資料請求

看護栄養学部田中秀子学部長が日本褥瘡学会 大浦賞(優秀論文)を受賞しました

公開日:2017年12月05日

田中秀子学部長

看護栄養学部田中秀子学部長の論文『結核に罹患している患者の褥瘡発生の特徴と褥瘡保有者の治癒とその関連要因』が日本褥瘡学会 大浦賞(優秀論文)を受賞しました。

田中学部長からのコメント

論文テーマは「結核に罹患している患者の褥瘡発生の特徴と褥瘡保有者の治癒とその関連要因」7年間の臨床のデータをまとめて論文にしたものです。今後もフィールドワークの成果を論文にまとめていきたいと考えています。日本褥瘡学会に感謝申し上げます。

日本褥瘡学会のご紹介

日本褥瘡学会は、褥瘡や創傷の医療に関わる多職種の医療関係者や医用工学研究者が一丸となり学術団体「日本褥瘡学会」として1998年に発足されました。褥瘡の予防から治療まで、広範、かつ多岐にわたる問題について研究、検討を行うと共に、治療経験や問題点についての討議と意見交換の場を提供し、その成果が臨床応用されるよう啓発・教育活動を行なうことを目的としています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる