イベントの最近のブログ記事

今年度も淑徳大学を拠点に三芳町の方々と作る講座「子ども大学みよし」が、6月29日に開校しました。

今回の参加者は、三芳町の小学生4~6年生 54名。

迎える学生スタッフは、教育学部初等教育コース1・2年生の12名です。

 

昨年度「埼玉教育ふれあい賞」を頂き、ますますはりきっている学生スタッフは、

この日のために、授業の合間をぬっては集まり、子どもたちと楽しむゲームやワークショップの準備に取り組んできました。

 

当日は、①「入学式」から始まり、②「学生スタッフ進行のゲームによるアイスブレイク」

③「講師と学生スタッフによるパネルシアター上演」④「作品制作」⑤「発表」という流れで進行しました。

 

 

「1年生の学生スタッフによるゲーム」は、新入生セミナーで先輩たちと楽しんだ『新聞紙遊び』と、

新たにメンバーで考えた『カラフルパネル返しゲーム』を行いました。

チームごとに作戦を練ったり競い合ったりする中で、子どもたちとの距離が近づき、仲良くなりました。

 

 

続いて、「2年生の学生スタッフによるパネルシアター上演」は、手品やクイズ、歌などの内容で、

子どもたちは元気いっぱい参加してくれました!

その後、「講師によるブラックパネルシアターの上演と制作講座」では、子どもたちが夢中になって見聞きし、

チームの仲間と自分たちが作りたい作品のテーマについて話し合い、切り絵による作品制作に取り組みました。

完成した作品のテーマは「七夕」「宇宙」「深海」「星空動物園」の4つです。

どのチームも、ライト点灯の瞬間には大歓声が上がりました。

 

 今後、半年にわたって、様々な講師を招いて開催されますが、学生も子どもたちも笑顔いっぱいの一日を過ごし、

第1回目はとても良いスタートが切れたと思います。

 

〈学生からの感想〉

(1年生)

・初めての体験で不安でしたが、先生方や先輩方がとても優しく教えてくれたおかげで、とても充実した日になりました!

・自分たちで考えたゲームを子ども達が楽しんでいる姿を見て、とても嬉しくなりました。

・子ども達のパワフルさに圧倒されましたが、とても楽しかったです!早く次の活動をしたいと思いました!

・前々から準備・企画を念入りにしたので、アイスブレイクは成功したと思います!

・まだまだ子ども達との接し方に慣れていないので、2年生の姿を見習って成長していきたいです!

 

(2年生)

・とにかく楽しかったと思えるのは、当日の協力と事前の準備があったからだと思います。

・子どもたちとの距離、伝えるべきことの伝え方などいろんな事を学んでいきたいです。

・去年参加していた子どもと再会したら、背が伸びていたり、去年より落ち着いて行動していたり、子どもたちの成長を感じました。

・みんなで作品作りをしたことで気持ちがほぐれ、終わる頃には笑顔で自然な会話がたくさんできるようになっていました。

・今後も一緒に楽しみつつ、伝いたい事を素直に受け止めてもらえる関係作りを目指して活動したいです。

・去年仲良くなった子どもも引き続き参加してくれて嬉しかったです!新しい出会いもあり、これからもメンバーで一致団結して頑張りたいです!

子ども大学☆ふじみ

~作ろう!日本の伝統和菓子 (練りきりと季節のお菓子)~

6月29日(土)に、1・2年生12名が、子ども大学☆ふじみに参加し、小学生と和菓子作りに挑戦してきました。

前回は、淑徳大学を会場に、教育学部フレンドシップメンバーが企画運営をし、

グループごとに淑徳大学を探検して楽しみました。

今回は、学生にとって、担当している子どもたちと2回目の対面になります。

 

まずは、事前の打ち合わせです。富士見市教育委員会の方が、一日の流れや注意事項等を説明し、全員で確認します。

受付後は、自分が担当している子どもたちに付いて、身支度、準備等の確認です。

子どもの様子を見ながら、明るく話しかけ、必要に応じて手助けをします。

このようなやり取りを大切にすることによって、子どもとの距離が近くなります。

 

いよいよ、和菓子作りの始まりです。今回の先生は、富士見市内で和菓子店を開いている次の方々です。

「梅の屋」 木内先生  「むさし野」鈴木先生 

「千草」月岡先生    「伊勢屋」五十嵐先生

 

今回は、練りきりとおはぎ作りに挑戦です。子どもたちはもちろんのこと、学生も楽しんでいました。

 

素敵な練りきりの完成です。作った練りきりは、パックに詰めて持ち帰りです。

きっと、ご家族も喜ばれたことでしょう。

 

こちらは、おはぎ作りです。もち米を餡で包むのが難しく、技術を必要とします。

学生も、子どもに見本を見せながら、一緒におはぎ作りに挑戦です。

子どもに、教えることの難しさを感じるとともに、一生懸命教えることを通して、子どもとの関係を深めていきます。

 

きれいなおはぎの完成です。これまでにも食べたことがある和菓子。

今回は、その和菓子作りを通して、季節を彩る和菓子の美しさを学ぶとともに、

子どもと一緒に活動することの楽しさ、大切さを学んだ一日でした。

 

【学生の感想】

 今回の子ども大学で学んだことは、子どもの興味関心をひきつけ、

さらに広げるためにはどの様な工夫が必要かということです。

子ども大学の講義の様子を見ていて、子ども達の好奇心が刺激されていることがよく分かりました。

この好奇心の刺激こそが子ども達の興味関心を広げることに繋がっていることを学びました。

自分自信も子ども達の好奇心が刺激できる様な工夫が出来るよう、これからも学び続けていきたいと思います。  (2年生)

 

今回は、職人の方に教えてもらいながら和菓子を作りました。

子どもたちは職人の方の腕前にとても興味を示し、積極的に質問をするなど、とても楽しそうに活動していました。

普段できない体験をする時の子どもの目はとても真剣でした。新たな体験を自ら身に吸収しようとする子どもは

すごいなと改めて感じることができました。(1年生)

 

ぴよぴよあそびの会を開催しました

6月24日(火)、子育て支援ルーム、ぴよぴよにおいて、1~2歳乳児親子11組をお招きして、あそびの会を開催しました。

今回、大学からは養成センターの齋藤先生、沢田先生、大谷先生と、幼児教育コース4年の2名の学生が参加しました。

 

内容:手遊び、ふれあい遊び、ぴょんぴょん体操、色かたち遊び、七夕飾り工作

  パネルシアター「とんでったバナナ」「七夕のお話」「おもちゃのチャチャチャ」

 

雨の中、11組の親子の方々がぴよぴよあそびの会に参加してくれました。

初めて行ったぴょんぴょん体操、みんなよく見て動いていました。

今後もあそびの会では毎回行っていきます。七夕が近いので、彦星、織姫のついた飾りをみんなで作りました。

クレヨンで顔を描いたり、テープで星をつけたり。

「できたー」と嬉しそうに見せに来てくれる子もいました。パネルシアターでも七夕のお話を見てもらいました。

今回、実習を終えた4年生が2名お手伝いに来てくれました。

パネルシアター「おもちゃのチャチャチャ」をやってもらったり、おもちゃの部屋で一緒に遊びました。

 

次回のあそびの会は、7月29日(月)、スタンプ遊びを行います。ぜひご参加下さい。

申し込み・問い合わせはこちらです。 piyo-kosodate@u.shukutoku.ac.jp

 

ベビーマッサージ教室を開催しました

6月17日(月)に、4ヵ月~11ヶ月乳幼児親子の5組の皆さんを対象として、ベビーマッサージ教室を開催しました。


 

◎行った内容

・ふれあいあそび(大きな栗の木の下で、お馬の親子)

・ベビーマッサージ(背中、足のマッサージ)

・足型スタンプ

・手遊び(こぶたぬきつねこ)

・パネルシアター(まんまるさん、アイアイ)

・自由遊び


 

今日は乳幼児親子5組の参加で、のんびりとした雰囲気の中でベビーマッサージを体験していただきました。

寝返りやハイハイが盛んになってきている子も、お母さん方の優しい語りかけや、歌声が聞こえてくると、

安心してマッサージをしてもらっていました。

今回もお手伝いとして幼児教育コースの2年生4名が参加し、足型スタンプを取るサポートやパネルシアターを披露してくれました。

また、お母さんの膝に座って、パネルシアターに見入っているお子さんたちの姿が印象的でした。

おもちゃの部屋に移動後は、赤ちゃんをだっこさせてもらったり、お母さん方からのお話を聞かせていただいたり、

充実した時間を過ごす事ができました。終了後は、今日知りあった親子が学食で親交を深めていました。


 

参加者の感想

 ・ベビーマッサージは動いてできないかもと思っていましたが、思っていたよりできて良かったです。

 ・パネルシアター、おもちゃでの遊びもあり、充実した時間でした。

 ・大学生が遊んでくれて、とても楽しかったようです。

 

学生の感想

 ・0歳児と触れ合う機会がないので、良い経験になった。

 ・マッサージ中、気持ちよさそうにしている子、動いている子など、いろいろな赤ちゃんの姿をみて、ベビーマッサージに興味がわいた。

 ・意思の疎通が難しい年齢なので、関わり方がわからず困った。

  

次回のベビーマッサージ教室は7/22(月)です。


 

学部運動会を開催しました

今年も、1・2年生の公式行事となった学部運動会を、5月18日に開催しました。

 

毎回書いていますが、小学校や幼稚園、保育園などでは、運動会その他、様々な行事が開催されます。

そうした行事の企画・運営は、先生方の大事な仕事でもあります。

そのため、教育学部では、運動会の実行委員会を組織するとともに、1・2年のゼミを中心として運動会を開催しています。

開会式での選手宣誓や準備体操を終えて、午前中は玉入れと台風の目、

午後はリレーと長縄跳びの合計4競技を、4つのグループの対抗戦として実施しました。

閉会式では、優勝杯贈呈に加えて、様々な賞を設けて4つのグループそれぞれが表彰を受け、

最後に全員で記念写真を撮影して、今年度も無事に運動会を終えることができました。

 

フレンドシップ事業 ~第46回富士見市子どもフェスティバルへの参加~

4月21日(日)、富士見市の文化の杜公園を会場に、第46回富士見市子どもフェスティバルが開催されました。

フレンドシップメンバー16名が、運営スタッフとして参加してきました。

 

【Facebookの作成】

初の試みとして、リアルタイムで会場の様子をFacebookで情報を発信しました。

 

初めに、担当者の方との打ち合わせです。

フレンドシップメンバーが取材をして、文章を作成します。

同時に、参加者からは掲載許可を得るようにします。

写真と文章を富士見市の担当者に確認していただいた上で、富士見市のFacebookに掲載しました。

 

 

富士見市スポーツ推進委員の方への材です。

取材をすると、写真とあわせて文章を作成し、富士見市の担当者の方へ送ります。

当日作成し、リアルタイムで発信したFacebookの一部です。会場の様子がよく伝わってきています。

 

【受付業務】

受付の様子です。市民の皆様に気持ちよく参加していただく上で、受付業務は重要です。

幅広い年代の方に対して、適切な言葉を用いて、丁寧に対応する必要があります。

地域でのボランティアは、このように様々なことを学ぶ貴重な場です。

 

【遊びコーナーでの対応】

幼児が遊ぶ場所での対応です。順番を待つ子どもたちを並ばせたり、誘導したりしました。

日頃から実習やボランティアで幼児とかかわっている経験が生かされます。

 

 

富士見市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」です。

家族連れがフワッピーと写真撮影をする際にも補助を行い、多くの方に楽しんでもらいました。

 

 

 子どもから大人まで幅広い年代の方が集まるこの行事で、

初めてのことに挑戦したり、これまでの経験を生かしたりしながら、多くのことを学べました。

 

【学生の感想】

・私は富士見市子どもフェスティバルのボランティアに参加し、

子どもフェスティバルの公式Facebookにリアルタイムでその様子をアップすることを担当しました。

今までのボランティアとは違い、様々な年代の方達とコミュニケーションをとる事ができ、

担当の方からも自分たちで作ったFacebookについてお褒めの言葉を頂きました。

とてもやりがいのあるボランティアでした。来年も是非参加させて頂きたいです。(M.Mさん)

 

・いくつもあるブースは、それぞれが個性溢れる楽しい企画ばかりでした。

特に目に止まったのは、イムス富士見総合病院の皆さんの出し物です。

画用紙で作ったナースキャップを子ども達にプレゼントしており

『看護師さんみたい〜』と喜ぶ子どもの姿を見ることができました。

また、実際に救急車に乗って中の見学ができたので、子どもたちにとっても、

貴重な体験ができたのではないかと感じました。(M.Hさん)

「おそとカフェ」に参加しました

あけましておめでとうございます。

今年の冬は、急に冷え込んだり暖かくなったりと、寒暖の差が大きいようですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

教育学部のブログでは、今年も様々な学部の活動、学生さんたちの活躍を、皆様に紹介していく予定です。

ここから興味を持っていただけた方には、ぜひ一度、オープンキャンパスなどにもお越しいただき、活躍している学生さんたちの雰囲気を感じてもらえたらと思います。

 

ということで、今回から3回ほどは、先月紹介しきれなかった昨年12月中の活動を紹介して行きます。

第一弾は、「おそとカフェ」のお話です。

以下は、引率してくれた藤田先生からの報告となります。

「おそとカフェ」は、外遊びをしよう!と板橋区の地域の方が発起人となって始められた活動です。

実行委員会は地元の有志の方が中心となり、東京家政大学の尾崎ゼミ、高齢者のグループ、板橋区役所の方、淑徳短期大学部卒業生で板橋区公立保育士笠井さんが集まり、2か月に1回、板橋区の赤塚新町公園で活動をしています。

10月の「秋のおそとカフェ」に引き続き、12月9日の日曜日、午前10時から14時に開催されました。

教育学部の学生たち5名(パネルシアタークラブPITAPETA)は、淑徳短大卒の笠井さんと一緒に「ようすけお兄さんの弾き語りとパネルシアター」のコーナーを受け持ち、午前と午後と2回公演を行いました。

今回参加してくれた皆さんは、0歳から小学校低学年のお子さんとその親御さん、約50組です。

 

今回のおそとカフェは、「焼き芋をつくろう」がテーマだったので、パネルシアター「焼き芋じゃんけん」と「ジャパニーズクリスマス」を上演しました。

子どもたちは歓声を上げて一緒に楽しみ、上演後も「なぜ絵がくっつくの?」「楽しかった!」と学生たちは子どもたちと良い交流をすることができました。

甘くてとろりしたおいしい焼き芋をほおばりながら冬の公園遊びを子どもたちと一緒に楽しみました。

 

次の開催は2月3日(日)です。

「是非また、次回も参加したい!」「楽しかった!」

との声のもと、参加意欲に燃えていまから準備にかかろうと話し合いました。

ウインターセミナーが開催されました

12月8日(土)、埼玉キャンパスではウインターセミナーが開催されました。

プログラムは学部別で運営されており、ここでは教育学部の様子を紹介します。

このセミナーの目的は、大学生活に向けての不安解消と、入学前課題の内容と取り組み方を理解してもらうことにあります。

そのために、例年、在学生から選ばれた学生リーダーが中心となってセミナーの内容を検討し、運営も行っています。以下、その様子を紹介します。

 

10時から始まったセミナーでは、最初に学部長の加藤先生から、大学の基本理念も踏まえて、教育学部では何をどのように学んでいくのかについてのお話がありました。

その後、簡単に、教員の紹介を行った後は、終了まで全て、学生リーダー中心のプログラムになります。

まず、学生リーダーの挨拶と紹介から始まり、まずは小グループでの自己紹介とゲームなどで、参加者同士の交流を深め、話しやすい雰囲気ができていきます。

 

最初は表情の硬かった参加者も、昼休みになる頃にはすっかり笑顔になり、グループの中での会話も弾むようになりました。

 

午後は入学前課題への取り組み方について、これも学生リーダーから詳しい説明があり、みんな真剣にメモを取りながら聞いていました。

その後、学生リーダーが演ずるパネルシアターを見てもらい、それに続いて、入学後、こうしたゲームやパネルシアターを、保育園や幼稚園、小学校などの子どもたちの前でも披露する機会がたくさんあることも紹介しました。

最後には参加者全員で記念写真を撮って、セミナーは終了となりました。

最初は緊張していたみなさんも、終了する頃にはすっかり笑顔になり、連れ立って楽しそうに帰るグループもできていて、良い時間を過ごしてもらうことができたと感じられました。

 

 

 

チームラボ×淑徳大学教育学部コラボイベントが開催されました


『夜はハロウィンナイト!ブラックパネルシアターワークショップ!!』

10月27日(土)、ららぽーと富士見内にある「チームラボ!学ぶ未来の遊園地」にて、教育学部の松家ゼミの学生がブラックパネルシアターの上演を行い、合わせてワークショップも開催しました。
準備からこのイベントに関わってくれた松家先生からの報告です。

チームラボと淑徳大学は、現在、デジタルとアナログの融合をテーマに共同研究に取り組んでおり、日本で初めての子どもを対象とした常設店であるららぽーと富士見店とは、昨年度から様々な取り組みを行っています。
今回はその一環として、淑徳大学の特色のひとつであるパネルシアターの上演やハンドベル演奏、親子で体験できるブラックパネルシアター制作、ダンスなど、日頃の授業やゼミでの取り組みを生かした内容で実施しました。
およそ2ヶ月間の準備を経て、練習や作品の制作キット作りに取り組んでの本番。会場には満席の親子が訪れ、学生たちは、精一杯観客とふれあい、力を出し切りました。

学生たちからは、
「緊張したが、とても貴重な体験だった。」
「子どもたちが、きらきらした目で真剣に観てくれて、とても嬉しかった。」
「ブラックパネルシアターのワークショップでは、子どもたちが描いた絵がきれいに光って、感動的だった。」
「ハンドベルやみんなでハモった歌は、練習の成果が出て、自分たちでも鳥肌が立つくらいきれいだった。」
「気付いたら、恥ずかしさを忘れて、みんなと一緒に精一杯歌っていた。」
「学生時代にもっともっとパネルシアターを作りたい。」
「またこのような機会があれば、ぜひ参加したい。」
などの感想がありました。
当日に向けての準備や練習、実際の体験を通して、たくさんの学びと感動を得た様子。
ぜひこの経験を今後の学びに活かしていってほしいと思います。

チームラボの方々をはじめ、ご協力いただいた先生方皆様に心より感謝申し上げます。

学園祭とホームカミングデー

10月20日と21日の両日は学園祭でした。その中でホームカミングのイベントも開催されました。

毎年、学園祭では1年生のクラスは模擬店、2年生のクラスは子ども向けの学びと遊びのイベントで趣向をこらします。
同時に、この両日は保護者懇談会・相談会や、卒業したみなさんをお迎えするホームカミングデーのイベントも開催されて、盛りだくさんな2日間となります。

初日の夕方、やや強い雨が降り、ステージの公演が一部中止になりましたが、例年と比べると天気も良く、多くの方にご来場いただいけました。

教育学部とその前身となる国際コミュニケーション学部・人間環境学科のこども教育専攻の卒業生中心に呼びかけたホームカミングプログラムでは、園児向けの作品を作ったり、お互いの近況報告をしながら、困っていることへの対処法について話し合ったりと、有意義な時間を過ごしました。
その後のキャンパス全体の卒業生の懇談会にも多くの方が参加してくださいました。

今年も多くの卒業生が教育現場へと旅立ちます。
これからますます、在学生と卒業生が交流する機会が増えていき、それがまた学部とキャンパスを活性化させていくであろうことを感じられたひと時となりました。