子育て支援プログラム認定証授与式が行われました

7月9日(火)に、子育て支援プログラム認定証授与式が行われました。

当日参加できた2年生23名と4年生2名には、学部長の加藤先生から認定証が授与されました

(この日に参加できなかった7名にも、日を改めて認定証は授与されています)。

このプログラムは、幼児教育コースの2年生を対象とした授業外ボランティアで、

その様子は毎回、このブログでも紹介してきました。

この取り組みのよいところは、子どもたちと出会えること、実習では出会えない子育て支援の現場に行って

保護者の方と出会えること、現場経験のある先生から指導してもらえることです。

座学では学べない、実践的な学びをすることで、今後の意欲、課題を各自が持ったと思います。

今回参加した学生には、授与式の際にアンケートにも回答してもらいました。

その回答者全員が、参加してよかったと言ってくれていました。

理由としては、とにかく子どもたちと関われたことが本当に楽しかった!

通常の授業では経験できないことができた!などの声が寄せられています。

保育者を目指そうとする意欲が高まったという学生も多く、今後さらにボランティアをやりたい、

新たに後期から始まる「わくわく遊び隊」の活動に参加したい、という回答も多く、

このプログラムの効果が高いことがわかりました。

今回の大きな学びを生かして、今後につなげていって欲しいと思っています。

 

後期は、大学と提携している保育園や、学生の希望する園へ10月~12月の期間の10日間、

16名の学生がボランティアに行かせて頂くことになりました。

保育の現場で、保育の仕事の楽しさ、大変さを体験してきて欲しいと思っています。