資料請求

淑徳大学 女子柔道部、ソフトボール部監督の東京オリンピックに関する活動について

公開日:2021年09月02日

野瀬英豪 女子柔道部監督

alt文 試合終了後、記念撮影をする野瀬監督と銀メダリスト(柔道男女混合団体戦 )の濵田尚里選手 淑徳大学女子柔道部の野瀬英豪監督は、2016年より全日本柔道連盟強化委員会の女子ジュニア(20歳以下)のコーチを務め、東京オリンピックでのメダル獲得に貢献しました。日本代表選手が多数、五輪開催直前まで本学柔道部へ出稽古に来るなど、本学柔道部員にとって良い刺激となりました。
また野瀬監督は、女子柔道オランダ代表チーム監督とも親交があり、埼玉キャンパスのある三芳町のホストタウン受け入れにも尽力しました。

増淵まり子 ソフトボール部監督

ソフトボール部の増淵まり子監督は現役時代、シドニーオリンピックに出場し銀メダルを獲得、2020年度より日本ソフトボール連盟の理事を務められ、アスリート委員長としてもソフトボールのオリンピック正式種目復帰に向けて尽力しました。これまでにU-23やU-18の監督やコーチを務めた経験もあり、若手の育成にも携わっています。
東京オリンピック期間中は解説や論評等様々なメディアに出演しました。

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる