資料請求

「認知症サポーター養成講座」を開催しました

公開日:2016年12月21日

12月16日(金)、埼玉キャンパスにて「認知症サポーター養成講座」を開催しました。

 「認知症サポーター」とは、誰もがかかる可能性がある認知症について正しい理解を持ち、認知症の人や家族を応援し、誰もが暮らしやすい地域をつくっていくボランティアです。

厚生労働省では、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、「認知症を知り地域を作る キャンペーン」の一環である「認知症サポーター100万人キャラバン」を推進しています。

 この日は、三芳町健康増進課地域包括支援センターより講師の先生にお越しいただきました。

 

 

 DVDで認知症の方の行動事例を知り、自分がその場に居合わせたらどうしたらいいのかを考えます。

また、認知症になった方の不安な気持ちも学びます。

 

 

 大切な人を支え、温かく見守るために、私たちには何ができるのでしょうか。

まずは困っている人にやさしく声をかけること。そんな小さな一歩が認知症になっても安心して暮らせる社会をつくっていくのだということを、講座を通して考えさせられました。

 

 

 認知症サポーター養成講座を修了した学生・教職員には、「埼玉県認知症サポーター証」とその証としてオレンジリングが付与されました。

 

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる