自宅でできる教材づくり

今回は、教員・保育士養成支援センターの齋藤先生から、

自宅でも作れる教材、「手袋シアター」と「スケッチブックシアター」について紹介します!

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「手袋シアター」は、カラフルな手袋を舞台に、手遊びや歌、おはなしができる視覚教材です。

エプロンのポケットに入れて、さっと取り出すことができるのがポイントです。

 

 

 

今回私が作ったのは、手遊びのものを8点。

画像から何の手遊びか分かるでしょうか。

どれも子どもたちに人気のものです。

・キャベツの中から・さっとにげました・ふしぎなポケット・コロコロたまご

・あいうえおにぎり・おはながわらった・のねずみ・5つのメロンパン

 

「スケッチブックシアター」は、

スケッチブックをめくりながら展開する、お話やクイズ、歌を楽しむもので、

透明フィルムや、ページの一部を切り抜くことで、簡単な仕掛けができます。

 

どちらも活動の導入や、ちょっとした隙間時間にも大活躍するアイテムで、

子どもたちとのコミュニケーションをとりながら楽しめるものですので、ぜひ作ってみてくださいね。

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31