川越市の特別支援教育学生支援員派遣が始まります

教育学部では毎年、川越市教育委員会からご依頼をいただき、特別支援教育学生支援員の派遣を行っています。

この事業では、年間20回ほど、障がいのある児童生徒への支援活動が実施されています。

本学部では、2年生の初等教育コースの学生を対象として、この事業への参加を呼びかけ、毎年12名を派遣しています。

写真の様子は、6月11日に川越市教育センター分室で行われた依頼書交付式の様子です。

当日は、養成センターで学生指導にあたってくださっている鈴木先生と11名の学生が出席しました。

この事業に参加して所定の時間を修了した学生には、学校インターンシップⅡの単位も付与されます。

 

今後、配属学校が決まり次第、現場での活動が始まります。

 

本学部ではこの他にも、富士見市特別支援学校でのボランティア活動も奨励しており、

今後さらに、支援が必要な児童生徒との関わりについて、学びの機会を増やしていきます。