第3回子ども大学みよし「"キンボール"で子どもと遊ぶ」

 今回は、3年の上村萌音が子ども大学みよしについて報告します。

 

 3回目となった子ども大学、今回は大学を飛び出して、三芳町総合体育館で“キンボール”について学んできました。

 

 

 大きいボールを使用し、4人1組で構成されたチーム3チームが、コート内でヒットやレシーブを繰り返すゲームです。ボールを打つときに、必ず“オムニキン”という言葉を言ってから相手チームにボールを渡します。

 

 大学生スタッフも小学生のチームに入り、一緒に楽しみました。子どもたちと汗を滴りだし、声を出しながらゲームを行っていくので、子どもたちともさらに交流を深めることが出来ました。