イベントの最近のブログ記事

11月ぴよぴよ遊びの会

少し前のブログでも予告したとおり、

11月18日(月)に開催したぴよぴよ 遊びの会では、今の季節に楽しめるどんぐり工作をしました。

今回は、1~3歳の乳幼児親9組の皆さんが参加してくださいました。

学部からは、養成センターの齋藤先生、大谷先生、前島先生と、幼児教育コース4年生の学生2名が対応しました。

 

 

最初に、ふれあい遊び、手遊び、色かたち遊び、タオル遊びを行った後、「どんぐりケーキ」を作りました。

カットした段ボールに紙粘土のクリームをしぼって、

どんぐりや松ぼっくりを飾ると美味しそうなケーキのできあがり!

かわいいケーキができてみんなにっこり嬉しそうでした。

 

パネルシアターは学生がオリジナルの作品を2作品見せてくれました。

初めの作品は「気持ちを顔に表す」をテーマにした作品で、

みんな「怒る・泣く・笑う」顔をしながら歌に合わせて遊びました。

もう1つは畑からとった野菜を手遊びしながら切っていき、

サラダを作って「いただきまーす!」。こども達も集中して見てくれました。

 

次回は、12月16日(月)にクリスマス会を行います。

11月のぴよぴよベビーマッサージの会

11月11日(月)の午前中、子育て支援ルームぴよぴよにて、ベビ―マッサージ教室を開き、

5ヶ月~1歳未満の乳幼児親子6組の方々が参加してくださいました。

対応に当たったのは、養成センターの大谷先生・斎藤先生・前島先生と幼児教育コースの4年生2名でした。

内応は、

・ふれあい遊び「大きな栗の木の下で」「きゅうりができた」

・オイルを使ったベビーマッサージ

・学生による手遊び「パンダ うさぎ コアラ」

・パネルシアター「もしもどんぐりのぼうしがね」「ひよこちゃん」

・寝ころびアート 写真撮影「落ち葉」

・手形、足形スタンプ

・自由遊び

というものでした。

 

前回に引き続き、同じメンバー6組の親子が参加してくれたこともあり、

1ヶ月ぶりに会う赤ちゃん達の成長を感じながら、足、お腹、胸、手のマッサージを中心にゆっくりと行いました。

マッサージ後はリラックスした雰囲気の中で、パネルシアターをニコニコと見入っていたり、

歌に合わせてリズムを取っていたり、赤ちゃん達は、様々な表情を見せてくれました。

 

学生ボランティアの4年生2名は、お人形でベビーマッサージに参加した他、

手遊びや、手形スタンプを取るお手伝いをしてくれました。

毎回、学生が来て遊んでくれるのを楽しみに参加してくれる方も増えています。

学生にとっても、実習とは違った体験が、今後の学びに生きてくれたらと願っています。

 

会の終了後、赤ちゃん達はスヤスヤと眠り、ママ達は学食でランチをとりながら、親睦を深めていました。

1歳を過ぎたら、遊びの会へと継続して通ってくれる親子が増えていることも嬉しく思います。

 

9月28日(土)に49名(1年生32名、2年生12名、3年生5名)のフレンドシップメンバーが、

三芳町主催の「第9回世界一のいも掘りまつり」に参加してきました。

フレンドシップ学生は、芋版、どんぐり工作、受付、スタンプラリー、

ゆるキャラ、演奏隊等、各担当の場所にに分かれ、いも掘りまつりを盛り上げました。

淑徳大学による「芋版コーナー」では、子どもに好きな型抜きを選んでもらい芋版を作成、

その後、白紙へ芋版を押します。最後に、好きな色の台紙を選び貼り、ペンでお絵描きをして完成です。

一つ一つの工程でフレンドシップ学生が声掛けをして子ども達をサポートしました。

 

芋版コーナー(さつまいもの型抜きは硬くて子どもたちには一苦労)

 

芋版コーナー(好きな色のインクを選び各自芋版を押します)

芋版コーナー(最後に台紙を選び、お絵描きして終了です)

 

共同のまちづくりネットワークみどり環境グループによる「どんぐり工作コーナー」にも

フレンドシップ学生がお手伝いに入りました。

まず、どんぐりへお絵描きをして、松ぼっくりとともに木の台へボンドで貼り付け置物を作ります。

フレンドシップ学生たちは、どんぐりや松ぼっくりが木の台へくっつきやすいように下準備も行いました。

どんぐり工作(お絵描きしたどんぐりをボンドでくっつけます)

 

どんぐり工作(完成作品)

 

演奏隊は、開会式といも掘りまつりの途中の計3回、大串先生を中心に歌と踊りを披露しました。

一緒に参加したゆるキャラ「みらいくん」と「のぞみちゃん」の中にもフレンドシップの学生が入っています。

大串先生と演奏隊、みらいくんとのぞみちゃんによる歌とダンス

 

演奏隊の4名(素敵な笑顔で元気に踊りました!)

 

大人気ののぞみちゃん

 

学生は、役割を前半後半に分けて芋掘りにも参加しました。

みんなたくさんの大きなさつまいもを掘り、お土産に持って帰りました。

さつまいも掘り体験(大きなさつまいもが採れました!)

 

さつまいも掘り体験(今年初参加の1年生もたくさん収穫しました!)

 

当日は、秋晴れの中での開催となり、たくさんの地域の方や子ども達が参加してくれました。

準備から当日の運営、子どもたちへの声掛け、地域の人々との関わりなど、

実際に経験して見なければ分からないことばかりで、貴重な経験をすることができました。

 

【フレンドシップ学生たちの感想】

今回、初めていも掘り祭りに参加して、いも版を担当しました。

大学の授業で一度経験していた事もあり、子ども達をスムーズに誘導し、

いも版で楽しんでもらうことができたと思います。

自分から積極的に話してくれる子も、少し内気な子も、

いも版を楽しんでくれるように工夫をしながら話しかけたりするように心がけました。

最後はみんな笑顔で帰っていってくれたので嬉しい気持ちと達成感がありました。

子どもとの接し方を自分で体験することができたので、いい経験になりました。(1年生、Yさん)

 

私は今回、芋掘り祭りで地域の方々に教えてもらいながら、子供たちとどんぐり工作をしました。

地域の方々にどんぐりについて教えてもらったり、一緒に作らせていただいたことや、

こどもたちが自分でどんぐりに絵を描き、笑顔になっていく姿がとても印象的でいい思い出になりました。

次回も機会があればぜひ参加したいです。(1年生、Mさん)

 

今回初めていも掘りまつりに参加し、演奏隊として三富サンバを踊りました。

子ども達も一緒に踊ってくれてとても楽しかったです!

そして大串先生とゆるキャラ班と一緒に演奏することができ、私達もいい思い出になりました。

去年より演奏隊が少ないなか、一人ひとりが笑顔で楽しく踊り、

会場を盛り上げることができました。ありがとうございました!!(1年生、演奏隊4名より)

 

私は、ゆるキャラとして演奏隊と一緒にダンスを踊りました。

練習の時はモチベーションも低く、あまりやる気がありませんでした。

芋掘り当日も気温が高く、着ぐるみの中はとても暑かったので、最初は早く終わればいいなと考えていました。

しかし、子ども達はゆるキャラを見てとても喜んでくれました。

子ども達の笑顔を見ているうちに楽しくなってきました。

来年もやりたい、子ども達をまた笑顔にしてあげたいと思いました。(1年生、Tさん)

 

着ぐるみを着ることの大変さを知りました。手足が全く動かず、視界も悪く壁にぶつかったりもしました。

しかし、辛い状況下でも元気に頑張ろうと思えたのが、子ども達の存在です。

嬉しそうに近寄ってきてくれる子ども達のおかげでやりきることが出来ました。

来年も頑張りたいです。(1年生、Uさん)

子育て支援ルームぴよぴよ ベビーマッサージ教室を開催しました

10月7日の10時より、子育て支援ルームぴよぴよにてベビーマッサージ教室を開催しました。

今回は、生後5ヶ月~1歳未満の乳幼児親子6組の皆さんが参加してくださり、

学部からは幼児教育コースの2年生7名と、養成センターの大谷先生、齋藤先生、前島先生が対応いたしました。

 

 

◎内容

・着衣で行うふれあい遊び  「大きな栗の木の下で」「きゅうりができた」

・オイルを使ったベビーマッサージ

・パネルシアター 「まんまるさん」「おもちゃのチャチャチャ」

・絵本の読み聞かせ「だるまさんが」「きんぎょがにげた」

・寝ころびアートで写真撮影 「ハロウィン」

・自由遊び

 

◎活動の様子

今回も5ヶ月~満1歳の乳児親子6組が参加してくださいました。

キーボードの生演奏が流れる中、自己紹介、着衣のままでふれあい遊び、レクチャー後、赤ちゃんはベビーマッサージを体験しました。

はいはいやつかまり立ちが始まっている子が多かったのですが、お母さんたちの歌声や心地よい音楽を聴いて、

リラックスした様子でマッサージを受けていました。

休息後、学生によるパネルシアターの実演、図書館に新設された絵本コーナーに移動し、絵本の読み聞かせを行いました。

 

また、ハロウィンが近いので、寝ころびアート用のブースを設け、自由に写真撮影をしていただいたり、

希望者にはタロットカード占いに参加していただきました。

 

 

◎参加者の感想

・動きが活発な時期で、おとなしくベビーマッサージに参加できるか心配していましたが、

 気持ちよさそうにしていたので、良かった。

・いろいろな体験ができて楽しかった。

学園祭に向けて

10月19日(土)と20日(日)は、埼玉キャンパスで淑徳祭が開催されます。

それに向けて、ゼミやサークルではそれぞれ趣向を凝らした発表や模擬店の準備に余念がありません。

 

松原ゼミ2年生は、和紙とポスターカラーを使って子どもたちに遊んでもらうプログラムを考案中で、

その予行演習に打ち込んでいます。まずは自分たちで試してみて、

学園祭にやってきてくれた子どもたちと、どんなことができそうかを考えてみました。

 

教育学部1年生のクラスでは、それぞれメニューを決めて模擬店を出します。

出し物は全て決まっていて、今は、お店の装飾についてみんなで考えているところです。

こちらも是非、皆さんに足を運んでいただければと思います。

藤久保児童館でわくわくあそび隊が公演を行いました

前期は子育て支援プログラムで、幼児教育コースの学生はお子さん達と触れ合う機会がありました。

そして後期になると、わくわくあそび隊として、様々な場所での公演活動が始まります。

今回は、9月26日(木)の午前中に、藤久保児童館で行った公演の様子をご紹介します。

 

今回、参加してくださったのは、未就園児親子12組の皆さんで、

公演に伺ったのは養成センターの沢田先生と前島先生、1年生2名でした。

児童館の先生から「後半はミニ運動会のプログラムなので、前半は座って聴くお話を中心にお願いします」とのご要望をいただき、

絵本、ペープサート「まあるいたまご」、パネルシアター「ドレミのうた」「バナナのおやこ」を行いました。

2歳児が多く、学生の問いかけに答えられる年齢の子どもがいなかったので、反応をひろうのに苦心しながらも、

参加した学生たちは落ち着いた態度でしっかりと演じていました。

後半のミニ運動会も一緒に参加し、学生はおみやげを配るときに笑顔で子どもとタッチをしたり楽しく関わっていました。

 

学生からは、「最初反応があまりなくて不安になったが、後半たくさん子どもたちと関われてよかった。

最後は子どもたちからそばに来てくれて嬉しかった。」

「親子で来ていて静かな子が多く緊張してしまった。

練習時間が少ない中で失敗なく終われたので良かった」という感想がありました。

東日本大震災いわて子ども支援センター主催 岩手公演

8月24日(土)、昨年に続き、ららぽーと富士見でのオリパラ1年前イベントに参加しました。

ららぽーと全体を使って、たくさんの企画が組まれた今回のイベントは、

主催者の目標動員数5万人という大きなイベントでした。 

淑徳大学は、今年2つのブースを使用できたので、上演コーナーには観客席を設置し、

ぬりえコーナーも広く取ることができ、一度に多くの方々に楽しんでもらうことができました。

パネルシアターは、15分/回程度の上演でしたが、上演が終わってからもこどもたちは、

パネルシアターをミニパネル板に貼って遊ぶなどして、学生たちと一緒に楽しんでくれました。

中には遊んでいるうちに次の上演タイムになり、続けて2公演鑑賞して帰る子どももいるほどでした。

こどもたちだけでなく、大人の方々もパネルシアターのやり取りを楽しみ、

仕掛けによる展開の不思議さに感心している様子がありました。

こどものみならず、保護者の方・高齢者の方など幅広い年齢の方に喜んでいただき、とぎれなく大いに盛り上がりました。

ぬりえもSHUKUTOKUMAのスポーツ編を7種類用意して、大人気でした。

学生たちは、こども達とぬりえコーナーやパネルシアターで語りかけたり、

一緒に遊んだりするなかでこどもとのかかわり方や、年齢ごとの発達の違いなどを体験しながらよい学びをしていました。

また、人々が行き交うオープンスペースでのパネルシアターもよい経験になったと思います。

埼玉テレビの取材もあり、10月以降に放映される「埼玉オリパラ特集番組」でこのイベントが紹介されます。

2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、多くの方々によって応援する機運が盛り上がった一日でした。

 

◆学生の感想

□予想以上にたくさんの子どもが集まってくれて良かったです。

 また、子どもたちだけではなく、保護者の方にも興味を持っていただき、

 仕掛けに驚いたり楽しんだりしてくださったのが嬉しかったです!

 幅広い世代が楽しめるパネルシアターの魅力を実感しました。

□子どもたちの自然な反応と笑顔をたくさん見ることができ、嬉しく思います。

 また、公演以外にも子どもたちとの触れ合いや保護者の方とのコミュニケーションも取れ、とても良い経験になりました。

 これからもパネルシアターサークルを通して多くの経験を積み、自らを高めつつ、更に新たな作品にも挑戦していきたいです

□より良く演じるための工夫が回を増すごとにできたことは良かったと思います。

 また、当初は演目になかった作品を臨機応変に組み替えながらできたことも良かったと思います!

□今回は、ショッピングモール内での公演で、マイクを使わずに周りの環境音に負けないように声を出すことが大変でした。

 しかし、互いに協力しあって良い公演になったと思います。

□公演回数も多くて長い1日だったと思いますが、みんなとても良い笑顔で楽しそうで私も嬉しかったです。

 お互いに協力し合う姿もたくさん見られて嬉しかったし、感謝の気持ちでいっぱいです。

 そしてきっとそれらが見てくれている人たちに伝わってすごく素敵な時間になったんだな、とみんなを見ていて思いました。

□自分の反省もたくさんでてきて、これからに活かしていきたいと思える充実した公演でした!!

子ども大学みよし / 2019年度 幼稚園・保育所等合同就職ガイダンス

今回も、2つの記事をご紹介します。

 

【子ども大学:みよし最強のスポーツ!ハンドボールで思いやりを学ぼう】

7月27日(土)、埼玉キャンパスの体育館を会場として、子ども大学みよしが開催されました。

参加してくれたのは、三芳町在住の小学校4~5年生54名、

キャンパスからは教育学部初等教育コースの1~2年生11名です。

三芳町の大崎電気はハンドボール日本一!ということで、

今回は元日本代表キャプテンの東コーチをお招きして講座を開催しました。

ほとんどの子どもがハンドボールが初体験の中、

東コーチが、基本的なルールからパス・キャッチ・シュートの仕方まで、丁寧に教えて下さいました。

学生スタッフも東コーチのアドバイスのもとみるみる上達し、

子どもたちと一緒にどんどん楽しんでいく様子が見られました。

また、コーチの声がけひとつで子どもの表情がパッと明るくなったり、

チーム意識が高まったりする様子を間近で見られたことは、大きな学びとなったことでしょう。

最後は4チームに分かれてシュートゲーム!

ハンドボールを通して、諦めずにチャレンジする気持ちや、仲間と声をかけ合うことの大切さ、

思いやりを学ぶことができました。暑い中での授業でしたが、こまめに水分補給や休憩をとり、

全員が、笑顔で授業を終えることができて、本当に良かったです。

  

■学生スタッフの感想

・三芳町を代表するスポーツを今回子供達と一緒に体験することができて、とても楽しかったです。

・はじめは全く出来なかった子どもたちが、練習していくうちにどんどんコツを掴んで上達していく様子を

 間近に見ることができ、私自身も嬉しくなりました。

・子どもたちが夢中で練習に臨む姿勢や、できた瞬間に見せる笑顔に感動しました。

・私自身ハンドボールをするのが初めてで不安でしたが、子どもたちと一緒に楽しむことができて良かったです。

・写真撮影や解散方法など、連携が甘かった部分もあったので、今後はもっとスムーズできるよう、

 メンバーで声を掛け合っていきたいと思います。

・暑い日の工夫や配慮点についての学びも今後に活かしていきたいです。

・今年度2回目の子ども大学でしたが、一緒ハンドボールを楽しむ中で、

 どんどん仲も深まっていっていると思います。次回の食育講座も楽しみです。

 

 

 

【「2019年度 幼稚園・保育所等合同就職ガイダンス」を開催しました】

7月24日(水)3限に「幼稚園・保育所等合同就職ガイダンス」(3・4年生対象)を開催しました。

ガイダンス当日は、本学部連携園/提携園である9法人11の幼稚園・保育所等に参加していただくことができました。

まず、こども教育学科・学科長の松原先生から開会の挨拶がありました。

幼児教育コースの就職と初等教育コースの就職(教員採用試験)を比較して、

幼児教育コースでは、一園一園、各自が情報収集することが重要であることに触れ、

卒業生の活躍を引き合いに学生たちへエールを送っていただきました。その後、参加園の先生方から、

各園独自の魅力や募集条件、先生方の働く様子や仕事のやり甲斐について説明していただきました。

1園6分ずつと短い時間でしたが、動画や写真、パンフレットを用いた魅力的な説明をしていただきました。

参加園の先生方の個性溢れる紹介に触れ、時に大きな笑いが起き、

時に真剣に話しを聞く学生たちの様子が見られました。

閉会の挨拶では、松家先生よりお話をいただきました。

今回のガイダンスの学びを今後の就職を考える上で活かして欲しいこと、園見学や情報収集、

実習経験の重要性について改めてお話いただき、最後に参加園の先生方への御礼の言葉をもって閉会となりました。

3年生、4年生の置かれた立場は異なりますが、それぞれの立場から、

将来なりたい保育者像について考える良い機会になったことと思います。

●参加園様からのコメント

・参加させていただき、ありがとうございます。学生さんと出会う貴重な機会をいただいたと実感します。

 今後ともよろしくお願いいたします。

・4年生だけでなく、3年生も参加できるというのが、大変有り難いです。

・毎年、ありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 ぜひ、学生の方に沢山足を運んでいただければと思います。ありがとうございました。

・昨年よりたくさんの学生さんの参加でした。とても意欲的に聴いて下さり、よかったです。

 

●学生からのコメント

4年生

・多くの園の子どもの様子や、職員の勤務状況を知ることが出来たので就職の情報として

 とても良い経験になりました、一度に色々な園のお話が聞けたので、

 幼稚園や保育園の様子がとてもよくわかったと思います。他にも色々な園のお話を聞いてみたいと思いました。

 今日はありがとうございました。

・それぞれの園の特色を見ることが出来てとてもよかった。

 改めて自分が働きたい職場環境や雰囲気のビジョンが掴めた気がする。

・今まで、就職に向け何も動いていなかったので、焦りが出てきた。

 また、就職後、色々な不安があったが、楽しそうなスライドや、話を聞き楽しみになった。

・保育園、幼稚園どちらの案内もあってよかった。園によって様々な特色があることがよくわかった。

 気になる人間関係や給料のこと、採用のことなどもしっかりと説明していただけてよかった。

・就職するにあたって一人暮らしをしなければならないので住宅手当等、具体的な話もうかがえてよかった。

 これから実習に行く園もあったので話を聞けてよかった。

 

3年生

・インターネットで調べただけでは、分からない様な、詳しいお話を聞くことができ、大変満足しました。

 幼稚園・保育園と一括りにせず、園によって様々な特色があることが分かったので、

 自分に合った園を見つけられると良いなと感じました。

・今日話されたどの園も子どものことを考えていて、さらに子どもがすくすくと育つために適した環境を

 提供していると思った。また、残業0や持ち帰り禁止など保育士のことをも考えられていて、

 保育士になったら安心して働けると環境も作られていて興味を持てた。

 また、たくさんの園長先生が話してくれたが、みなさん明るく、面白い先生もいて、見学に行ってみたいと思った。

・将来のこと、就活のこと、色々と知れてよかった。すごく不安だったが、

 先生たちが「是非、来てください」とウェルカムな雰囲気であり安心した。

 また、園で学生の面接の練習も手伝ったなどのエピソードを聞けて、

 学生に対してとても優しいのだと、園に対してとても良い印象を受けた。

今年度も淑徳大学を拠点に三芳町の方々と作る講座「子ども大学みよし」が、6月29日に開校しました。

今回の参加者は、三芳町の小学生4~6年生 54名。

迎える学生スタッフは、教育学部初等教育コース1・2年生の12名です。

 

昨年度「埼玉教育ふれあい賞」を頂き、ますますはりきっている学生スタッフは、

この日のために、授業の合間をぬっては集まり、子どもたちと楽しむゲームやワークショップの準備に取り組んできました。

 

当日は、①「入学式」から始まり、②「学生スタッフ進行のゲームによるアイスブレイク」

③「講師と学生スタッフによるパネルシアター上演」④「作品制作」⑤「発表」という流れで進行しました。

 

 

「1年生の学生スタッフによるゲーム」は、新入生セミナーで先輩たちと楽しんだ『新聞紙遊び』と、

新たにメンバーで考えた『カラフルパネル返しゲーム』を行いました。

チームごとに作戦を練ったり競い合ったりする中で、子どもたちとの距離が近づき、仲良くなりました。

 

 

続いて、「2年生の学生スタッフによるパネルシアター上演」は、手品やクイズ、歌などの内容で、

子どもたちは元気いっぱい参加してくれました!

その後、「講師によるブラックパネルシアターの上演と制作講座」では、子どもたちが夢中になって見聞きし、

チームの仲間と自分たちが作りたい作品のテーマについて話し合い、切り絵による作品制作に取り組みました。

完成した作品のテーマは「七夕」「宇宙」「深海」「星空動物園」の4つです。

どのチームも、ライト点灯の瞬間には大歓声が上がりました。

 

 今後、半年にわたって、様々な講師を招いて開催されますが、学生も子どもたちも笑顔いっぱいの一日を過ごし、

第1回目はとても良いスタートが切れたと思います。

 

〈学生からの感想〉

(1年生)

・初めての体験で不安でしたが、先生方や先輩方がとても優しく教えてくれたおかげで、とても充実した日になりました!

・自分たちで考えたゲームを子ども達が楽しんでいる姿を見て、とても嬉しくなりました。

・子ども達のパワフルさに圧倒されましたが、とても楽しかったです!早く次の活動をしたいと思いました!

・前々から準備・企画を念入りにしたので、アイスブレイクは成功したと思います!

・まだまだ子ども達との接し方に慣れていないので、2年生の姿を見習って成長していきたいです!

 

(2年生)

・とにかく楽しかったと思えるのは、当日の協力と事前の準備があったからだと思います。

・子どもたちとの距離、伝えるべきことの伝え方などいろんな事を学んでいきたいです。

・去年参加していた子どもと再会したら、背が伸びていたり、去年より落ち着いて行動していたり、子どもたちの成長を感じました。

・みんなで作品作りをしたことで気持ちがほぐれ、終わる頃には笑顔で自然な会話がたくさんできるようになっていました。

・今後も一緒に楽しみつつ、伝いたい事を素直に受け止めてもらえる関係作りを目指して活動したいです。

・去年仲良くなった子どもも引き続き参加してくれて嬉しかったです!新しい出会いもあり、これからもメンバーで一致団結して頑張りたいです!