観光経営学科の最近のブログ記事

観光地 川越フィールドワークを実施しました

7月1日(月)、観光経営学科1年次必修科目『入門セミナーⅠ』(堀木ゼミナール、吉田雅也ゼミナール、竹中ゼミナール、永井ゼミナール)の一環として、

川越でフィールドワークを実施しました。

今回のフィールドワークは「観光地としての川越」を研究対象とする4ゼミの合同により

44名の観光経営学科1年生が参加しました。

 

当日は小雨降る中、川越の名刹である蓮馨寺に集合し、ご住職で公益社団法人 小江戸川越観光協会の会長職も務められる粂原恒久様より、

川越や寺院の歴史、文化、観光の現状等についてご講演いただきました。

(蓮馨寺での一コマ。お寺での講義も歴史ある川越ならでは。)

 

朝からの雨もフィールドワークを開始するころには止み、学生たちは12グループに分かれ、

それぞれが研究してきた様々なテーマに沿って実地調査を行いました。

(フィールドワーク出発前の集合写真)

 

フィールドワークを終えた学生たちからは、「当初の予想どおり仮説が検証できました」という声や、

「文献やネット情報だけではわからないこともたくさんありますね」といった声が聞かれました。

川越市の観光振興への取り組みや現在直面する課題について、

これまで文献調査・研究を続けてきた仕上げの実地検分・現地調査として大変有意義なものとなったようです。

(調査中の一コマ)

 

今回の研究成果は、ゼミナール内報告会で報告されるほか、学生一人一人のレポートとしてまとめられる予定です。

(川越の象徴、時の鐘前にて)

ホテル企業の経営戦略を研究テーマとする観光経営学科・吉田雅也ゼミでは、

フィールドワークの一環として、6月19日(水)にシャングリ・ラホテル東京を訪れました。

 

シャングリ・ラホテル東京はJR東京駅に隣接し、フォーブス・トラベルガイド ホテル部門 5つ星をはじめ、

ミシュランガイド東京「ラグジュアリー コンフォート」部門 5パヴィリオン等、

数々の受賞歴をもつ日本を代表する最高級ホテルの一つです。

 

ホテルの客室やレストラン、フィットネス等を見学した後、人事部の松下様よりシャングリ・ラホテル東京の経営方針や、

ホテリエとして求められる人物像などについてのお話を伺いました。

(スイートルームにて、人事部 松下様よりお話を伺う様子)

 

また、レストラン「ピャチェーレ」でランチをとり、スタッフの颯爽とした立ち居振る舞いや

ホスピタリティマインドあふれるサービスに触れ、至高の時を過ごしました。

学生たちは、はじめて見る豪華な施設に圧倒され、

レストランでも最初は緊張した面持ちでフォークを握っていましたが、スタッフの心遣いに触れ次第にリラックスし、

真のラグジャリーサービスを体感することができました。

(フィットネスを見学)

(レストラン「ピャチェーレ」でランチをいただく)

 

日本には数多くのラグジャリーホテルが存在しますが、

それぞれの個性や魅力は実際に訪れて体感することによって理解を深めることができます。

今後も吉田ゼミではさまざまなホテルを見学し、そこで働くスタッフのお話を伺うことを通して、

大学の講義での学びと現場の実践とを関連付けながら研究を深めてまいります。

明治記念館 ウェディング施設見学

観光経営研究Ⅱ施設見学で、「明治記念館」へ行ってきました。

昭和22年に明治神宮の総合結婚式場として作られた館は、まさに100年の歴史と伝統を感じる空間でした。

元赤坂という都心でありながらそれを忘れさせる豊かな自然の中にあり、明治神宮による結婚式場です。

歴史ある建物の中庭に「さざれ石」があり、その説明が書かれていました。

「君が代」で歌うことはありましたが、初めて国歌の意味を考えみるきっかけになり興味深いものになりました。

 

\「さざれ石」の前でご案内くださった入社3年目の佐竹様と記念写真/

 

 

 

神殿に入る前に、大幣(おおぬさ)という清めの紙がついた道具でお払いをしてから入室します。 

神殿に入ったのは初めての経験でした。教会とはまた違った厳かな気持ちで説明を聞きました。

 

 

\何気ないライトの形が実は「菊の紋」でした!/

 

披露宴会場は18箇所もあり、それぞれに特徴のある会場。

最近は和装だけでなく洋装でお色直しをする花嫁も多いようです。

結婚式以外では企業の会議やイベントなど幅広く利用されており、

皇室関係者やVIPの利用も多いとのことです。

学生時代に学んでおくべきことを考えさせられた時間になりました。

「観光経営専門演習Ⅰ」校外学習で鎌倉を訪問しました

梅雨入りの前の晴れ渡った週末、観光経営専門演習Ⅰ(2年生前期ゼミ)の校外学習として、

堀木ゼミの2年生15名が観光客で賑わう鎌倉を訪れました。

鎌倉は東京から日帰り圏内の人気観光地ですが、近年は外国人観光客の姿も多く、

鎌倉駅前から鶴岡八幡宮近くまで延びる「小町通り」は大変な活況を呈しています。

 

多くの観光客が特定の観光地を訪れることは、その地域にとってどのような影響を及ぼすのでしょうか? 

私たちのゼミではそんなテーマを掲げて実際の観光地の様子を研究しています。

 

まず鎌倉駅に集合した参加者は全員で小町通りから鶴岡八幡宮にいたるルートをゆっくり歩き、

観光地調査の基礎的なポイントを確認しました。

鶴岡八幡宮を見学した後は4つのグループに分かれ、北鎌倉、長谷、江ノ島などの周辺エリアも含め半日をかけて調査を行いました。


 

今回の調査では観光の魅力となる要素、観光地での観光客の行動、観光地としての空間づくりなどに注目して、

鎌倉とその周辺観光地の現状把握を行いました。

ゼミの学生はそれぞれが興味を持った研究テーマ(食べ歩き行動、駐車場の配置、案内看板のデザインなど)に沿って課題を整理し、

より魅力的な観光地を目指した提案を行う予定です。

JTB川越支店 見学訪問(観光経営研究Ⅱ旅行業コース)

2019年5月30日(木)、観光経営研究Ⅱ旅行業コースの履修者34名(主に3年生)が授業の一環で、

JTB川越支店を訪問しました。

当日は2コースに分かれて、JTB川越支店会議室での法人営業レクチャーの受講、

ならびにJTB川越クレアモール店への店頭見学を実施しました。

 

法人営業レクチャーでは、ツーリズム産業の現状やJTBでの仕事(業務内容等)を学び、

単なる旅を目的とした代理店業務のみならず“交流のプロデューサー”かつ

“感動のコンシェルジュ”であることを知らされました。

JTB川越クレアモール店では、白井店長からカウンター業務についてお話をいただきました。

お客様で賑わう店内で、店頭営業をされる社員の皆さんを間近でみることができ、大きな成果となりました。

質疑応答では、国家資格やクルーズコンサルタントなどの各種資格、英語力の重要性などに質問が及びました。

法人営業と個人店頭のいずれも学ぶことができ、大変有意義なひと時となりました。

学生たちは熱心にメモをとりながら聞き入っていたのが印象的でした。

「観光経営研Ⅱ観光施設コース」校外学習で東武動物公園を訪問しました

短い春があっという間に過ぎ、夏を感じさせる毎日です。

週末は埼玉県内各地の観光施設も、大勢の人出で賑わっています。

 

淑徳大学経営学部観光経営学科の実践科目である「観光経営研究Ⅱ・Ⅲ」のうち「観光施設コース」では、

そんな人気観光施設のひとつである「東武動物公園」を調査対象として、

「より魅力的な観光施設の空間づくり」について検討しています。

 

5月19日、同コースを履修している観光経営学科3年生7名が現地を訪れ、

強い日差しの下で多くの利用者が楽しむ中、現状分析のための調査を行いました。

 

東武動物公園駅に集合した学生は早速バス利用グループと徒歩グループに分かれ、

利用者がどのような印象を持つか想像を働かせながら東武動物公園までのアクセスを調査。

入場ゲートをくぐった園内でも、空間のデザインや施設の配置などに目を向け、

およそ3時間をかけて調査を行いました。

 

今回は「利用者として楽しむ視点」だけでなく「観光経営を学ぶ学生としての視点」で調査を行い、

その結果、多くの発見があったようです。

今後は他の観光施設との比較も行いながら、より魅力的な観光施設の空間づくりに向けた提案を取りまとめる予定です。

台湾のテレビ番組制作に協力しました

 

訪日外国人旅行者がますます増加しています。

埼玉県でも、川越などでその波が明らかに感じられるようになってきました。

今回、そんな川越や秩父地域を台湾の人気旅行番組「愛玩客 iWalker」が特集することになり、

幸運にも、淑徳大学の学生が出演する機会をいただきました。

 

5月9日(木)、12日(日)の二日間にかけて撮影に協力し、川越の街並みや菓子屋横丁、

話題のメッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク(飯能市)を案内したのは

観光経営学科4年の石井里佳さん(千葉ゼミ)、山下優貴さん(岩村ゼミ)のふたり。

川越熊野神社撮影のでは振り袖を着て撮影に臨み、一生懸命に埼玉県の魅力をお伝えしました。

放映は7月上旬の水曜日22時からとのこと(ただし台湾でのお話しです)。

日本からもYouTubeの愛玩客チャンネルを通して見られるようになるそうですので、

無事に公開されましたら、あらためてお知らせします。

※愛玩客 iWalker YouTube:

 https://www.youtube.com/channel/UCX2914i1K-kGbgg1ZrLKDSQ

               /番組MCのおふたりと\

 

地元、埼玉県の魅力をまた違った角度から見つめ直す貴重な体験となりました。

機会をくださった埼玉県産業労働部観光課、その関係者のみなさまに心から御礼申し上げます。

 

ホテルベルクラッシック東京 ブライダル棟見学

観光経営研究Ⅱ・ブライダル施設見学の授業で、

大塚駅から徒歩3分の立地にある「ホテルベルクラッシック東京・ブライダル棟」を見学してきました。

圧巻独立型の大聖堂は、ホテル最上階にそびえ立っていました。

このような独立型の教会を備えているホテルは都内では稀有です。

見学中、澤田社長がサプライズ登場され、貴重なお話も伺うことができました。

 

代表して一人がウェディングベルを鳴らす体験をしてそれを皆で聞き入っています!

 \こんな所に就職したい!/

屋上は撮影場所としても最適です。



ホテルウェディングが時代の流れと現代のニーズを取り入れるための、さまざまな工夫に取り組んでいました。

バージンロードもドレスの幅を意識し、通常より幅広に作られていたり、

この夏に行われるバンケットの改装もその一環であると知ることができました。

また、現場で実際に働いているスタッフ様のお話も聞くことができ、大変有意義な時間でした。

今後の就職活動に活かしていけると感じています。

 

プロジェクションマッピングを意識したバンケットはハウスウェディングにも負けない演出内容に工夫されていることが理解できました。


( メモを取る目が、皆、真剣です。 )

4月22日(月)、経営学部正課科目「観光経営研究Ⅱ」の一環として、「アニバーサリーアン恵比寿」を訪問しました。同社は、右肩上がりに急成長中で、非上場自力単独経営としては稀有な存在の企業として、ウェディング業界で注目を集めています。この継続的な増収はいったいどんな経営からきているのか、全員興味津々で見学してきました。

 

エントランスにはウェルカムボード。

 

 

シャンデリアや暖炉などゲストハウスならではのゴージャスなインテリア。

 

 

ウェイティングルームで企業説明をして頂きました。

 

 

螺旋階段を上って二階に上がると、豪華なブライズルームや控え室がありました。