経営学科の最近のブログ記事

新入生のみなさんへ

東京証券取引所を訪問しました(見学とレクチャー受講)

11月20日(水)、経営学部観光経営学科(入門セミナー:竹中ゼミ)に

所属する1年生10名が東京証券取引所を訪問しました。

報道番組などでおなじみですから、東京証券取引所をご存知の方も多いと思います。

日本の有名企業のほとんどの株式が売買されている場所ですが、

実際にはすべての証券がネットワーク上で売買されており、

証券取引所は安心・安全な売買環境の保持・監督と、投資家への様々な情報発信を行うことが主な任務となっています。

 

記念の集合写真。株価等様々な情報が示されるおなじみのディスプレーに歓迎の文字を出してくださいました。

 

株式の売買状況が刻々と流れるチェッカー(リング状の電光掲示板)。

スピードが8段階に変わり、早いほど活発に売買が行われていることが示されます。

学生からは「今後ニュースなどで電光掲示板が映った際には、

回る速度を意識して取引状況を考えるようにしたいです」といった声も…。

 

投資シミュレーションで株式の売買を学びました。儲けるのはなかなか難しいです…。

 

この日は偶然テレビの取材があり、学生もインタビューを受けました。

 

レクチャーでの一コマ。

 

 取引所では場内の見学、投資シミュレーションを体験したのち、

証券取引所の方から「ライフプランとお⾦の活⽤」についてレクチャーしていただきました。

普段経営学や会計学を勉強していても、どのように活用すればよいのかなかなかわかりづらいものです。

特に「人生100年」と言われる現在、自身の人生とお金について考えるのは大切なことになりつつあります。

今回のシミュレーション体験やレクチャーの後、

学生からは「好景気や不景気に合わせて企業の株価が上がったり下がったりすることがすごく興味深かったです。

将来は投資をしたいと思っているので、投資体験で得た知識を活かしよく考えて、企業に投資したいと思います」

といった声も聞かれました。

 

実はこの日は見学会と合わせて、ゼミの懇親会も実施しました。

卒業論文中間報告会開催

10月29日(火)13:00~16:30、

経営学科4年生による卒業論文中間報告会が開催されました。

当日、卒業予定学生が4教室に分けられ、

これまで取り組んできた卒業論文の内容や今後の研究の予定について報告しました。

全員がスーツを着用し、発表時間5分、質問応答時間2分で発表が進行されました。

また、各教室に3名の教員が配置されており、1人1人の発表についてコメントし、

今後の研究方向についてアドバイスしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加学生から次のような感想が寄せられました。

 

・様々な専門分野の先生方に見ていただいたことで、新たな発見や勉強になることがありました。

 良い卒業論文になるよう、尽力します。

 

・論文の中にグラフを入れていけば、より分かりやすくなることがわかった。

 他の人の発表を見ることですごく勉強になると思いました。

 

・自分では気づかない問題点を先生方に指摘していただき、今後の論文作成に参考したいと思います。

 

・論文を書いた上で用いた情報源は教授が書いた論文や企業のHPが中心だったので、

 新聞からも情報収集を行う必要がある。また、海外の論文を参考にすることも必要だと感じた。

 

 ・参考文献や先行研究に正しい資料が用いられているか、論文の着地点に沿った内容になっているか、

 という話があったので、気をつけて書こうと思います。

 

 ・発表は時間制限内に収めて、なおかつ内容もしっかりしていることが大切である。

 練習を重ねて、最終報告は良い発表にしたい。

 

今後、卒業予定学生が12月の卒論提出に向けて、より一層研究に取り組んでいくことを期待します。   

充実した夏季中国語研修(台湾)

今回は、8月4日から8月24日まで台湾で実施された夏季中国語集中語学研修について、

研修に参加した経営学科3年小櫃佑斗さんのレポートです。

 

 

私は経営学科の国際経営ゼミ(葉山ゼミ)に所属しており、

3年前期の時に、ゼミの先生から台湾での短期中国語語学研修(学外プログラム、主催:淡江大学中国語センター)に

参加しないかと声をかけてもらい、初めてこのプログラムを知りました。

私がこの台湾での語学研修に参加しようと思った理由はとても単純で、

「異文化の体験ができて、楽しそう、良い思い出になりそう」というものでした。

 

写真①:現地の教員や学生たちとの交流を通して、充実した3週間を過ごしました。

 

写真②:淡江大学のキャンパス近くの淡水駅商圏エリアから見た夕日。とても綺麗でした。

 

 

私は8月4日から24日まで台湾の淡江大学で3週間、語学研修を受けました。

月曜日から木曜日までは朝から夕方までみっちりと中国語の勉強をし、

金曜日はプログラムの誘導員が台湾の台北周辺を観光案内してくれました。

私は全く中国語が話せない状況からのスタートでしたが、3週間の語学研修が終わってみれば、

それとなく現地の方が言っていることが理解できるようになり

多少は話す事も出来るようになりました。

この3週間ではコミュニケーション能力が前よりも高くなったと感じています。

現地の学生とも言葉はお互いにうまく伝えられなくても、

ジェスチャーや少しの英語と中国語でコミュニケーションは取れました。

写真③:中国語の勉強のほか、中華文化や台湾の観光地の視察活動にも参加しました。

(筆者は最左の位置)

写真④:皆で食べた台湾の中華料理もとても美味しく、良い思い出になりました。

 

それまでは外国人とコミュニケーションを取るのは難しいと思っていましたが、

なんとかなるのだと、コミュニケーションは語学だけでないのだと学べました。

台湾で培ったコミュニケーション力は将来にも行かせていけるのではないかと強く思います。

私にとって、この3週間は本当に充実していて濃い時間でした。

最初は台湾に行くことを迷っていましたが、ゼミの先生が励ましてくださったこともあり、

勇気を出して海外の語学研修プログラムに参加して良かったと心から思っています。

これから先何かを決断をする時には様々な迷いが発生すると思いますが、

まず悩む前に今回のように行動を起こしていきたいと思います。

そうすれば自ずと良い方向へいけるのだと思います。

 

写真⑤:3週間頑張って、終了証書をいただきました。(筆者は中央位置)

 

葉山ゼミ2年 夏合宿:味の素株式会社川崎工場見学と湘南海岸

9月11日~12日、葉山ゼミ2年7名の夏合宿を行いました。

研修内容は、味の素株式会社川崎工場見学、鎌倉商店会視察、そして湘南海岸の海小屋ビジネスの体験でした。

 

初日の9月11日13:30、鎌倉駅で集合し、商店会を通り鎌倉大仏と鶴岡八幡宮へ向いました。

日本文化を代表する鎌倉であるため、多くの外国人観光客に出会いました。

 

 

 

 

そして夏といえば、海。鎌倉駅近くの海岸へ移動しました。

先日の台風の影響で暴風と暴雨のダメージを受けていたようで、

私達が訪れた時には海小屋は営業しておらず、修繕工事を行っていました。

残念ですが、海小屋は営業していなくても、湘南の海が綺麗だったので楽しめました。

 

翌日、味の素株式会社の川崎工場とうまみ体験館を見学しました。

担当スタッフは、まずDVDを通して同工場で生産されている商品や工場の歴史などについて紹介してくれました。

その後、専用バスに乗り、自動生産ラインを視察します。

味の素の調味料商品「Cook Do」を使って、「回鍋肉」を作るという体験授業を受けました。

簡単に作れて、とても美味しかったです。

 

 

 

工場見学後、展示ホールに戻り、同社の創業沿革資料や商品ライン展示を観賞しました。

 

 

 

工場見学を中心とした一泊二日の合宿活動を通して、海外から原材料を調達し、

国内工場で商品を製造するという生産現場の仕組みを知ることができました。

山脇ゼミ合宿

今年の夏は猛暑でしたが、その猛暑のど真ん中であった8月5日から6日にかけて、ゼミ合宿を行いました。

行き先は学生たち同士の話し合いによって決まり、今年は豊洲市場見学を行いました。

豊洲市場を選んだ決め手としては

「ニュースによく出てくるのに実際は見たことが無い」

「身近な場所のはずなのにまったく知らない」

という理由が挙げられました。

見学ルート、ホテルや食事会の店選び、翌日の観光プランについても全て学生が考えて実施しました。

 

 

授業期間中のゼミの時間では、現在ひたすら簿記の勉強をしていることもあり、

なかなかゼミ生同士での交流が見られませんでしたが、今回の合宿を通して

移動中や懇親会で仲の良いメンバー以外とも交流する姿が見られるようになりました。

 

 

 

学生たちからは

「最初は普段関わりのないメンバーもいたので不安だったが、行ってみると予想以上に楽しめた」

「来年の合宿が楽しみです」

という声が聞こえました。

 

「ゼミの活動に参加するのは楽しい」という経験から、今後まずは外部のセミナーや就活プレイベントに参加する予定です。

そして将来的には自ら積極的に参加するといった風土を作っていきたいと考えております。

 

山脇ゼミは1期生ということもあり、まだ2年生ゼミ生しかおりませんが、

来年は新しく入る学生も加えて、学年を超えたコミュニケーションをとれるような合宿になることを願っています。

「アサヒビール茨城工場」見学と夏合宿

隈ゼミ(経営専門演習Ⅲ)で夏合宿を行いました。

土曜日のお昼にツクバエクスプレス守谷駅に集合し、まずはアサヒビールのバスで工場へ向かいました。

 

工場ではアサヒビールの企業紹介の後、製造工程について説明を受けながら見学しました。

ビールは装置産業のため、装置のコントロールが中心業務になります。

中央コントロールルームでは計器がすらりと並んでおり、原料の展示では麦芽の試食もできました。

缶詰工程は日産400万本のビールを製造できるだけあって、巨大な施設でした。

 

見学の終わりに、地上60メートルで180度カラス張りの展望ビルにご案内いただきました。

そこでは、出来立てのビール(※3年生のゼミであり、全員20歳以上です)やジュースを試飲しました。

 

見学後の宿泊施設にて工場見学のまとめを作成し、翌日に工場見学の発表会を行いました。

スターバックスロースタリー見学

7月1日(月)、学外学習企画として、1~2年の希望者4名で

東京都中目黒にあるスターバックスロースタリーの見学に行ってまいりました。

(壁一面に埋め込まれたコーヒーカップがオシャレです)

 

ここは国内初焙煎工場を併設した店舗で、1階から4階までの建物すべてがスターバックスという珍しい店舗です。

平日の雨の日にも関わらず店内は非常に混雑しており、

整理券を受け取って、30分程度の待ち時間を経てようやく入場できました。

(建物内全体の様子)

 

建物の天井付近には、焙煎されたコーヒー豆が通るチューブのようなものが張り巡らされていたり、

大きな機械がそこかしこにあったりと、工場らしさがある一方で、

スターバックスらしいおしゃれな空間でもありました。

壁一面のコーヒーカップや、紅茶のパッケージで飾られた壁など、思わず写真を撮りたくなる箇所も多くありました。

(こちらの壁には紅茶のラベルが飾られています)

 

焙煎のプロセスについて学んだあと、色々な紅茶の香を嗅いでみたり、

最後はみんなでお茶やコーヒーを楽しみました。

(色々な紅茶の香りを嗅いで楽しみました)

 

今日の参加者は1年生と2年生が混じったグループでしたが、

最後のお茶会を通じて学年を超えた交流が生まれました。

学生からも「普段はあまり話せない教員とも話せて楽しかった」

「授業が無い日なので参加するのは悩んでいたが、参加して良かった。次も是非参加したい」という声が聞こえ、

非常に良い経験になったのではないかと思われます。

先日出張講義にいらしたTIS様からいただいたテーマである

「キャッシュレス化を推進するために、どういうサービスがあれば良いか」について取り組むために

「まずはキャッシュレスの最新の事例を見に行こう」ということで、

今年2月にオープンしたばかりのDeveloper’s Caféを訪れました。

こちらの店舗は一切現金が使えず、会計レジがありません。

事前にアプリをインストールして、そのアプリから注文して、アプリ内で料金を払い、

お店に入ったら商品を受け取るだけというシステムになっています。

 

実際に店舗を訪れてみると、思っていた以上にコンパクトな店舗でしたが、

レジカウンターが無いことにより席数が十分にありました。

これまでもキャッシュレス関連のニュースを見て

「レジが無いことでスペースを有効利用できる」ということを知識としては持っておりましたが、

実際に自分たちの目で見て体感するインパクトは非常に大きいものでした。

 

以下の画像は、実際にアプリ内で購入した後、注文した商品ができたという連絡が

バナーの通知で来た時のスクリーンショットです

(クレジットカードの登録が必須となっており、カードを所有していない学生の分をまとめて注文したため通知が多くなっています)

 

「これで買えたってこと?」「これでもう終わり?買った気がしない。本当に大丈夫?」といった

キャッシュレス決済に関する不安を自身で体験することで、

「ならばこの不安を解消するような仕組みを考えればよいのではないか」という発見につながりました。

 

7月にはTIS様の本社でプレゼンを控えております。

展示会への参加、キャッシュレスでの購入体験を通じて学生たちのモチベーションも高まってまいりました。

各チームがどんなプレゼンをしてくれるのか、非常に楽しみです。

6月5日 Smart Sensing Expo 2019に参加しました(企業経営研究Ⅱ ITコース)

企業経営研究Ⅱ ITコースの一環として、より深くIT業界を知るために、

IT業界の方々が実際に商談をする場でもある展示会に参加してまいりました。

その中でセミナーにも参加し、2つの講演を聴講してまいりました。

一つは最新技術を用いた分光センサーの報告、もう一つは福祉業界におけるIOT技術の応用についての報告です。

前者はより技術的・専門的な報告、後者は経営者の観点からの報告でした。

 

企業秘密にかかわる報告のため写真等を取ることができませんでしたが、

特に前者は計測結果のグラフや従来の技術との比較等、専門用語による説明が多く使われる報告でした。

なかなか理解するのは難しい報告ではありましたが、

学生にとっては「IT業界の中で文系の人間として働く」ということを意識するきっかけとなりました。

 

IT業界で働く方の8割はSE等の専門職であり、IT企業で働くということは、

そうした専門的な知識を持つ人と一緒に働くということです。

就職活動において、特に新卒の就活では、どの企業も「文系でも大丈夫。専門知識は不要です。」ということが言われています。

しかし、私たち文系の人間に求められるのは「理系の技術者と顧客をつなぐ」ことであり、そのためにはある程度の専門知識が不可欠です。

後者の報告のように、専門用語についても理解しつつ、その上で、

技術をベースにしてどう収益化していくかを考えることが文系出身者には求められています。

今回の経験を通じて「なぜ文系職でも専門知識は必要なのか」ということについて身をもって体感することができました。