オンライン★パネルシアター研修会のご案内

今回は、11月15日(日)に開催が決まった「オンライン☆パネルシアター研修会」についてご紹介します。

キャンパスではまだオンライン授業が中心で、入構制限中です。

しかし、感染防止に配慮した上で、学外の関係者の皆様もお招きし、学内からの配信を行います。

 

毎年、パネルシアター教育研究会主催で実施している研修会が、今年度はすべて中止となりました。

そこで新しい試みとして、Zoomを使ってのオンライン研修会を実施しようと企画いたしました。

観るだけでなく、制作もできるように資料として下絵やPペーパーもセットになった研修会です。

 

興味・関心を持っていただけた皆さんには、ぜひ参加していただければと思います。

 

研修会当日は、パネルシアター創始者の古宇田亮順先生にもご挨拶いただける予定です。

古宇田先生は淑徳大学で27年間教鞭をとられ、まさに淑徳大学は「パネルシアター発祥の大学」です。

対面授業や講座が制限される中、オンラインという新しい形で配信できることをとても嬉しく思います。

カメラ越しではありますが、皆さんとパネルシアターの世界を共有できるのを楽しみにしています!!

後期の履修指導を行いました

9月7日、1年生を対象とした後期履修指導を行いました。

今年の1年生は、4月に一度、キャンパスに来て以来のこと。

ようやく2回目の来校となりました。

 

対面での履修指導を行うことに関しては、キャンパスとして議論を重ね、

学生の声も聴きながら決定に至りました。

当日は、スクールバスの分散乗車、マスク着用と教室の消毒、十分な座席間隔の確保、

滞在時間の管理など、新型コロナ感染症対策を十分と施した上で実施しました。

 

Zoomなどのオンライン上で顔を合わせたことはあっても、実際に会うのはお互いほぼ初めてです。

オンラインで話していた時の感覚どおりという人もいれば、まったく雰囲気が違ったということもあり、

それも嬉しい発見だったかもしれません。

来る時は少し緊張していた皆さんも、帰る道すがらでは色々と話すこともあったのではないかと思います。

 

前期で遠隔授業にも慣れてきたところで、後期はさらに学びを深めてもらえたらと願います。

教員採用試験 一次試験結果

前回更新からすっかり時間が経ってしました。

今回は、教員採用試験・一次試験結果の報告です。

 

今年度は、授業だけではなく、教員採用試験対策もオンラインで実施し、

受験する学生たちは、懸命に準備を続けてきたのでした。その結果は以下のとおりです。

 

【一次試験の結果】

〇延べ受験者数29名 延べ一次通過者数 24名 通過率82.8%

〇実受験者数 28名 実合格者数 23名 通過率82.1%

 

内訳

・埼玉県(セミナー生・大学推薦・障害者特別枠・一般含む) 20名中15名通過

・さいたま市(大学推薦) 1名中1名通過

・東京(大学推薦・一般) 5名中5名通過

・千葉(一般)2名中2名通過

・岩手(一般)1名中1名通過

遠隔授業の1コマその2 入門セミナー(藤田クラス)より

教育学部では、前期の授業はすべて遠隔授業になっています。

教員も学生も試行錯誤の多い中、今回は高校でいえば、

ホームルームのような授業である「入門セミナー」の様子を紹介します。

今回登場してもらうのは、幼児教育コースの藤田先生のクラスの皆さんです。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

 

7月3日のテーマは、

「Zoomを活用し、先生になって幼稚園・保育園の子どもたちと楽しい時間を共有しよう!」

です。

保育教材を使って、参加型の発表をする企画です。

事前に発表内容や準備する材料などを共有し、いよいよ第1回目がスタートしました。

一人ずつ先生役になって、パソコン越しに保育教材を作ったり、

中学時代に作った手作り絵本を読み聞かせしたり、素敵な時間を共有することができました。

 

七夕が近いこともあって、折り紙で織姫の短冊を作ってお願い事を書いたり、

絵本を参加型で読み聞かせしてくれたり・・・。

『ミートソーススパゲティ』を毛糸や折り紙で作ったりもしました。

はじめは何を作っているのか告げずに、最後に『ミートソーススパゲティ』と発表だったので、

作りながら「何ができるのかなあ」と想像して楽しかったです。

「作り方はどこで調べたの?」と聞いたら、「幼稚園で作ったのを思い出しながら作りました!」とのこと、

幼児期に楽しかった記憶はずっと残るのですね。幼児期の経験の大切さを実感した一コマでもありました。

 

一人一人の個性や工夫があって、素晴らしいと感動しました!! 

Zoomのため、みんなの手元が見えないけれど、一工程ずつカメラに全員で見せ合いながら、

上手に言葉かけをしての発表でした。また、翌週も続きます。楽しみ~~~!!

 

今年は、入学式もできなくて、まだ一度も直接会えていないけれど、毎週パソコン越しに仲良くなってきたようです。

早くみんなに会えますように!!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥ 

以上、藤田先生からの紹介でした。

幼児教育コースでは、幼稚園や保育園、児童館などでのボランティアに参加することも意識して、

遠隔授業の間でもできる教材作りなどにも取り組んでいます。

学生も先生方も、楽しみながら教材作りに取り組んでいる様子を感じていただければ幸いです。

遠隔授業の一コマ

本来は対面で行うものですが、今年は新型コロナウイルスへの対応のため、zoomを用いた授業となっています。

それでも、新入生の皆さんへ、今後学んで行って欲しい内容や、

皆さんを応援している先生方からのメッセージを発信しようと、

何人もの先生が協力して、授業内容に工夫を凝らしています。

 

今回は、教員・保育士養成支援センターの幼児教育コースの先生方が、

幼稚園や保育園での先生の仕事内容を紹介してくださいました。

また、子どもたちと一緒にうたう歌や紙芝居の実演もしていただきました。

画面を通じての紹介ではありますが、やはり現場で働いていた経験もある先生方の

お話や動きには説得力があります。

 

幼稚園や保育園で働きたいと希望して入学してくれた皆さんには、キャンパスでの学び、

教員・保育士養成支援センターでの先生方との交流を楽しみにしてもらえたでしょう。

また、現場での実習やボランティア活動への参加にも、期待を持ってもらえたと思います。

 

キャリアデザインの授業では、卒業後の働き方と、そこに至る今からの学びを

結びつけてもらえるようなプログラムを用意しています。

前期はこれからも、今からの学びに期待と持ってもらえるようなプログラムが続きます。

自宅でできる教材づくり

今回は、教員・保育士養成支援センターの齋藤先生から、

自宅でも作れる教材、「手袋シアター」と「スケッチブックシアター」について紹介します!

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「手袋シアター」は、カラフルな手袋を舞台に、手遊びや歌、おはなしができる視覚教材です。

エプロンのポケットに入れて、さっと取り出すことができるのがポイントです。

 

 

 

今回私が作ったのは、手遊びのものを8点。

画像から何の手遊びか分かるでしょうか。

どれも子どもたちに人気のものです。

・キャベツの中から・さっとにげました・ふしぎなポケット・コロコロたまご

・あいうえおにぎり・おはながわらった・のねずみ・5つのメロンパン

 

「スケッチブックシアター」は、

スケッチブックをめくりながら展開する、お話やクイズ、歌を楽しむもので、

透明フィルムや、ページの一部を切り抜くことで、簡単な仕掛けができます。

 

どちらも活動の導入や、ちょっとした隙間時間にも大活躍するアイテムで、

子どもたちとのコミュニケーションをとりながら楽しめるものですので、ぜひ作ってみてくださいね。

教員採用試験対策講座 参加者からの声

5月30日に、教員・保育士養成支援センターで実施している教員採用試験対策講座について紹介しました。

4月11日から5月29日まで、延べ60回、学生の参加率は毎回95%以上という講座です。

今回は、この講座に参加している学生からの声を紹介したいと思います。

 

【学生の感想】

受験は団体戦とよく言いますが、大学が休校なので友人には会えず、自宅でひたすら参考書と格闘していました。

そんな中リモートで授業ができることになり、友人はもちろん先生方の顔を久しぶりに見られて安心感を得られました。

また、画面越しですが友人の頑張りが見られるため『自分も頑張らないと!』とやる気がアップしました。

操作に慣れない中zoomを開講して下さっている先生方に感謝し、全員で教採に合格できるようにこれからも勉強し続けたいです。

 

 

最初はzoomで授業が受講できるのか不安でしたが、先生方も試行錯誤しながら受講生のために資料を作成してくれたり、

zoomを通して面接練習や集団討論をしたりなど、工夫しながら講座を実施してくれました。

家で1人で勉強するより、zoom でみんなの一生懸命講座に参加している顔を見て、自分もモチベーションが上がりました。

まだ登校できない日が続いていますが、今の頑張りが採用試験で役に立つことを信じて頑張りたいと思います。

 

 

私はzoomでの講座がはじまったことで登校する必要がなくなり、自宅で簡単に出席できるので、

生活にも時間的余裕が出来たと感じました。またzoomの授業中でも、少人数のグループに分かれて意見を話し合い、

最後に全体でまとめたことを共有することができるため、不便に感じることはありません。

今後は、先生方が個別で質問を受け付けている時間があるので、

その時間をもっと活用して教員採用試験の勉強に励んでいきたいと考えます。

 

 

zoomでの対策講座を受講して感じたことは、前よりも講座が身近なものになったことです。

以前までは、大学まで時間をかけて参加していたものが、家に居ながらすぐに先生方の講座を受けられるので、

参加しやすく、時間も有効に使えるようになりました。また、センターアワーの時間で、

先生方に相談できる場があることも、私にとってプラスとなっています。

論文の質問をしたり、先生方の経験談を聞けたりすることで前向きな気持ちになれています。

 

 

このように、採用試験が間近になった今、学生たちはオンラインでもモチベーションを下げずに学んでいることがわかります。

この勢いをそのまま試験に持ち込んで、結果につなげてもらえるよう、これからも支援していきます。

教員・保育士養成支援センターから皆さんへのメッセージ

前々回のブログで、同じ養成センターの大谷先生から「今だからできること!」を紹介してもらいました。

今回は、その中で、“子どもたちがどんな事に興味を持っているのかを知る”というところから、の続きです。

子どもたちの流行りのものを知ることは重要です。そこから子どもたちとの会話も広がりますよ。

 

さて、今の流行りは…

幼稚園、保育園の先生方に聞いてみました。

皆さん、口を揃えて「鬼滅の刃です」とのお返事が(もちろん、園によって取り入れるべきかは要確認)!

 

月に数回保育園で、子どもたちと関わっていますが、その園でも「先生!!襧豆子が口に付けてるの作って!!」と。

初めは何のことか分からず…情報収集に励みました。登場人物の女の子が口元に付けている竹筒のことだったのですね!

早々にトイレットペーパーの芯を使い、製作すると大喜び。

話題の内容について知識のある先生、お願いをすぐに叶えてくれる先生は、子どもたちの中でのランクが上がるようです(笑)

満たされた気持ちから、すべての活動がスムーズに流れた1日でした。

 

また、子どもたちからは、犬・猫・うさぎ等の動物や流行りのキャラクターを描いて欲しいと言う声もよく出ます。

直ぐに描ける先生の周りには、子どもたちが大勢集まります。折り紙で、カブト虫や恐竜を折って!という高度な要望もあります。

難易度が高めのお願いですが、それができたら子どもたちにとっての憧れの存在に大きく前進!

是非、挑戦してみてください。

ブログの更新がすっかり遅くなってしまいました

大学ではオンラインで授業を行う体制に移行して、試行錯誤の日々が続いています。

今回はその中で、教員採用試験対策講座の様子を、

養成センターの高橋先生から紹介していただきました。

 

 

教員・保育士養成支援センターでは、教員採用試験対策講座を開催しています。

本年度行われる採用試験に向けて、昨年度10月から3年生28人が取り組み、

本年度4月より本格的な講座を開講する予定でした。

しかしながら、新型コロナウイルスの影響でキャンパスへの立ち入りを制限中のため、

本年度は急遽ZOOMを活用した講座を開講中です。

4月11日から5月29日まで、延べ60回の講座が実施され、

学生の参加率は毎回95%以上と、熱心に受講する姿が見られます。

6月からも引き続きZOOMを活用した講義を実施すると共に、

論文練習、面接練習等を行っていきます。

こんなときだからこそできること

新型コロナウイルス感染防止対策として、

今は皆さん自宅で過ごす時間が多くなったと思います。

そんな今だからこそ、できることを、

今回は、教員保育士養成支援センターの大谷先生から提案していただきました。

 

・子ども向け番組を見る

 →私が学生時代から続けていることです。

  昔話、童謡、手遊び、ダンス、製作など、色々盛り込まれていて勉強になります。

  子ども達が興味持っている事、好きな歌などを知るチャンス!

 

・絵本や紙芝居をたくさん読む

 →絵本を読めるアプリなど使っても可。

  読んだ本のタイトル、作者、簡単な内容、対象年齢などまとめておけば、実習にも役立ちます。

 

・幼稚園、保育園、施設などのホームページを見る

 →園のカラーや特色を調べて、気になった園を書き出してみる。

  自分が求める保育の傾向が見えてきます。 

  実習や、就職先を探す時に、お勧めしている方法です。

 

その他、ピアノのレパートリーを増やす、折り紙をたくさん覚える、

オリジナルのお話を作るなど.…きっと時間のある今だからこそできることがあるはず!

ぜひ時間を見つけてやってみてくださいね

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31