経営学部の最近のブログ記事

充実した夏季中国語研修(台湾)

今回は、8月4日から8月24日まで台湾で実施された夏季中国語集中語学研修について、

研修に参加した経営学科3年小櫃佑斗さんのレポートです。

 

 

私は経営学科の国際経営ゼミ(葉山ゼミ)に所属しており、

3年前期の時に、ゼミの先生から台湾での短期中国語語学研修(学外プログラム、主催:淡江大学中国語センター)に

参加しないかと声をかけてもらい、初めてこのプログラムを知りました。

私がこの台湾での語学研修に参加しようと思った理由はとても単純で、

「異文化の体験ができて、楽しそう、良い思い出になりそう」というものでした。

 

写真①:現地の教員や学生たちとの交流を通して、充実した3週間を過ごしました。

 

写真②:淡江大学のキャンパス近くの淡水駅商圏エリアから見た夕日。とても綺麗でした。

 

 

私は8月4日から24日まで台湾の淡江大学で3週間、語学研修を受けました。

月曜日から木曜日までは朝から夕方までみっちりと中国語の勉強をし、

金曜日はプログラムの誘導員が台湾の台北周辺を観光案内してくれました。

私は全く中国語が話せない状況からのスタートでしたが、3週間の語学研修が終わってみれば、

それとなく現地の方が言っていることが理解できるようになり

多少は話す事も出来るようになりました。

この3週間ではコミュニケーション能力が前よりも高くなったと感じています。

現地の学生とも言葉はお互いにうまく伝えられなくても、

ジェスチャーや少しの英語と中国語でコミュニケーションは取れました。

写真③:中国語の勉強のほか、中華文化や台湾の観光地の視察活動にも参加しました。

(筆者は最左の位置)

写真④:皆で食べた台湾の中華料理もとても美味しく、良い思い出になりました。

 

それまでは外国人とコミュニケーションを取るのは難しいと思っていましたが、

なんとかなるのだと、コミュニケーションは語学だけでないのだと学べました。

台湾で培ったコミュニケーション力は将来にも行かせていけるのではないかと強く思います。

私にとって、この3週間は本当に充実していて濃い時間でした。

最初は台湾に行くことを迷っていましたが、ゼミの先生が励ましてくださったこともあり、

勇気を出して海外の語学研修プログラムに参加して良かったと心から思っています。

これから先何かを決断をする時には様々な迷いが発生すると思いますが、

まず悩む前に今回のように行動を起こしていきたいと思います。

そうすれば自ずと良い方向へいけるのだと思います。

 

写真⑤:3週間頑張って、終了証書をいただきました。(筆者は中央位置)

 

葉山ゼミ2年 夏合宿:味の素株式会社川崎工場見学と湘南海岸

9月11日~12日、葉山ゼミ2年7名の夏合宿を行いました。

研修内容は、味の素株式会社川崎工場見学、鎌倉商店会視察、そして湘南海岸の海小屋ビジネスの体験でした。

 

初日の9月11日13:30、鎌倉駅で集合し、商店会を通り鎌倉大仏と鶴岡八幡宮へ向いました。

日本文化を代表する鎌倉であるため、多くの外国人観光客に出会いました。

 

 

 

 

そして夏といえば、海。鎌倉駅近くの海岸へ移動しました。

先日の台風の影響で暴風と暴雨のダメージを受けていたようで、

私達が訪れた時には海小屋は営業しておらず、修繕工事を行っていました。

残念ですが、海小屋は営業していなくても、湘南の海が綺麗だったので楽しめました。

 

翌日、味の素株式会社の川崎工場とうまみ体験館を見学しました。

担当スタッフは、まずDVDを通して同工場で生産されている商品や工場の歴史などについて紹介してくれました。

その後、専用バスに乗り、自動生産ラインを視察します。

味の素の調味料商品「Cook Do」を使って、「回鍋肉」を作るという体験授業を受けました。

簡単に作れて、とても美味しかったです。

 

 

 

工場見学後、展示ホールに戻り、同社の創業沿革資料や商品ライン展示を観賞しました。

 

 

 

工場見学を中心とした一泊二日の合宿活動を通して、海外から原材料を調達し、

国内工場で商品を製造するという生産現場の仕組みを知ることができました。

山脇ゼミ合宿

今年の夏は猛暑でしたが、その猛暑のど真ん中であった8月5日から6日にかけて、ゼミ合宿を行いました。

行き先は学生たち同士の話し合いによって決まり、今年は豊洲市場見学を行いました。

豊洲市場を選んだ決め手としては

「ニュースによく出てくるのに実際は見たことが無い」

「身近な場所のはずなのにまったく知らない」

という理由が挙げられました。

見学ルート、ホテルや食事会の店選び、翌日の観光プランについても全て学生が考えて実施しました。

 

 

授業期間中のゼミの時間では、現在ひたすら簿記の勉強をしていることもあり、

なかなかゼミ生同士での交流が見られませんでしたが、今回の合宿を通して

移動中や懇親会で仲の良いメンバー以外とも交流する姿が見られるようになりました。

 

 

 

学生たちからは

「最初は普段関わりのないメンバーもいたので不安だったが、行ってみると予想以上に楽しめた」

「来年の合宿が楽しみです」

という声が聞こえました。

 

「ゼミの活動に参加するのは楽しい」という経験から、今後まずは外部のセミナーや就活プレイベントに参加する予定です。

そして将来的には自ら積極的に参加するといった風土を作っていきたいと考えております。

 

山脇ゼミは1期生ということもあり、まだ2年生ゼミ生しかおりませんが、

来年は新しく入る学生も加えて、学年を超えたコミュニケーションをとれるような合宿になることを願っています。

志賀高原カフェ プロジェクト(観光経営学科・吉田雅也ゼミ2年生)

観光経営学科・吉田雅也ゼミでは、8月9日(金)から8月18日(日)までの10日間、

志賀高原・高天ヶ原スキー場に隣接するレストランを利用して、学生による期間限定カフェ『もものうちcafe』を運営しました。

(このプロジェクトは、令和元年度「長野県地域発元気づくり支援金活用事業」として、

志賀高原観光協会が主催する「学生による志賀高原観光振興プロジェクト」の一環として実施されました。)

 

プロジェクトでは、吉田ゼミの2年生12名に加えて、長野県立大学・真野毅教授ゼミの2年生10名が協力して、

夏の期間営業されていないゲレンデ食堂を利用して、トレッキングなどで訪れる観光客のために軽食を提供しました。

 

(そろいのエプロンを着けた学生たち)

 

学生たちは、6月から事前研修会に参加しながら、店舗名のアイデアを出したり、

メニューを考案したり、写真を撮影してチラシやメニュー表をデザインしました。

 

(学生がデザインしたチラシ)

 

そして8月5日には、いよいよ開店準備のため現地入りしました。

まず使用されていないレストランの中や外回りを清掃し、店内の装飾を行いました。

今回のカフェのテーマは「SDGs」としたので、SDGsの開発目標などを店内に掲示していきました。

ほかにも地元産品を使用したメニューや、紙製のストローの使用など、テーマに沿った店作りを心がけました。

その後は食材の仕入れや料理の試作、レジの設定作業などを行っていきました。

(店内の装飾)

 

オープン前日にはすべてのメニューを試作して意見交換を行い、ぎりぎりまで改良を加えました。

また、ホールでのサービスについてもサービス・マニュアルを作成して、

メンバーによるサービスのばらつきやミスを防ぐよう努めました。

(試作した料理の数々)

 

8月9日、ついに「もものうちcafé」は営業初日を迎えました。

初日から好天に恵まれ、団体のお客様を含む36名のお客様にご来店いただきました。

またこの日はSBC信越放送様の撮影クルーによる密着取材を受けました。

 

 

(密着取材を受ける学生)

 

2日目は天気はよかったもののリフトが停止するというトラブルに見舞われ、客数も伸び悩みました。

その後も台風の影響などで、リフトが停止すると客足が鈍くなることがたびたびありましたが、

信濃毎日新聞への掲載、ラジオでの放送、そしてSBCテレビの「SBCニュースワイド」の放映などにより、

多くのお客様に告知することができ、10日間合計で500名を超えるお客様にお越しいただき、昨年実績を3割以上も上回ることができました。

 

本プロジェクトのもうひとつの挑戦は、寮生活でした。

はじめて出会う長野県立大学の学生たちと、同じ屋根の下で共同生活を送りましたが、

カフェの成功という目標を共有して一緒に働き、自炊する中で次第に友情が芽生えていきました。

プロジェクト後半には、大学の垣根を越えてメンバー同士ふざけあったり、

意見を述べ合ったりする場面も増えて、良好な関係をつくることができました。

 

8月18日にカフェの営業を終え、19日に片付けを行ってから、20日に事務局で報告会が行われました。

カフェプロジェクトチームからは、長野県立大学リーダーの山口朝香さんと、淑徳大学リーダーの角田美波さんがそれぞれスピーチを行い、

プロジェクトを通しての学びや苦労した点などについて報告しました。

(報告会で発表)

 

今回のプロジェクトは、実際にカフェを計画、運営することによって、

教室や書籍での学びを実体験する究極の「実践教育」であると捉えることができます。

経営戦略、マーケティング、オペレーション、会計、人員管理など、経営学の領域を身をもって経験することをとおして、

多くの学びがありました。さらに、チーム内や他大学の学生との連絡・調整、関係団体やマスコミへの対応など、

社会人として求められるコミュニケーション力の涵養にも大きな効果があったと考えられます。

 

 

◆本プロジェクトのメディアへの掲載

8月12日 信濃毎日新聞(22面)

8月14日 10:10 SBCラジオ「坂ちゃんのずくだせえぶりでい」

8月14日 18:15-18:55 SBC信越放送「SBCニュースワイド」放映(特集9分間)

8月21日 テレビ北信ケーブルビジョン ニュース放映

 

(8月12日 信濃毎日新聞(22面))

「観光経営専門演習Ⅲ」ゼミ合宿で熱海温泉の現地調査を行いました

7月の半ば、堀木ゼミの3年生14名が観光経営専門演習Ⅲ(3年生前期ゼミ)のゼミ合宿として

「熱海温泉」を訪問しました。

熱海温泉は東京から訪れやすく大変人気を博した一大温泉地ですが、

職場旅行など団体旅行の衰退やバブル経済の崩壊を一因として大型宿泊施設の更新が難しくなったこと等から、

2000年代にかけて宿泊客数を大きく減らしていました。

しかし近年多岐にわたる新たな魅力づくり等に積極的に取り組み、その成果が結実しつつあるとみられています。

 

当ゼミ3年生は観光地の計画策定を模擬的に取り組むことをテーマとしており、

今年度はその対象地としてゼミ生自身で熱海温泉を選択しました。

事前学習としてゼミ生各自がそれぞれの問題意識の下に熱海温泉の現状把握(各種データの収集・分析)と

課題整理を行っており、今回の現地調査ではその検証を行うことが目的です。

 

初日は来宮駅に集合して来宮神社から現地調査をスタート。

参拝者と観光客で賑わう境内の様子を観察したのち、徒歩で熱海駅前まで移動。

その後はグループに分かれて温泉地の様子を調査しました。

熱海のビーチを望むホテルに宿泊し、翌日は相模灘に浮かぶ離島=初島へ船で移動。

温泉地とはまた異なる離島の魅力要素や観光客の行動を観察して現地調査を終えました。

 

今回の調査では事前学習を通じて想定していた熱海温泉の観光に関する課題と、

実際の温泉地の様子を比較する機会となりました。

夏休み明けの観光経営専門演習Ⅳ(3年生後期ゼミ)では今回の現地調査の結果を踏まえ、

熱海の観光の課題を再整理するとともに、それらの課題を解決するための方策を体系的に取りまとめ、

一人一人がオリジナルの「熱海温泉の観光活性化計画」を策定することを目指します。

観光経営研究Ⅱ旅行業コース 旅程管理主任者研修を実施しました

観光経営研究Ⅱ旅行業コースの履修者を中心に、2019年8月5~8日、

4日間の日程で旅程管理主任者研修を実施しました。

3日間の座学では、旅行業法や約款、旅行実務等を学びました。

4日目は、観光バスで都内名所めぐりの添乗員実務研修が行われ、スーツ姿に身を包んだ学生たちが、

それぞれ添乗員としての基本動作や知識を修得しました。

浅草雷門や柴又帝釈天など、人気のエリアを現役添乗員とめぐり、

バス旅における乗車降車のノウハウなどを学びました。

 

本学では、ここ数年、旅程管理主任者研修の取得講座が開講されてきませんでした。

主力としている国家資格の総合・国内旅行業務取扱管理者資格講座のみならず、

今後は積極的に、実務に結び付く旅程管理主任者の資格取得も促していく予定です。

 

企画運営をいただきましたトラジャル・フレール株式会社様、そして東栄運輸様におかれましては、

実施にあたり多大なるご協力を賜りましたこと、ここに御礼申し上げます。

千葉ゼミ 岩手・奥中山高原視察研修

淑徳大学で観光を学ぶ千葉ゼミ所属の2年生は、

2泊3日(2019年8月1~3日)の行程で岩手・奥中山高原(一戸町)を舞台にゼミ合宿を行いました。

 

盛岡駅西口に朝早く集合したゼミ生たちは、マイクロバスで一路、まずは御所野遺跡を訪ねました。

御所野遺跡は、2021年ユネスコ世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つです。

所野縄文博物館では、館長自らが案内をしてくださいました。

世界遺産登録をめざす御所野遺跡。御所野縄文博物館では館長自らが案内をしてくれた


レタスなど高原野菜の生産で知られる一戸町は、企業的大規模経営の農業でモデル地域にもなった場所。

JA新いわて奥中山エリア統括部長を訪ね、これまでの歩みや現況をうかがいました。

また、酪農もさかんなことから、私たち一行は奥中山高原農協乳業を訪ねて、工場ラインを見学しました。

首都圏でもPB商品などで馴染みがあります。

社会福祉法人カナンの園では、支援事業にかかる各種施設も見学しました。

そして日が沈まぬうちにと、西岳の山頂をめざして町を一望。澄んだ空気と突き抜ける青空を堪能しました。

JA新いわてで高原野菜や企業的大規模経営の農業モデルについて学んだ


私たちが今回、お世話になった奥中山高原は、スキー場隣接のセンターハウスがある本館と、

別館にわかれる、町内唯一の宿泊施設です。日帰り温泉の利用も可能で、県外からの利用客も多く、

別館併設の天然温泉「朝朱の湯」や、眺めのよい本館の「煌星の湯」を、私たちも利用しました。

 

また、別館の駐車場に立地する奥中山高原ジェラート「雪あかり」は、

ご当地ならではの新鮮な生乳と素材を活かした絶品グルメで知られています。

私たちは一気に虜(とりこ)になりました。

野田村産「のだ塩」を使用した塩味や、町で採れたカシスのジェラートが特に人気でした。

奥中山高原ジェラート「雪あかり」で試食するゼミ生たちは「情報発信がカギ」と語る

 

2日目も朝から、精力的に視察が行われました。

岩手県立児童館いわて子どもの森では、主任児童厚生員の方に案内いただき施設内を見学しました。

大学生でも大いに楽しめる場所で、その規模感に驚かされました。

 

さらに、一戸町観光天文台にも訪問して、台長にご説明をいただきました。

国内屈指の星空環境といわれるこの地で、東北初500ミリ級大型天体望遠鏡を備えた天文台です。

ちなみに、この天文台や投宿先の奥中山高原はいずれも、開発や運営母体は一戸町で、

奥中山高原株式会社は指定管理者となっています。

昼食はセンターハウスに戻って、噂の「縄文カレー」を食べました。

食の拠点づくりにも注力しているのがうかがえます。

一戸町観光天文台では吉田台長から施設案内をいただいた

 

午後は、これら視察の成果を持ち寄って学生全員でワークを行いました。

それぞれに長所や短所、課題を整理して、SWOT分析を行って模造紙にまとめ、成果発表会に臨みました。

 

成果発表会には、一戸町の田中町長はじめ町役場の皆さんや、

地元鉄道会社IGRいわて銀河鉄道ならびにIGR銀河観光のかたがたにご参集をいただき、

学生の目線で感じたことやアイデアを、関係者の皆さんへお伝えすることができました。

 

発表のあとは交流会を行いました。奥中山高原の料理長が腕をふるった料理の数々に、一同大喜び。

親睦がはかれました。

地元観光関係者や一戸町の田中町長はじめ役場の皆さんに向けた成果発表会を開催した


一戸町の田中辰也町長を囲んで千葉ゼミの皆さんと


 交流会では地元産を素材とした料理の数々に舌鼓をうった

 

最終日は学生全員で、同施設が運営する釣り堀に向かいました。

釣れたニジマスやイワナは、その場で炭火焼きにして食べることができます。

温泉で汗を流したあとは、これまた料理長お手製のレタスたっぷりのチーズバーガーを、

冷製スープと一緒にいただいて、各自、帰り支度をしました。

 

盛岡駅での解散時、かけつけてくださったのが、淑徳大学OBで社会福祉法人「元気一番館」の石川館長です。

後輩たちに激励をおくってくださいました。

淑徳大学OB石川さんの話に耳を傾ける学生たち

盛岡さんさ踊りの会期中で盛岡駅は賑わっていた


充実した3日間でした。私たちの取り組みは、2019年8月4日付け岩手日報朝刊に、大きく掲載されました。

 

岩手日報(2019年8月4日朝刊)


道中、すべての視察にご同行いただいた奥中山高原株式会社の菊池社長には、

この場を借りて心から御礼を申し上げます。

岩手県一戸町ならびに奥中山高原の観光が、ますます発展されることを祈念します。

 

「アサヒビール茨城工場」見学と夏合宿

隈ゼミ(経営専門演習Ⅲ)で夏合宿を行いました。

土曜日のお昼にツクバエクスプレス守谷駅に集合し、まずはアサヒビールのバスで工場へ向かいました。

 

工場ではアサヒビールの企業紹介の後、製造工程について説明を受けながら見学しました。

ビールは装置産業のため、装置のコントロールが中心業務になります。

中央コントロールルームでは計器がすらりと並んでおり、原料の展示では麦芽の試食もできました。

缶詰工程は日産400万本のビールを製造できるだけあって、巨大な施設でした。

 

見学の終わりに、地上60メートルで180度カラス張りの展望ビルにご案内いただきました。

そこでは、出来立てのビール(※3年生のゼミであり、全員20歳以上です)やジュースを試飲しました。

 

見学後の宿泊施設にて工場見学のまとめを作成し、翌日に工場見学の発表会を行いました。

スターバックスロースタリー見学

7月1日(月)、学外学習企画として、1~2年の希望者4名で

東京都中目黒にあるスターバックスロースタリーの見学に行ってまいりました。

(壁一面に埋め込まれたコーヒーカップがオシャレです)

 

ここは国内初焙煎工場を併設した店舗で、1階から4階までの建物すべてがスターバックスという珍しい店舗です。

平日の雨の日にも関わらず店内は非常に混雑しており、

整理券を受け取って、30分程度の待ち時間を経てようやく入場できました。

(建物内全体の様子)

 

建物の天井付近には、焙煎されたコーヒー豆が通るチューブのようなものが張り巡らされていたり、

大きな機械がそこかしこにあったりと、工場らしさがある一方で、

スターバックスらしいおしゃれな空間でもありました。

壁一面のコーヒーカップや、紅茶のパッケージで飾られた壁など、思わず写真を撮りたくなる箇所も多くありました。

(こちらの壁には紅茶のラベルが飾られています)

 

焙煎のプロセスについて学んだあと、色々な紅茶の香を嗅いでみたり、

最後はみんなでお茶やコーヒーを楽しみました。

(色々な紅茶の香りを嗅いで楽しみました)

 

今日の参加者は1年生と2年生が混じったグループでしたが、

最後のお茶会を通じて学年を超えた交流が生まれました。

学生からも「普段はあまり話せない教員とも話せて楽しかった」

「授業が無い日なので参加するのは悩んでいたが、参加して良かった。次も是非参加したい」という声が聞こえ、

非常に良い経験になったのではないかと思われます。

株式会社ノバレーゼ 「ロイヤルダイナスティー大宮」見学

経営学部正課授業「観光経営研究Ⅱ」ブライダルコースを履修する学生4名とともに、

株式会社ノバレーゼ(本社:東京銀座)の運営する「ロイヤルダイナスティー大宮」を訪問、

ブライダル業界の最前線を現場で学びました。

独立型のハウスウェディング会場には珍しい本格的な神殿もあり、

歴史と伝統を大切にしながら進化を遂げているウェディング会場を目の当たりにすることができました。

以下では、参加学生たちにも現地の様子を紹介してもらいましょう。

 

ブラウンを基調としたほっとするような落ち着いた空間でした。

アーチ形の天井が高いため、拍手などの音がすごく響いてすてきでした。(松本 茜)

 

ノバレーゼのフランベ(アルコールを燃やして仕上げる調理法)は、

他の会場と違って音楽に合わせ擦りガラスから突然現れるというもので、サプライズ感に感動!(高橋拓巳)

 

 

下の写真は、神殿で主に親族のみで結婚式が行われます。とても緊張感のある素敵な神殿でした。(梶 佳織)

洋の挙式のみならず本格的な和の挙式にも対応できる本格的な神殿でした。

 

スタッフの川島さんは入社5年で、スタッフ同士の仲がとても良いことなど、

色々な話しをしてくださいました。楽しく働いていらっしゃることがわかりました。

最後の写真は、みんなの協力で2ショットを撮ってみました。(前田 宗平)