新任教員のご紹介②

はじめまして。國府田祐子(こうだゆうこ)です。

4月にこども教育学科にまいりました。

学校の教員として勤務した後、大学に勤め、3月までは長野県の大学におりました。

趣味はヨガやバランスボールなど、ゆったりとしたエクササイズです。

ドライブも好きですが、今はまだ、埼玉県内の車の多さに驚き、慎重に運転しています。

 

昨年度は全国の大学が遠隔授業を展開し、キャンパスは寂しい風景でした。

前の住まいの近くに、窪田空穂(くぼたうつぼ)という、国文学者の記念館がありました。

歌人でもある空穂は、学生のいないキャンパスのことを詠んでいます。

 

学徒(がくと)みな兵となりたり歩み入る広き校舎に立つ音あらず

 

大学の教員だった空穂が戦時中に詠みました。

「立つ音あらず」は、学生の姿も何もない風景を表しており、昨年のキャンパスの様子と重なるかのようです。

大学の主役は学生と思いますので、今年こそ直につながる日が多くなることを願っています。

 

教育者や保育者は、これからの社会を担う子どもたちを育てる、社会的に大変意義のある仕事です。

一緒に頑張っていきましょう。

出会ったばかりの1年生のゼミ生と一緒に。和気あいあいとしています。

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31