フレンドシップ事業 ~富士見市子ども大学・スポーツ大学入学式~

すすめ!淑徳大学調査団! 制覇せよ☆クイズラリー

6月8日(土)、淑徳大学を会場に「富士見市子ども大学・スポーツ大学」の入学式が行われました。

子ども大学へは12名の学生、スポーツ大学には8名の学生がボランティアとして参加します。

 

まず、こちらは入学式の様子です。

 

今回は、入学式後の講座として、フレンドシップメンバーがアイスブレイクを担当し、子どもたちに楽しんでもらいました。

違う小学校から集まっている小学生が友だちづくりをして仲よくなることがねらいです。

 

入学式後、体育館に移動して、グループごとの活動に入ります。

 

まずは、グループ内での自己紹介。その後、リズムゲームをして盛り上がりました。

体育館で自己紹介やゲームをした後は、大学内をグループごとに探検します。


 

【クイズ】

「知っている漢字で一番画数の多い漢字を、グループで一つ決め、黒板に書く」(決める時間は30秒)  

例)「花」だとしたら7画なので、21点(1画3点)となる。

 

【絵伝言ゲーム】

一番の人にお題を伝え、絵をかいて次の人に伝えていく。最後の人は伝わってきた絵を見て、

1番の人に伝えられたお題と同じものを答える。正解したら20点。

 

【上からボウリングー!】

配点:倒せたピンの数 (1つ5点)

傾斜や階段を使ってボールを転がし、檀上の下に置いてあるピンを倒すゲーム。

一人一回行い、倒せたピンの数をグループの得点にする。ピンを一つ倒すと5点。

 

【クイズ】 

「飲み物は全部で何種類売っているでしょうか」 配点:30点

 

【あずきちゃん救出作戦!】 

制限時間30秒の間に、あずきを別皿に何個を移せるか競うゲーム。

5人同時に行い、移せたあずきの数をグループの得点にする。あずき1つ5点。

 

これらの他にも、合計12ヵ所で工夫を凝らしたゲームやクイズが各教室に用意されていました。

子どもたちが楽しんだのはもちろんのこと、フレンドシップメンバーも、

子どもとのかかわりを楽しむことができました。

体育館に戻ったら、子どもたちは黄色い花びらを渡され、一人一人がメッセージ(今日の感想)を書き込みました。

その花びらは、模造紙に張り付けて、ヒマワリの完成です。完成後は、ヒマワリを背景に、記念撮影をしました。

クイズやゲームを楽しんだ後は、得点集計と結果発表です。手作りのメダルを渡され、子どもたちも満足な様子でした。

 

今回のイベントは、フレンドシップの2年生が中心になって企画したものです。

事前に、フレンドシップメンバーと富士見市子ども大学・スポーツ大学のボランティア学生とで

十分な打ち合わせをして当日を迎えました。これからもフレンドシップメンバーのさらなる活躍を期待します。

 

第19回交通安全教育技能コンクール県大会に出場!!~埼玉県ベスト8~

5月17日(金)、さいたま市のプラザウエスト さくらホールで開催された「第19回交通安全教育技能コンクール県大会」に出場しました。

参加者は、藤田先生と幼児教育コース3年生の並木藍さん、東入間警察署の石井絵里さんのチームです。

このコンクールは、埼玉県警察本部主催で開催されています。

教育対象が「幼児」「児童」「中学生」「高齢者」「成人」など細かく分野が分かれていて、

その分野ごとに伝えなくてはいけない交通安全項目が決められ、3名で8分以内の発表となっています。

私たちは「幼児対象の交通安全教育」を主題としたパネルシアターで、

オリジナル作品の「うさ子ちゃんの交通安全」を発表しました。他の団体は、ほとんどが「高齢者対象」で寸劇風の発表でした。

 

2月に行われたこのコンクールの予選の様子も、ブログで紹介しています。

その地区予選で準優勝して、今回の県大会に出場となりました。

2月の予選会では4年生が参加していたのですが、卒業したため今回は東入間警察署の石井さんの参加をいただいての出場でした。

入賞はできませんでしたが、楽しく明るく上演しました!

入賞した団体への講評としては、より多くの交通安全項目をユーモアも交えて、わかりやすい工夫をしたことが評価されていました。

次回の参考にしたいと思います。

また、近年の社会的な関心は「高齢者」にあるので、時流にあわせたテーマや分野を選ぶことも大切な事かもしれないと感じました。

大学が県大会に出場したのは初めてとの事で、幅広い層が交通安全教育にかかわっているのはとてもよいことだとのお言葉をいただきました。

 

今回、新たに作品を作り、演じることで、交通安全について私たちも多くのことを学べました。

この作品を幼稚園や保育園、小学校の低学年の子どもたちの前で演じて、交通安全教育の一端を担っていきたいと思います。

/三芳町交通安全指導員の方とともに\

 

 

学部運動会を開催しました

今年も、1・2年生の公式行事となった学部運動会を、5月18日に開催しました。

 

毎回書いていますが、小学校や幼稚園、保育園などでは、運動会その他、様々な行事が開催されます。

そうした行事の企画・運営は、先生方の大事な仕事でもあります。

そのため、教育学部では、運動会の実行委員会を組織するとともに、1・2年のゼミを中心として運動会を開催しています。

開会式での選手宣誓や準備体操を終えて、午前中は玉入れと台風の目、

午後はリレーと長縄跳びの合計4競技を、4つのグループの対抗戦として実施しました。

閉会式では、優勝杯贈呈に加えて、様々な賞を設けて4つのグループそれぞれが表彰を受け、

最後に全員で記念写真を撮影して、今年度も無事に運動会を終えることができました。

 

第10回HOIKU発表会へ

5月12日(日)、飯田橋にあるグローバルキッズ飯田橋こども園にて開催された、「HOIKU発表会」に参加してきました。

その内容を、参加した2年生の原秀人くんから報告してもらいます。

 

今回参加したのは、2年生2名・1年生2名、いずれもパネルシアターサークルPITAPETAのメンバーで、

顧問の藤田先生が同行してくださいました。

パネルシアター公演の演目は、手遊び(「大工のキツツキさん」)、

オープニング「バナナの親子」「BBQ」「いわしのひらき」です。

 

「HOIKU発表会」とは、学校という枠を飛び越え、保育者等を目指す学生たちの意見を交換する場であり、

演ずる際の引き出しを増やす機会でもあります。

パネルシアターや読み聞かせ、劇に手遊びに歌にダンスなど、

学生を中心としたそれぞれの団体が受け継ぎ、大切にしてきた宝物を持ち寄って発表し合い、技術や想いのシェアをします。

私たちは、パネルシアターの前に手遊びを導入しました。

初めからパネルシアターを始める考えもありましたが、

気軽に見ていただけるよう場のアイスブレイクの意味を込めておこないました。

手遊びを楽しんでいただき、参加者から思わず笑いが出るほど場が和んだところで、パネルシアターを始めました。

 

発表後に10分程度の振り返りタイムがあります。参加者からの客観的な意見として

①  いいところ(Plus) ②直した方がいいところ(Minus) ③面白いところ(Interesting)

の3つの視点からコメントをいただきます。

客観的な意見を頂くことで、自分たちに足りないことやこれからの課題が見えてきます。

このフィードバックの時間は、自分たちをさらに成長させてくれます。

発表後、参加者からたくさんの好評をいただき、充実した発表をすることができました。

 

私たちの発表後は、早稲田大学・東洋大学など他大学の発表を聞き、

楽しみながらもいいところや直した方がいいところを共有し合いました。

読み聞かせを聞いたり、ダンスで体を動かしたりと発表内容は各団体で様々です。

 

また、記念特別講演として、絵本コーディネーターの東條知美さんよる

『保育に活かす絵本力 ~絵本にくわしい保育者になろう~』が行われ、保育士・幼稚園教諭を目指す学生向けの授業がありました。

子どもの発達に応じた絵本の選び方、子どもにとって絵本の読み聞かせが宝物になる7つの理由など、

今後の学びの中で活かしていきたいお話を伺うことができました。

 

<学生の感想>

・初めてパネルシアターの発表をしましたが、見ている人を楽しませることができ、自分たちも楽しく演じることができました。

・緊張もあまりせず、終始笑顔で演じることができました。

・手遊びや歌を通して会場が一つになったこと、見ている人が笑顔で楽しそうにしていたのが嬉しかったです。

・改善点をこれからの課題にして、次の発表に活かしていきたいです。

 

次回は12月!それぞれの引き出しを増やし、より良い発表ができるよう今後も挑戦していきたいです。

 

『HOIKU発表会』→https://e-hoiku.jimdo.com/

『絵本コーディネーター 東條知美 氏』→https://www.tojotomomi.com/    

今年度の子育て支援プログラムが始まりました

今年度も2年生幼児教育コースの学生を主な対象とした、子育て支援プログラムが始まりました。

毎週火曜日の午前中、学内での練習を重ねて出張公演、

あるいはキャンパスに子どもたちを招いた公演を行なっていきます。

 

今回は5月14日午前中に、針ヶ谷子育て支援室で行った公演の様子を紹介します。

参加した学生は8名、来室されたのは、乳幼児親子5組と、針ヶ谷保育園の0歳児6名、2歳児18名です。

用意したプログラムは、ペープサート「まるいたまご」、

パネルシアター「まんまるさん」「おもちゃのチャチャチャ」「アイアイ」、

へびダンス、というものでした。

 

今回が、今年最初の子育て支援プログラムの公演です。

リハーサルの時には0歳児さんが見に来てくれました。

パネルシアターをじっと見つめる様子がとてもかわいかったです。

0歳児との触れ合いが初めての学生は、とてもよい経験になりました!と感動していました。

 

30分自由遊びの中に入り、おもちゃで遊んだ後、

先週練習したばかりのペープサートやパネルシアターの発表をしました。

ドキドキしていたけれど、子どもたちのかわいい笑顔や反応があり、学生たちもリラックスしてよい笑顔が見られました。

反省点は各自持ったようですが、実際に現場で体験したことで、今後の意欲につながったと思います。

大学に帰ってきてすぐに、空き時間を利用して保育教材を作っていました。

次回5/28は竹間沢児童館へ7名の学生と伺います。

教員・保育士養成支援センターの先生方を紹介します②

前回に引き続き、教員・保育士養成支援センターの幼児教育コース担当の3名の先生方を紹介します。

 

① 斎藤葉子 先生(血液型AB型)


【センターでの主な役割】

・子育て支援プログラム

・子育て支援ルームぴよぴよ

・保育園全般・実習


【経歴】

東京都私立保育園に勤務しながら、乳幼児親子教室やパネルシアター公演、制作を行う。


【今ハマっていること】

・ホットヨガ(始めたばかり)

・ヨーグルトメーカーでおいしいヨーグルトを作る


【特技】

・工作や折り紙、ソーイング


【メッセージ】

季節の折り紙を一緒に作りませんか?気軽にセンターに来て下さい!

 

 

② 前島由美子 先生(血液型A型)


【センターでの主な役割】

・ピアノ実技

・施設全般・実習

・わくわく遊び隊


【経歴】

・ピアノ講師 25年

・音楽療法士 15年

・小学校図書館司書 3年

・音楽講座講師・障害者交流イベント演奏

・おはなしサークル音楽担当


【好きなこと】

・音楽のアレンジ

・お酒を飲みながらまったりすること


【メッセージ】

学生のみなさんと、ピアノや音楽の話をすることを楽しみにしています。

養成支援センターにも練習用キーボードを多数用意していますので、

曲の弾き方や指遣いなど、実際に弾きながらアドバイスします。お友達と気軽に練習に来てくださいね♪

 

 

③ 安田真紀子 先生(血液型AB型)


【センターでの主な役割】

・施設全般・実習

・わくわく遊び隊

・公務員対策講座


【経歴】

・パネルシアターやバルーンをメインにパフォーマンスをする“ハッピーメロディー”として、

 幼稚園、保育園、子育て支援センター、児童館、障害者施設などでの公演活動、

 実技指導の講師、作品制作(気づけば18年目)

・カンツォーネ歌手(2015年太陽カンツォーネコンコルソ優勝)

・幼稚園教諭・保育士養成校 非常勤講師(実技系科目担当)3年

・音楽療法士


【特技】

・イラストを描くこと


【好きなこと】

・人を笑わせること。笑いは福祉です!

・色々な人のお話を聞くこと(お悩み相談も含む)

・歌うことが大好きです!

・イメージトレーニング(妄想も含む)


【習い事】

・ひょんなことからドラムを1年くらい習っています


【メッセージ】

これまでの色々な経験から、ちょっと切り口の違うアドバイスやアイデアなどをお話しできると思います。

学生さんとお話しすることが大好きなので、ぜひセンターにいらしてください★

 

教員・保育士養成支援センターの先生方を紹介します①

これから回数を分けて、教員・保育士養成支援センターの先生方を紹介していきます。

 

センターの先生方は、以前紹介した教育実習に関する学生からの相談や指導のほか、

就職支援や学外活動の引率など、様々なところで学生支援にあたってくださっています。

また、オープンキャンパスでの学部の活動紹介もお手伝いをしていただいています。

このブログを読んで、オープンキャンパスに来ていただいた際は、

是非、センターの先生方がいらっしゃる体験コーナーにも参加していただければ、と思います。

 

今回は、まず幼児教育コースを担当してくださっている3名の先生方を紹介します。

 

① 梅原晴美 先生(血液型A型)


【センターでの主な役割】

・幼稚園全般・実習

・子育て支援プログラム

・フィールドスタディ


【経歴】

・私立幼稚園19年

・保育園3年


【特技】

 人が好き!子どもが好き!人との距離を縮めるのが得意(笑)


【メッセージ】

楽しい学生生活が送れるように、様々な角度からサポートしますよ!是非、センターに来て下さいね。お待ちしてます。

 

② 大谷和代 先生(血液型A型)


 【センターでの主な役割】

・幼稚園全般・実習

・子育て支援ルーム ぴよぴよ

・フィールドスタディ

・企画講座(手作り教材など)


【経歴】

・私立幼稚園 15年

・おやこ広場、ベビーマッサージ教室等で活動中


【趣味】

・映画鑑賞

・一人旅


【好きなこと】

・おいしいつまみで楽しく呑むこと

・旅行のガイドブックを見ながら、妄想すること


【メッセージ】

ほっと一息つきたい時は、どうぞセンターにきて下さいね。

みなさんの夢実現の為、精一杯お手伝いします!

 

③ 沢田由美子 先生(血液型O型)



【センターでの主な役割】

・保育園全般・実習

・乳幼児保育の実技(おむつ替え等)
・子育て支援プログラム

・子育て支援ルームぴよぴよ


【経歴】

・私立保育園 1年

・公立(志木市)保育園25年


【趣味】

・ダイエット(結果が出ないので趣味になってしまいました)


【好きな事】

・スマートフォンで料理やお菓子作りの動画を見る

・友達とランチ・バスツアーに行く


【メッセージ】
 心配な事、不安な事何でも相談に来てください。気軽に来室してね〜♪

 

幼児教育コース教育実習直前指導

長い連休を、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。

 

4月のブログでは、学外での様々な活動を紹介してきました。

5月からも引き続き学外での活動を紹介していくとともに、

キャンパスで行われている活動や授業の様子などもアップしていきますので、

ぜひ、見に来ていただければと思います。

 

ということで今回は、4月に行われた教育実習の直前指導の様子を紹介します。

4月13日(土)と20日(土)の2回に分けて、幼児教育コースの4年生 67名を対象として、

今月から始まる幼稚園での教育実習に向けた模擬保育を行いました。

 

模擬保育は、16〜17人学級4クラスに分かれて実施しました。

学生はこの日のために指導案を立案し、見本となる作品の制作や教材や材料の準備など、

はじめての1人担任を務めるために、準備を進めてきました。

 

また、当日は、専任教員に加えて、元公立幼稚園園長(東京都教職員研修センター指導員)の石橋先生や、

現場での経験が豊富な教員・保育士養成支援センターの先生方にもアドバイザーとして参加していただき、

指導案や進め方について、具体的に指導していただきました。

 

貴重な体験に教師役の学生も子ども役の学生も本気モード! 

造形遊び、運動遊び、音遊び、ゲーム…など、バリエーション豊かな内容を、

思いっきり楽しみながらやり遂げることができました。

9コマ全ての授業を終えた後には、クラスのみんなの一体感と共に、

各クラス17人分の「保育の体験」と「指導案」の財産を、一人ひとり得ることができました。

取り組みを通して学生の表情が輝き、実習に向けての意識が一気に高まった2日間。

 

最後は先生方からの熱いメッセージで送り出し。

実習でも、学びを活かして充実した体験ができることを祈っています。

フレンドシップ事業 ~第46回富士見市子どもフェスティバルへの参加~

4月21日(日)、富士見市の文化の杜公園を会場に、第46回富士見市子どもフェスティバルが開催されました。

フレンドシップメンバー16名が、運営スタッフとして参加してきました。

 

【Facebookの作成】

初の試みとして、リアルタイムで会場の様子をFacebookで情報を発信しました。

 

初めに、担当者の方との打ち合わせです。

フレンドシップメンバーが取材をして、文章を作成します。

同時に、参加者からは掲載許可を得るようにします。

写真と文章を富士見市の担当者に確認していただいた上で、富士見市のFacebookに掲載しました。

 

 

富士見市スポーツ推進委員の方への材です。

取材をすると、写真とあわせて文章を作成し、富士見市の担当者の方へ送ります。

当日作成し、リアルタイムで発信したFacebookの一部です。会場の様子がよく伝わってきています。

 

【受付業務】

受付の様子です。市民の皆様に気持ちよく参加していただく上で、受付業務は重要です。

幅広い年代の方に対して、適切な言葉を用いて、丁寧に対応する必要があります。

地域でのボランティアは、このように様々なことを学ぶ貴重な場です。

 

【遊びコーナーでの対応】

幼児が遊ぶ場所での対応です。順番を待つ子どもたちを並ばせたり、誘導したりしました。

日頃から実習やボランティアで幼児とかかわっている経験が生かされます。

 

 

富士見市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」です。

家族連れがフワッピーと写真撮影をする際にも補助を行い、多くの方に楽しんでもらいました。

 

 

 子どもから大人まで幅広い年代の方が集まるこの行事で、

初めてのことに挑戦したり、これまでの経験を生かしたりしながら、多くのことを学べました。

 

【学生の感想】

・私は富士見市子どもフェスティバルのボランティアに参加し、

子どもフェスティバルの公式Facebookにリアルタイムでその様子をアップすることを担当しました。

今までのボランティアとは違い、様々な年代の方達とコミュニケーションをとる事ができ、

担当の方からも自分たちで作ったFacebookについてお褒めの言葉を頂きました。

とてもやりがいのあるボランティアでした。来年も是非参加させて頂きたいです。(M.Mさん)

 

・いくつもあるブースは、それぞれが個性溢れる楽しい企画ばかりでした。

特に目に止まったのは、イムス富士見総合病院の皆さんの出し物です。

画用紙で作ったナースキャップを子ども達にプレゼントしており

『看護師さんみたい〜』と喜ぶ子どもの姿を見ることができました。

また、実際に救急車に乗って中の見学ができたので、子どもたちにとっても、

貴重な体験ができたのではないかと感じました。(M.Hさん)

2019フレンドシップ事業スタート

2019年度の淑徳大学教育学部フレンドシップ事業がスタートしました。

第46回富士見市子どもフェスティバルに向けて、

4月13日(土)に、ボランティア隊の団結式が開催されました。

 

ボランティア隊は、フレンドシップメンバーの他、富士見市内中学生78名、高校生8名で構成されています。

フレンドシップメンバーは、高校生や中学生の取りまとめ役になります。

当日は、まず初めに、昨年度のフェスティバルの動画を視聴して、

子どもフェスティバルについての概要説明を受けました。

富士見市ボランティア担当者との打ち合わせの様子です。

 

淑徳大学の分担は、「フェイスペイント」「着ぐるみ関係」「本部案内係」「会場見回り」

「フェイスブックアシスタント」等です。

 

これは、フェイスペイントを担当する中学生との打ち合わせの様子です。

これまでも、小学生と関わる機会はありましたが、高校生、中学生を取りまとめるというのは、

大変貴重な経験になります。フレンドシップメンバーの活躍を期待したいと思います。