「図画工作Ⅰ」の授業風景(12月)

 アニメーションのような動く絵の原理を使って、フェナキストスコープを制作しました。別名は驚き盤とも言うように、描いた絵が不思議な動きをするので、お互いに鑑賞しながら楽しむことができる教材となりました。

<学生の感想>

  • 輪郭線をより太くし彩度を上げることで、より鮮明なアニメーションをつくることができました。(M.U)

  •  1コマ1コマの静止画が動く「アニメーション」は、大変興味深く、初めての体験であった。(T.E)

  •  楽しく作品を作る中で難しさが分かったので、将来子どもに教えるときに活かしていきたい。(Y.S)

  •  フェナキストスコープの12コマの絵を少しずつ変化させるのが大変でしたが、作品作りを楽しむことが出来ました。(M.U)

図画工作の12月授業風景    図画工作の12月授業風景
図画工作の12月授業風景   図画工作の12月授業風景

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30