資料請求

埼玉県教育委員会と連携協力協定を締結しました

公開日:2021年03月31日

埼玉県教育委員会と連携協力協定を締結左:高田直芳教育長 右:磯岡哲也学長

2021年3月25日(木)に埼玉県教育委員会と淑徳大学は連携協力協定を締結いたしました。

本協定は、以下への対応を目的として締結されたものであります。

  1. 教員養成に関すること
  2. 教員の資質・能力向上に関すること
  3. 教職の魅力発信に関すること
  4. 教育上の諸課題

埼玉県が目指す教員養成や教員育成と、より質の高い教員を養成すべく教員養成を行っている私立大学との連携協力の取り組みを推進する内容となっております。

当日は、埼玉県教育委員会(高田 直芳 教育長)と淑徳大学(磯岡 哲也 学長)が、それぞれ協定書に署名し、連携協力協定が締結されました。

本学は、6学部11学科、大学院2研究科を有する大学にあって、11の学科のうち7学科で教員養成を行っていることに大変興味を持たれ、今後の教員養成に期待する旨のお言葉を頂戴しました。本学としても埼玉県教育委員会との連携協力を受け、改めて教員養成を充実させるべく、決意を新たにした次第です。

今後、さまざまな取組みが永続的に展開していくことと期待しております。

埼玉キャンパス 教育学部の特色 教員・保育士養成支援センター

埼玉キャンパスにある教員・保育士養成支援センターでは、教育現場で実際に活躍してきた複数の教員が常駐し、学生が直面する種々の問題へのサポートを行っています。1年次から気軽に訪れて質問や相談をすることができるため、多くの学生が利用しています。教員採用試験対策や保育士資格のための講座のほか、実習やボランティアの現場で役立つ手づくり教材の作成など、センターオリジナルの企画も充実しています。こうした取り組みが実を結び、教育学部では、毎年約6割の学生が小学校教員採用試験に現役合格を果たしています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる