観光とメディアゼミの最近のブログ記事

2019年8月、淑徳大学経営学部観光経営学科千葉ゼミ2年生は岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿をしました。学生記者による魅力発見リポート第4回目は、【岩手県立児童館 いわて子どもの森】を紹介します。

 

【岩手県立児童館 いわて子どもの森】

奥中山高原ホテルからすぐの場所にある「岩手県立児童館 いわて子どもの森」。その名の通り、子ども向けの施設ということで、「19歳の私たちが楽しめるのかしら?」と少し不安もありましたが、とんでもない!

わずかの時間でしたが、思いっきり楽しむことができました。


いわて子どもの森は、大きく2つの施設、「ハローハウス」と「ゴーゴーハウス」に分かれています。そのほか、野外にはツリーハウスやみずの広場、「もりもりとりで」と呼ばれるアスレチック施設、さらにはキャンプ場まであります。

■詳しくは、いわて子どもの森 公式ホームページをご覧ください。

http://www.iwatekodomonomori.jp/


なかでも、おすすめのエリアを紹介します。

まず、ハローハウス内にある「ハラヘッタ亭もぐもぐ」という名の食堂です。ラーメンやカレーなど、子どもから大人まで楽しめるメニューが盛りだくさんで、混雑時にはすぐに満席になってしまうほどの人気。美味しい証拠です。

2つめは、「冒険の塔 のっぴぃ」です。ゴーゴーハウスの3階から滑り下りる、とても長いすべり台です。

といっても、ただのすべり台ではありません。1階入り口から3階まで、たくさんの梯子(はしご)をよじ登り、障害物をくぐって進まなければならないのです……。私も実際に遊んでみたのですが、本当に楽しい!!子供のころに戻ったように、無邪気にはしゃいでしまいました。

3つめは、ハローハウスとゴーゴーハウスとをつなぐ「くらやみトンネル」です。暗い中を進むと、さまざまな色の光に照らされ、それも速いスピードで光が動くなど、何度でも通りたくなるような、実に楽しいトンネルです。

そしてネーミングも可愛らしい「まんてんハウス」は、自炊型の宿泊棟のこと。木の温もりがする清潔な雰囲気の宿泊施設で、各客室にはキッチン、トイレ、浴室が完備されています。


現地では、プレーリーダーのゆっきぃさんに案内をしてもらいました。こうしたスタッフの方が明るくお世話をしてくださる点も、安心です。

視察のあと、全員で記念撮影をしました。


実は今回、生まれて初めて岩手県を訪ねました。想像していたよりも、見どころが多く、景色は美しいですし料理は美味しい、人も優しいということを知りました。皆さんも、もし岩手県を訪ねる機会がありましたら、ぜひ、奥中山高原のいわて子どもの森に行かれてみてください!きっとファンになることでしょう。


(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 松井茉優)



淑徳大学経営学部観光経営学科千葉ゼミ2年生は2019年8月、岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿に望みました。学生記者による魅力発見リポート第三弾は、奥中山高原のおすすめグルメ、話題の【縄文カレー】と【雪あかりジェラート】です。

 

【奥中山高原の縄文カレー】

奥中山高原周辺には、ユネスコの世界遺産登録をめざす「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の構成資産の一つである「御所野(ごしょの)遺跡」があります。そこで、こちら奥中山高原ホテルに「縄文カレー」というメニューが登場。人気の一品となっています。

ゴボウやレンコンのチップスは、縄文土器をモチーフにしています。縄文人の想いを感じながら、いただくのがよいでしょう。カレーの具にある鶏手羽は柔らかく、とても美味! スパイスが効いたカレーですが、辛すぎないのでお子さんにもおすすめです。ライスには、縄文遺跡群を代表する青森県・三内丸山遺跡限定発売の縄文まほろば茶(ソバの実、ヒエ、あわ、茶をブレンドしたもの)が混ぜてあり、ヘルシー感たっぷりです。

奥中山高原ホテルの食事メニューの特長は、地元産の新鮮な野菜をふんだんにつかったヘルシーさにあります。例えば、奥中山で朝採れた高原レタスをふんだんにつかったサラダは、シェフ特製のドレッシングでいただきます。新鮮野菜との相性が抜群で、とても美味しくいただけました。画像右手のスープも、優しい味で食がすすみます。

 

【雪あかり奥中山高原ジェラート】

 奥中山高原ホテル【ジェラートハウス雪あかり】の特製ジェラートは、奥中山高原の特定牧場で生産された生乳をふんだんに使用しているのが特長です。その生乳は、生産現場から工房へと直送され、毎朝、スタッフの手で丹念に加工されます。加工後は作り置きをしないのも美味しい理由のようです。

フレーバーは12種類。季節限定のものから定番フレーバーまで、幅広く選べます。毎回、訪ねるたびに違った味を楽しむのもおススメです。ちなみに画像左が、私が今回、選んだフレーバー2種(ダブル)です。色合いもよく、インスタ映えしそうな可愛らしさがありますよね。画像右は、スタッフさんおすすめの地元産のカシス味とキウイ味の組み合わせで、友人がオーダーしました。ダブルでなく、シングルでも購入できます(料金など詳しくは、奥中山高原のホームページをご参照ください)。

奥中山高原ジェラート雪あかり
ジェラートは、口のなかで溶けた瞬間に香りが広がる滑らかな触感がたまりません。夏の暑い時期にかぎらず、温泉あがりやスキーシーズンも人気があるそうです。ジェラートハウス「雪あかり」の場所は、奥中山高原ホテル別館の専用駐車場の一角、温浴施設「煌星(きらぼし)の湯」のすぐ脇にあります。

 

さいごに……

今回、お世話になった奥中山高原ホテルは、高原ならではの新鮮野菜や、滋味溢れる食材、素材の味を活かした色鮮やかな料理が数多く、“食”の充実を感じました。都会では味わえないような採れたて野菜は、生で食べると甘みがあって健康志向の方にもぴったり。グルメも目的の一つに、ぜひ奥中山高原へいかれてみてください!

(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 篠崎千花)

淑徳大学で観光とメディアを学ぶ千葉ゼミ所属の2年生は、2019年8月1日~3日(2泊3日)の行程で、岩手県一戸町を訪ね、奥中山高原に宿泊、ゼミ合宿を行いました。

学生記者による岩手一戸町の魅力発見リポートを連載します。第一弾は、ユネスコ世界遺産登録をめざす御所野(ごしょの)縄文遺跡です。

がんばれ東北!千葉ゼミの私たちが全力応援します。

 

【御所野遺跡 御所野縄文公園と御所野縄文博物館】

御所野遺跡を含む「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」は、ユネスコの世界文化遺産登録をめざしています。豊かな自然とまほろばを象徴する縄文遺跡群が点在する岩手・青森・秋田・北海道の4道県は、互いに連携を深めています。特にインバウンドの増加が期待されるなか、御所野遺跡の世界遺産登録は一戸町観光に大きな弾みとなることでしょう。

駐車場と御所野縄文公園・御所野縄文博物館とを結ぶのが、屋根付きの連絡橋「きききのつりはし」です。面白いネーミングですね。木のぬくもりを感じながら吊り橋を渡ると、御所野縄文公園と御所野縄文博物館へとアプローチできます。

広大な敷地を誇る御所野縄文公園には、竪穴住居が再現されています。また、土器や石器づくり体験、縄文食の調理体験ができる土屋根の体験施設があり、往時の暮らしぶりや文化を知ることができます。

御所野縄文博物館の館長自らが、施設内をご案内くださいました。博物館の館内には、発掘された土器や石器が展示されています。縄文人の暮らしを知ることができるビデオ鑑賞のコーナーもあります。プロジェクションマッピングの投影に、自分がまるで、縄文時代にタイムスリップした気持ちになりました。さらに博物館内には、眺めが良い場所があり、インスタ映えの良いフォトスポットにもなっています。

御所野縄文博物館外観

御所野縄文博物館館内

御所野遺跡でおすすめの場所は、「中央ムラ」です。中央ムラとは御所野縄文公園の広場をさし、そこを囲むように竪穴住居が分布しています。自然に触れる機会が少ない都会人にとって、なぜか落ち着く絶好の空間です。寝転ぶと、パワーをもらえた気分になりました。癒しを求めてぜひ一度、御所野遺跡へ足を運んでいただきたいです!

(記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 塩原奏斗)

 

 

私たち千葉ゼミは、2017年11月4日、道の駅果樹公園あしがくぼで毎年恒例の「そば祭り」にお邪魔して、その一角で、【紅茶まつり by 淑徳大学】を開催いたしました。

芦ヶ久保

紅茶まつりの開催は今回が初。その目的は、道の駅に来訪される利用者の皆さんに横瀬産の紅茶を認知してもらい、より多く購入してもらうための販売促進協力を行うというもので、プロモーション班と企画班に分かれて実施をしました。

今回のイベントも、堀木ゼミと合同で実施しました。堀木ゼミでは展示パネルを準備して、道の駅に立ち寄ったお客様に対して、横瀬産の紅茶についての説明を行い、アンケートをとるなどしました。

ひと目でわかるように、淑徳大学の青色スタッフジャンパーを全員が着用しました。

 

私たち千葉ゼミは、道の駅果樹公園あしがくぼで販売されている横瀬産の紅茶(茶葉とティーバッグ)を販売しました。すでに、先月の学園祭「淑徳祭」で、これら商品の販売を経験していたので、そのときの反省をふまえて準備を行いました。

当日の朝、「紅茶まつり by 淑徳大学」としての売り場(販売場所)が定まらず、人通りが少ないところでのスタートだったため、なかなか売り上げが伸びず、大変でした。

そのため、お昼どきには、販売場所を「そば祭り」の会場近くに移しました。

すると、何をやっているのかと興味をもって売り場を覗くお客様が増え、わずか1時間半の間に、茶葉・ティーバッグあわせて30個を売り上げることができました。

今回、販売に携わり学んだことは、淑徳祭同様、積極的に掛け声をかけて手売りすることで、興味を惹く人も増え、売れるということがわかりました。道の駅に立ち寄ったさまざまな方とコミュニケーションをとることができたのも、大きな収穫でした。

また、販売場所を移動したことで、”人が人を呼んで”、たくさんの方に販売することができる、ということを学びました。

反省点としては、淑徳祭では試飲をしていただいてから販売をしていたのですが、今回は用意することができなかった点です。

来場者の方に「試飲してみないとわからないから、購入できない」という言葉をもらい、紅茶販売では、試飲させることの大切さを、あらためて痛感しました。

(文責:千葉ゼミ2年 渡邉未来・山﨑菜奈)

私たち千葉ゼミは、淑徳大学埼玉キャンパスの学園祭「淑徳祭」(2017年102122日)において、「道の駅果樹公園あしがくぼ」が販売する横瀬町産の紅茶をテーマに「ティーサロンあしがくぼ」を開設、展示発表をしました。

ディスプレイ


秩父の入り口・横瀬町の道の駅果樹公園あしがくぼと淑徳大学との産学連携事業は、今年で3年目を迎えます。横瀬産の紅茶の認知向上をはかるため、試飲や即売会も行いました。


ティーサロンあしがくぼの会場となった4-102教室では、「よこぜの美味しい紅茶」(リーフ/ティーバッグ)と、道の駅で販売されている「紅茶クッキー」を直接、道の駅から仕入れして、私たちが販売しました。


販売促進を目的に、紅茶の淹れ方を、予め動画で撮影してYoutubeに公開し、それを会場でも映写するなどの工夫をしました。




今回のこの出展は、堀木ゼミと合同で取り組みました。

あと一品、買ってもらう工夫として堀木ゼミでは、①秩父銘水を使用して紅茶を淹れることで、よりうま味が増すのではないか。②紅茶にジャムを入れるロシアンティーという飲み方を紹介することで、道の駅に売られているジャムの販売促進にもつながるのではないか。という仮説を立て、秩父銘水のペットボトルやジャムも各種、用意して、デモンストレーションを行いました。


概観

事前準備では、先述したビデオ撮影や商品仕入れを行うだけでなく、試飲用カップなどの買い出し、教室内の装飾(ハロウィーン風の飾りつけや黒板アート)、英国製の茶器などをディスプレイするなど、皆で力を合わせて、楽しみながら準備をしました。


淑徳祭初日は、台風が接近していて風も強いなか、多くのお客様が来場くださいました。


はじめは試飲のみで、購入してくださる方がいなくて不安でしたが、私たちもお茶の淹れ方に慣れてきた頃に、子供連れのお客様や地元の方が来場くださるようになり、商品もどんどん売れていきました。


「これはどうやって飲むの?」、「紅茶クッキー、美味しそうですね」、「ジャムを入れて飲むなんて珍しいね」と、お声をかけてくださる方が多くて、会話も弾みました。


販売コーナー

芦ヶ久保という地名がわからない・知らない方もいたのですが、道の駅や果樹園というキーワードを伝えると、「行ったことがある」とおっしゃる方もいて、嬉しくおもいました。よいプロモーションができたと感じています。

 

秩父エリアで作られたジャムのなかで、とりわけ「ゆずジャム」の評判がよかったのが印象的です。教室内での試飲でも、「よく合う」「美味しい」という声が聞こえました。紅茶とジャムという組み合わせを、最初は不思議そうに見ていたお客様も、満足そうに試飲してくださり、実演販売の効果を感じることができました。



ご来場いただきました皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。(文責:千葉ゼミ2年 多田優美香)



 

 

千葉ゼミのゼミ合宿・2日目の朝は、ゼミの皆で秩父神社を訪ねて、お参りをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、秩父神社の境内にある珍しいおみくじ、「水占みくじ」を体験しました。

赤、ピンク、オレンジ、緑、黄緑、紫などたくさんの色から選べて可愛らしいおみくじでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみくじを開いてみると何も書かれておらず、近くの流水に浸してみると、、

 

 

 

 

 

 

 

 

文字が浮かびあがり、占いの結果が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初穂料200円でとても不思議な「水占みくじ」を体験できるので、秩父神社に訪れた際にはぜひ体験してみてください!

また、「心が叫びたがってるんだ」略称「ここさけ」で人気のアニメは、埼玉県横瀬町が舞台となっているため、聖地巡礼として秩父に訪れるファンも多く、秩父神社では、ファンの方にとっては嬉しい「ここさけ」の絵馬もありました。アニメファンの方から、観光として訪れる方、占い・パワースポットに興味がある方、様々な方が楽しめる場所となっているので、ぜひ秩父に行った際には秩父神社を訪ねてみてください!新しい発見があるとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

(文責:千葉ゼミ2年 山崎・多田・渡邉)

2017年7月8日~9日の2日間で、千葉ゼミのゼミ合宿を実施しました。

 

私たちの芦ヶ久保訪問は、今回で2度目。前回(6月18日)は、「道の駅果樹公園あしがくぼ」の新茶まつりをお手伝いしたのですが、

今回は日帰りではなく、1泊2日で、

主に西武秩父駅や秩父駅の周辺を視察しました。

秩父エリアの入り口・横瀬町の観光振興と道の駅果樹公園あしがくぼのミリョク発信を、人気の西武秩父から攻めようという考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は晴れで気温は35度と、とても暑い日でしたが、楽しい2日間を過ごすことができました。

1日目はお昼前に西武秩父線・芦ヶ久保駅に到着して、すぐに昼食を。

私は道の駅の食堂で、焼きたてパンの照り焼きチキンサンドを食べました!

お値段は180円です。

 

午後1時から、千葉ゼミ・堀木ゼミの3年生の先輩方の最終発表会が開催されました。道の駅大学連携事業の、1年間の集大成です。

 

この最終発表会は、道の駅近くの横瀬町活性化センターを会場に行われました。

横瀬町の富田町長はじめ、関係者の皆様も駆けつけてくださいました。

お暑い中、ありがとうございました。

 

プレゼンを聴いていると、「どうしたら、道の駅果樹公園あしがくぼや横瀬町を、もっと盛り上げることができるのか」ということを、

先輩方は真剣に考えているのがわかりました。

なかにはアイデアが採用され、実用化したケースもあって、感動しました!

 

最終発表会のあと、3年生の先輩方とは芦ヶ久保駅で別れ、私たち2年生は千葉先生と西武秩父駅へと移動しました。

 

投宿先は秩父温泉だいます旅館です。

チェックインまで自由行動だったため、あめ薬師縁日(慈眼寺)にぶらぶら行ってみることにしました。

夕方でも気温は30度と猛暑のため、ゼミ生たち皆で、出店の冷やしフルーツを購入しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時半過ぎ、旅館で夕食を囲みました!

期待を大きく上回るほど豪華な料理の数々で、品数は8種類以上でした。

冷製野菜や豚肉の万古焼、秩父の味噌で煮込んだうどん鍋など、ご当地の美味、

そしてデザートに大きなスイカと、ボリューム満点。千葉先生をはじめ、皆、大満足の、素敵な夕食会になりました。

 

初日の夕食 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目の朝食

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から豪華にご飯を食べたのち、秩父神社へ全員で行って、お参りをしました。

グループごとのフィールドワークのため、朝9時過ぎでしたが、ここ秩父神社でいったん解散をしました。

滞在時間は短かったですが、思い出がたくさんできた2日間でした。

秩父神社とあめ薬師縁日については、詳しく書いたブログページがあるので、ぜひ、そちらもご覧ください!

 

 

(文責:千葉ゼミ2年 多田優美香)

 

 

 3月7・8・9日を使って奥山ゼミと千葉ゼミ合同で沖縄へ行きました。

 

3月7日(1日目)

 那覇空港に全日空便で午前11時ごろ到着、14時には沖縄ツーリストさんへ企業訪問して、東良和会長のレクチャーを受けました。

「地域主導型観光と第三国旅行への挑戦」と題したレクチャーでは、日本のこれからの観光について主体的に考え、行動する大切さを教えていただきました。

 

 沖縄ツーリストでは、リストバンド型の「スマイルタグ」というICタグを導入、普及に努めています。

便利に楽しくお買い物ができるこのタグを使って、私たちは実際に、国際通りの土産物店などで買い物をしました。

お会計時、タグを店員に見せるとチャージ分が使用でき、手荷物の多い観光客にはとても優しいシステムです。

 

3月8日(2日目)









 














 







中日は自由視察でした。波の上ビーチや波の上宮といった沖縄・那覇の観光名所を、おのおの巡りました。とても癒されました。

 

3月9日(最終日)

 沖縄コングレの会議室で、沖縄コンベンションビューローの嘉手刈孝夫専務理事と沖縄コングレの役員・ジョンソン美枝さんにレクチャーをいただきました。

沖縄ならではの、沖縄を中心とした世界地図が掲げられました。沖縄と、台湾や香港との近さに驚きました。

沖縄が、海外からの観光客の玄関口となっているということを実感できました。

 

 千葉ゼミ 経営学部観光経営学科 3年 本林優美香

 

 

 

2017年2月3日金曜日。

 

淑徳大学の千葉ゼミから学生4名と教員とで、

横瀬町で開催されている、「あしがくぼの氷柱」のライトアップを見に行きました。

 

午後4時に駅に集合すると、まだ外は明るいため、

ライトアップ前の氷柱を見に行くことに。

 

 

氷柱までは徒歩10分程であり、道のりもわかりやすかったです。

山の中を登っていくので、靴は歩きやすいものがお勧めです。

 

 

登っていく途中に、「あしがくぼの氷柱」へ入場するためのチケット(環境整備協力金)販売所があります。

チケットは1枚200円(中学生以上)。

午前9時~午後4時の時間帯に入場すると、

甘酒か横瀬産の紅茶を一杯無料で配付していただけるようです。

 

さらに、このチケットの半券を秩父湯元の武甲温泉で提示すると、

生ビールやソフトアイスの割引をしてもらえるようです。

 

 

チケットを購入し、道なりに沿って歩くと線路の下のトンネルが見えてきます。

そしてトンネルをくぐり抜けると、

突然、目の前には巨大な氷柱が現れました。

 

 

 

思っていたよりも迫力があり、みな「おぉー!!」と驚きの声。

 

氷柱の下で記念に撮影をし、

ライトアップがはじまる日没までまだ時間があったため、

さらに上に登りました。

 

 

登っていく途中には長椅子が設置してあり、

休憩することもできます。

 

登ると、おでんを売っている売店があり、

1杯400円で購入できます。

また、薪ストーブのようなものが3つ、長椅子が12脚ほど設置されており、

寒い中夜でも暖かく過ごすことができました。

 

 

 

午後5時30分頃になると辺りは暗くなり始め、

「あしがくぼの氷柱」のライトアップが始まりました。

 

数秒毎に色が変化し、幻想的な空間を生み出します。

色は1色だったり、3色だったりと、たくさんの色の組み合わせで

ライトアップされました。

 

 

すぐ近くでは電車が通過しているため、

時間帯によっては電車の氷柱のライトアップを写真に収めることができます。

 

今回あしがくぼの氷柱を、通常とライトアップのどちらも鑑賞してきましたが、

余裕があるならば、ライトアップ鑑賞をお勧め致します。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

<横瀬町 あしがくぼの氷柱>

[開催期間]:2017年1月6日(金)~2月26日(日)

[通常鑑賞時間]:午前9時~午後4時

[ライトアップ]:日没~午後8時まで(毎週 金、土、日、祝)

[料金]:環境整備協力金(中学生以上)200円

 

甘酒又は横瀬産紅茶1杯無料配付(午前9時~午後4時)

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 文責:千葉ゼミ2年・長谷部早紀

<緑豊か!美味しいもの沢山!もう一度行きたい!横瀬町!>

 芦ヶ久保駅に着いて、まず視界に飛び込んできたのは沢山の緑だった。自然が豊かで、川もあり、空気が良い所だと感じた。

 

 

到着してすぐに、道の駅で「ずりあげうどん」を食べた。横瀬産の「醤油」や「おろし大根」等を使い、自分好みの味つけができるのが特徴のうどんだった。

紅茶ソフトクリームも甘すぎず、美味しかった。

 

            

 

  次に、道の駅で販売している商品の加工工場を訪れた。

加工工場では、オリジナルのパンを作ったり、横瀬町で採れたお茶葉を紅茶にしているようだ。しかし、パンは売っている場所と作っている場所が同じではないため、「作り立てをお出しできないのが残念だ。」とおっしゃっていた。

 

 

観光案内所では、レンタルサイクルを貸し出しており、自転車に乗って横瀬町を散策することができる。今回は、体験することができなかったが、景色が良い横瀬町をサイクリングできるのは魅力的だと感じた。

 

次に横瀬町に訪れた際には、サイクリング体験しようと思う。

 

 

あしがくぼ笑楽校(旧芦ヶ久保小学校)では、実際に小学校として使われていた校舎を利用して、コスプレの撮影場所として提供をしたり、宿泊もが出来るようになっている。昔ながらの校舎だったので、木のにおいが心地よく、落ち着ける空間だった。

 

 

 

道の駅では、沢山の野菜等の特産物が売られていた。どの商品もおいしそうで、お土産に何を買おうか迷った。

 

 

 

また、先ほど紹介した加工工場で作られているジャムも売っていた。味の種類が豊富で、これらを各農家の皆さんがジャムにしているようだ。

 

 

 

おみやげコーナーは、特においしそうで興味がわいた、芦ヶ久保名物「たらし焼き」と「味噌ポテト」を食べた。

「たらし焼き」は「お好み焼き」のような味で、何個でも食べられそうだと思った。

味噌ポテトは、味噌とポテトの相性が抜群。おなかに溜まって、結構おなか一杯になった。

両方とも食べたことがなかったグルメ。美味しくて、また食べたいです。

 

 

 

(文責:千葉ゼミ2年・白澤美玖)