2020年4月アーカイブ

こんなときだからこそできること

新型コロナウイルス感染防止対策として、

今は皆さん自宅で過ごす時間が多くなったと思います。

そんな今だからこそ、できることを、

今回は、教員保育士養成支援センターの大谷先生から提案していただきました。

 

・子ども向け番組を見る

 →私が学生時代から続けていることです。

  昔話、童謡、手遊び、ダンス、製作など、色々盛り込まれていて勉強になります。

  子ども達が興味持っている事、好きな歌などを知るチャンス!

 

・絵本や紙芝居をたくさん読む

 →絵本を読めるアプリなど使っても可。

  読んだ本のタイトル、作者、簡単な内容、対象年齢などまとめておけば、実習にも役立ちます。

 

・幼稚園、保育園、施設などのホームページを見る

 →園のカラーや特色を調べて、気になった園を書き出してみる。

  自分が求める保育の傾向が見えてきます。 

  実習や、就職先を探す時に、お勧めしている方法です。

 

その他、ピアノのレパートリーを増やす、折り紙をたくさん覚える、

オリジナルのお話を作るなど.…きっと時間のある今だからこそできることがあるはず!

ぜひ時間を見つけてやってみてくださいね

新任の先生方を紹介します(その2)

先週のブログで予告したように、今回は新任の先生紹介第二弾として、

蘇武伸吾先生からのメッセージを紹介させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

はじめまして。

今年からこども教育学科にまいりました、蘇武伸吾です。

趣味はスポーツで、学生の時には円盤投げをしていました。

昨年度まで、埼玉県内の小学校の校長をしており、小学校社会科教育や生徒指導に関することに関わってきました。

そして今一番関心があることは「教師」の育成です。

 

予測不可能な未来がすぐそこまで来ています。世の中は多様化し、学校教育へのニーズは高まる一方です。

そのことに、たじろぐ人もいるかもしれません。

でもそれはもったいないことです。私は、校長の時、先生方にこう言っていました。

「こども達のことを真剣に考え、全てをかけて取り組んでいるのが教師です。だから自信を持って、頑張りましょう」と。

これからの教育界は皆さんが背負っていくのです。

教師・保育士をめざすのであれば、今、一生懸命に学んでください。

そのことが「教師・保育士の第一歩」だと思います。共に頑張っていきましょう。

 

【学校行事の際、コバトンとともに】

 

【目指す学校像を保護者の皆様へ説明しているところ】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、授業も予定通りに行うことができません。

しかし、山田先生と蘇武先生、頼もしいお二人の先生をお迎えし、これまでと変わらず、学生指導に力を入れていきます。

新任の先生方を紹介します(その1)

教育学部では、今年度、お二人の先生を新たにお迎えしました。

お二人とも小学校や中学校の教員の経歴をお持ちで、直近の今年3月までは小学校の校長先生として勤務されていました。

4月からはその経験を、本学部での学生指導に活かしていただくことができます。

今回は山田晋治先生、来週は蘇武伸吾先生に、この学部で育てていきたい教員像を語っていただきます。

 

ということで、今回は山田晋治先生からのメッセージをご紹介いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

この4月から淑徳大学でお世話になっている山田晋治です。

3月まで川口市の小学校で校長を務めていました。

私は元々、中学校の美術教師として教職の道を歩み始めましたが、その後、県や市の教育委員会で、

図画工作・美術教育を担当する指導主事として10年以上教育行政にも携わりました。

自分自身で授業をする立場ではなくなりましたが、県内各地の学校を訪問し、

授業参観と研究協議を通して多くの先生方と出会い、よりよい授業づくりを目指して学び合えたことは

私にとって大切な財産になっています。

 

 この度、次代を担う教員の養成に携わることになりました。

子供たちの成長にかかわれる喜びは何物にも代え難い教職の魅力です。

縁あって出会う学生の皆さんには、将来、子供たちに寄り添い一人一人のよさを

見出し伸ばしてあげることができる先生を目指してほしいと思っています。私も全力で応援します。

 

 

教職に就いて間もない頃の写真が出てきました。若いです(笑)。

2020年度の採用試験など最終結果報告

本来、この時期には新年度を迎えた新入生の様子など、ブログでも紹介しています。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、授業開始が大幅に遅れており、キャンパスも静かなままです。

本当は、皆さんをお迎えするはずの桜も、今年は多くの方の目に触れることなく散っていきそうです。

 

 

前置きはともかく、そのような中で、

今回は、2020年度小学校教員採用試験と公務員保育士試験の最終結果について紹介します。

 

小学校教員採用試験1次合格率78%(14/18人)、最終合格率56%という結果でした。

一方、公務員保育士資格の受験者22名に対して、合格者16名(1名辞退)、合格率72.7%となりました。

最終的な就職率も100%となり、この困難な年にある中ではありますが、

全員、次のステップへと進むことができたことをとても嬉しく思います。 

新学期の始まり

今日から新学期が始まりました。

といっても、今は新型コロナウイルスへの対応のため、

人が密集するような集まりは極力避けることが大切となっています。

多くの大学と同じように、淑徳大学でも入学式を中止して、必要最低限の集まりを、

密集しないよう、換気にも十分配慮した形で行うこととしました。

授業開始も4月20日からと、当初予定を2週間延期しています。

 

・・・が、そんな中でも、キャンパスにやってきた新入生に、少しでも歓迎の気持ちを伝えたいと、

教員・保育士養成支援センターの先生方がウエルカムボーボードを作成してくれました。

今日、キャンパスに迎えた新入生の皆さんがどれだけ目に止めてくれたのかわかりません。

しかし、いつか新入生の皆さん、特に幼児教育コースの皆さんは、こうしたボードを作成する側になります。

そんなことも感じてもらえたらと願う4月1日でした。

 

 

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30