資料請求

卒業生のみなさまへ

公開日:2020年05月01日

卒業生のみなさまへのメッセージ

社会福祉施設等の現場で働かれている卒業生のみなさまへ

総合福祉学部長 大橋 靖史

政府から「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」が出されたのが令和2年2月13日ですから、そこからでも既に2ヶ月以上が経過しました。その間、施設内で過ごされる利用者の方々の集団感染防止に加え、生活上の不安の低減を図られるなど、厳しい勤務状況の中、緊張が続く多忙な日々を過ごされていることと推察いたします。また、今回は感染症と言うことで「三密」を防ぐことが謳われておりますが、そのために、これまで現場で行なわれてきた利用者の方々との接し方や職員同士の接し方、また勤務形態、衛生管理の形態等、さまざまなことを大きく変えざるを得ない状況となり、大きなストレスを感じられていることと思います。

政府による「緊急事態宣言」はまだ当分の間続くようですが、長期間持続するストレスは疲弊をもたらし、皆さんご自身の健康を損なうことにもなりかねません。日頃であれば、同僚や友人と一緒に食事をされたりお酒を飲まれたり、あるいは、カラオケに行かれたりと、ストレスを低減するさまざまなやり方をとっていらっしゃったことと思います。そうした日頃とられていたストレスへの対処方法がうまくいかないと、心身の健康を維持することが難しくなる場合があります。そのような場合、自己効力感を高めたり、ソーシャル・サポートを高めることがストレス低減に効果があると言われております。一日の仕事を終えられたら、その日うまくいったことをノートに書き留めてみる、あるいは、うなずきや声かけなど密にならないコミュニケーションを今まで以上にとってみるといったちょっとした工夫が大切になってきます。本来の意味とは異なるかもしれませんが、Not for him, together with himは、皆さんが燃えつきることなく、利用者の方々と一緒に心身の健康を維持しながら、この難局を乗り切るために必要なことばなのかもしれません。まだ少し時間がかかるかもしれませんが、感染症との戦いは決して終わりのない戦いではありません。

私たち教職員も在学生も、一線の現場で働かれている皆様方のご活躍を大変誇りに感じております。最後になりますが、利用者の方々、皆さんご自身、そしてご家族の安全と健康をお祈りいたしております。

保健医療福祉の最前線で働く卒業生のみなさまへ

看護栄養学部長 茂野 香おる

新型コロナウィルス感染が全世界で拡大し、世界中の人々の命や暮らしを脅かす事態になっています。最前線の保健医療福祉の現場の混乱については毎日メディアで報じられておりますが、中には、人々の恐怖心が生み出す「差別意識」が余計に最前線で働く人々を苦しめているというニュースもあり、大変心を傷めております。特に深刻なのは、医療福祉従事者自身が感染して医療機能がストップしている施設もあるということです。卒業生の皆さんの施設、身の回りではいかがでしょうか。

平常時でも多忙で超過勤務が多い保健医療福祉の現場では、この災害ともいうべき感染拡大の状況にあって、多忙を極め、休憩時間はおろか、睡眠時間が取れているのだろうかと案じております。様々な意味で、保健医療福祉の場で働く人は本当に大変な状況にあります。世界中で感染予防のための防護具が絶対的に不足しており、施設の中では、ポリ袋をガウンとして代用したり、クリアファイルをフェースシールドに作り替えたり、マスクの不足には再生利用をしたりなど、皆さんの涙ぐましい工夫と努力で、何とか現場が持ちこたえていることもよく理解できます。その中で、クライアント中心主義を貫き、目の前の人の生活・いのちの営みを支え続けていらっしゃる皆さまに感謝いたします。

日本の医療福祉の現場が今のところ崩壊せず、維持できているのは、ひとえに皆さんの職業倫理感と犠牲的精神に依拠しているであろうと推察しております。利他共生の精神を培った淑徳人として、卒業生の皆さんは、ただただ人に尽くすことだけを誇りとして、今のこの状況を耐え抜いているのだと思います。皆さんのご努力と熱意にこころより敬意を表したいと思います。どうかご自身が感染されぬよう、ご自愛いただきますよう心からお祈りしております。

卒業生のみなさまへ

淑徳大学同窓会長 多久島 宏規

今般の世界規模での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府により緊急事態宣言が発出され1ヶ月がたとうとしています。

全国各地で福祉の現場、地方行政の窓口や看護医療現場において、スペシャリストとしてわが身を顧みずご活躍されていらっしゃる卒業生のみなさま、経済活動やライフラインを守るべく日々奮闘されている卒業生のみなさまに敬意を表するとともに感謝申し上げます。

また、この春新たに同窓会員となられた卒業生のみなさまにおいては、卒業式式典の中止をはじめ、友人・恩師との別れの機会が一変し、混乱の中で社会人第一歩を踏み出された不安と無念は、いかばかりであったかとお察し致します。

困難で不便な生活が続く事態に、ご不安やお疲れが溜まっていらっしゃることと思いますが、どうぞご無理をなさらずにご自愛いただき、日常を取り戻した折には、お元気な皆様とお会いできますことを切に願っております。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる