資料請求

次期学長に山口光治副学長(総合福祉学部教授)が就任します

公開日:2021年03月15日

学校法人大乗淑徳学園(理事長:長谷川匡俊)では、2020年11月17日に開催した理事会において、次期学長に山口 光治(やまぐち こうじ)副学長・教授を選任しましたのでお知らせいたします。

就任は2021年4月1日付けで、第12代学長となり、任期は2025年3月31日までです。山口教授は淑徳大学17期生で、本学初となる卒業生の学長就任となります。

山口教授は、社会福祉学を専門として社会福祉における権利擁護や高齢者虐待防止に関する研究など、実践・現場に役立つ研究に取り組んでいます。

淑徳大学社会福祉学部(現 総合福祉学部)を卒業後、介護福祉士、社会福祉士を取得し、東京都や長野県の特別養護老人ホームに勤務しました。日々福祉現場で実践してきたことを研究するべく、淑徳大学大学院で修士を修め、博士後期課程に進みます。そして、福祉職から教育職へ転身し、2004年に本学国際コミュニケーション学部助教授(当時)、2014年には総合福祉学部教授に就任し、2017年からは淑徳大学副学長として、学生厚生や自校教育等を担当し、大学改革を推進しています。所属学会は、日本社会福祉学会、日本ソーシャルワーク学会、日本地域福祉学会、日本高齢者虐待防止学会等で、日本高齢者虐待防止学会では理事を務めています。また、厚生労働省の高齢者虐待防止に関わる研究プロジェクトや自治体の虐待防止研修等へも精力的に取り組んでいます。

【氏 名】 山口 光治(やまぐち こうじ)

【生年月日】 1963(昭和38)年2月24日[58歳]

【任 期】 2021年4月1日~2025年3月31日

【学 歴】
1985年3月 淑徳大学 社会福祉学部(現総合福祉学部)社会福祉学科卒業
1998年3月 淑徳大学大学院 社会福祉学研究科(現総合福祉研究科)
社会福祉学専攻博士前期課程 修士課程修了
2005年3月 淑徳大学大学院 社会学研究科(現総合福祉研究科)
社会福祉学専攻博士後期課程 博士課程単位取得後退学

【学 位】 修士(社会福祉学)(淑徳大学・1998年)

【専門分野】 社会福祉学

【職歴】
1985年 4月 社会福祉法人至誠学舎 至誠特別養護老人ホーム
1987年 4月 社会福祉法人光仁会 特別養護老人ホーム富竹の里
1994年 4月 長野社会福祉専門学校 専任講師
2000年 4月 上田女子短期大学 幼児教育科 専任講師
2001年 4月 国際医療福祉大学 医療福祉学部 医療福祉学科 専任講師
2004年 4月 淑徳大学 国際コミュニケーション学部 人間環境学科 助教授
2009年 4月 淑徳大学 国際コミュニケーション学部 人間環境学科 教授
2010年 4月 同学部 学部長(2014年3月まで)
2014年 4月 淑徳大学 総合福祉学部 社会福祉学科 教授
淑徳大学大学院 総合福祉研究科 社会福祉学専攻 教授
2017年 4月 淑徳大学 副学長(現在に至る)

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる