西みずほ台保育園の園児さんをキャンパスにお招きしました

6月18日(火)の午前中に、西みずほ台保育園の年長さん16名が、キャンパスに遊びに来てくれました。

前週と同様、武道場において幼児教育コースの2年生17名と、

養成センターの斎藤先生、沢田先生、前島先生、梅原先生が園児さんたちをお迎えし、

楽しいひと時を過ごすことができました。

 

西みずほ台保育園の子供たちは、大学のバスに乗ることや、大学生に会うことを楽しみに来校してくれました。

バス停で待つ学生の顔を見ると、はにかんだ笑顔をみせ手を振っていました。

そんな子どもたちの様子に、学生は皆、子どもの可愛らしさを再確認したようです。

 

今回の内容は、手遊び・トーンチャイム・ハンドベル・タオル遊び・ゲーム(玉入れ・野菜かるた)・

工作(ビュンビュンロケット)・パネルシアター・へびダンスというラインナップです。

 

子供たちの前に立つ学生は、やや緊張気味でしたが、楽しそうに行う子どもの笑顔に、緊張もほぐれていきました。

タオル遊びでは、一対一の関りができ、より子どもたちに近づいた感じが見受けられました。

ゲームの進行や製作の説明、パネルシアターの演じ方、それぞれの場面で楽しみながらも、

次回の課題や目標を新たにしたようです。最後に子どもたちから歌のプレゼントがありました。

前に並び「パプリカ」を歌う子どもの姿にパワーをもらいました。

 

学生の感想

・子どもたちの笑顔を見たら、子供にかかわる仕事をしたいと改めて感じた。これからもたくさんの子どもと関わっていきたい。

・子供たちの性格の違いがよくわかり勉強になった。

・2回目だったため、アドリブもできるようになり楽しめた。

・製作では個人差があったため、早く終わってしまった子が飽きないようにするのが難しかった。

・どのように声を掛ければ、どのような反応をするのか、この短時間の中でたくさん学ぶことができた。