの11名、堀木ゼミの11名、吉田雅也ゼミの12名の計34名が参加しました。

 

事前学習として、10月から4週にわたって3ゼミ合同でオンライン授業を行い、

観光地の特性や課題、統計資料やアンケート調査などをもとにグループに分かれて分析して、

それぞれが設定したテーマの解決策を検討してきました。

フィールドワークはここまで検討してきた仮説を検証・調査する機会となります。

 

当日は歴史ある川越の名刹、蓮馨寺に集合して小江戸川越観光協会長の粂原様よりご講話をいただいた後、

それぞれのグループに分かれて街を視察しました。好天に恵まれて、学生たちは商店街の方々にインタビューするなど、

積極的に調査活動を行いました。

 

今後の授業では、フィールドワーク調査の結果を踏まえて、観光地川越の課題解決策を考案し、

オンラインでプレゼンテーションを実施する予定です。