資料請求

緊急事態宣言に伴う構内立ち入り禁止の延長について

公開日:2020年05月05日

学生の皆さんへ

緊急事態宣言に伴う構内立ち入り禁止の延長について

淑徳大学 
学長 磯岡哲也

淑徳大学は、「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の発令により、4月8日(水)から5月6日(水)まで構内(キャンパス)への立ち入りを禁止いたしておりました。

このたび、緊急事態宣言が延長されたことから、本学としても感染症の状況が落ち着くまでの当分の間、構内(キャンパス)への立ち入りの禁止を延長いたします。

感染防止にあたっては、本学の構成員(学生、教職員、関係者)一人ひとりが危機意識を持ち、大学が一丸となって備え、教育にかかわっていく必要があります。特に、密閉空間・密集場所・密接場面の3つの条件が重なる場を避け、不要不急の外出など日常生活の中での感染リスクを高める行動を慎まなければなりません。

本学でも既に学生の皆さんの健康と安全を最優先し、対面による一斉授業の延期、大学行事の中止など感染防止策を徹底しているところではありますが、皆さんの不自由な時間を早く解消できるよう、また、皆さんの大学生として必要な学習時間を確保できるよう大学全体で取り組んでおります。

学生の皆さんには、引き続き咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策の徹底や自己健康管理(バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠などで抵抗力を高めていくこと)にご留意いただきながら、淑徳大生としての自覚ある行動をお願いいたします。本学の教職員は、皆さんにお会いするのを楽しみにしております。ともに、この未曾有の事態を乗り越えましょう。

なお、緊急で重要な用事により入構が必要な場合には、用件のある部署と電話で約束した上で来校してください。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご協力をお願いいたします。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる