新任の先生方を紹介します(その2)

先週のブログで予告したように、今回は新任の先生紹介第二弾として、

蘇武伸吾先生からのメッセージを紹介させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

はじめまして。

今年からこども教育学科にまいりました、蘇武伸吾です。

趣味はスポーツで、学生の時には円盤投げをしていました。

昨年度まで、埼玉県内の小学校の校長をしており、小学校社会科教育や生徒指導に関することに関わってきました。

そして今一番関心があることは「教師」の育成です。

 

予測不可能な未来がすぐそこまで来ています。世の中は多様化し、学校教育へのニーズは高まる一方です。

そのことに、たじろぐ人もいるかもしれません。

でもそれはもったいないことです。私は、校長の時、先生方にこう言っていました。

「こども達のことを真剣に考え、全てをかけて取り組んでいるのが教師です。だから自信を持って、頑張りましょう」と。

これからの教育界は皆さんが背負っていくのです。

教師・保育士をめざすのであれば、今、一生懸命に学んでください。

そのことが「教師・保育士の第一歩」だと思います。共に頑張っていきましょう。

 

【学校行事の際、コバトンとともに】

 

【目指す学校像を保護者の皆様へ説明しているところ】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、授業も予定通りに行うことができません。

しかし、山田先生と蘇武先生、頼もしいお二人の先生をお迎えし、これまでと変わらず、学生指導に力を入れていきます。

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31