資料請求

地域創生時代の産学官連携シンポジウム「教育の魅力化と地域づくり」を開催しました

公開日:2018年02月27日

淑徳大学地域連携センターでは、2018年2月26日に、千葉駅ペリエ7階の「ペリエホール」にて、地域創生時代の産学官連携シンポジウム「教育の魅力化と地域づくり」を開催いたしました。

 会場には、約80名の大学関係者、自治体、企業関係者にお集まりいただき、「教育」と「地域づくり」をキーワードとした産学官連携の可能性について議論を行いました。会場は、ほぼ満員となり、盛会となりました。皆様のご支援とご協力に、心から感謝を申し上げます。

論点整理 矢尾板俊平(淑徳大学地域連携センター長)

 まず、矢尾板俊平本学地域連携センター長が、現在、千葉市内の大学・短大の皆様と共に準備を進めている産学官連携による地域プラットフォームについての報告をさせていただくとともに、本シンポジウムの論点を整理いたしました。

基調講演① 藤岡慎二氏(株式会社Prima Pinguino代表取締役、北陸大学教授)

次に、藤岡慎二氏(株式会社Prima Pinguino代表取締役、北陸大学教授)より、「教育を核とした地域の活性化〜全国に広がる高校魅力化プロジェクト〜」をテーマに基調講演をいただきました。講演から教育の魅力化が地域づくり、地方創生の大きな原動力となることがわかりました。

基調講演② 山中光茂氏(前三重県松阪市長)

また、山中光茂氏(前三重県松阪市長)より、「市民の意識改革によって進む、地域の現場で生み出す地方創生」をテーマに基調講演をいただきました。山中氏が松阪市長時代に取り組まれてきた「住民協議会制度」を始めとする地域づくりから大きな示唆をいただきました。

パネルディスカッション

その後、豊田聡氏(神田外語大学外国語学部国際コミュニケーション学科准教授)、八木直人氏(敬愛大学経済学部経済学科准教授)、大村健太郎氏(NTT東日本千葉事業部コラボレーション推進部部長)にも加わっていただき、パネルディスカッションを行い、議論を深めました。 ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

  • 開催日時:平成30年2月26日(月)14時00分~16時00分(受付開始13時30分) 
  • 開催場所:JR千葉駅 ペリエホール(ルームB) 
  • 主催:淑徳大学地域連携センター
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる