「第二回課外研修:京成ホテルミラマーレ」

第2回 課外研修は、5月23日(木) 「京成ホテル ミラマーレ」で実施しました。参加者は、13名です。
京成ホテルミラマーレのミラマーレは、イタリア語でミラ=望む、マーレ=海の造語であり、バラの品種でもあります。

ホテルの上層階から、千葉市を見渡すことができ、スカイツリーや富士山も見えるそうです。

 

 

まずは、室内を案内していただきました。

「スイートルーム(Suite room) 」

スイートルームは、1フロアに5室のみ設けられており、とても落ち着いた空間でした。
稼働率は高く、お客様が年間を通じてスイートルームに宿泊されます。

 「バリアフリールーム」

京成ホテルミラマーレは、バリアフリーのお部屋を備えており、バリアフリー化功労者表彰
内閣総理大臣賞を受賞しています。
2センチの段差をなくすことが、非常に大変だったとのご苦労を伺いました。

次に、宴会場を見せていただきました。
大宴会場は、四つに仕切って使用することも可能です。

 そして、ホテルマンとして48年間も従事されていた、エグゼクティブアドバイザーの鈴木様にお話しを伺いました。

<ホテルマンの資質として必要なこと>

①   「健康」 =元気、明るさ、笑顔を持っていること

②   「チームワーク」=ホテルは24H365日休みがないため、引き継ぎなどをきちんとし、チームワークができること

③   「清潔感」=身だしなみ、髪の毛などを整えて、お客様に気持ち良く接すること

また、ホテルマンは、以下の三つに徹することが大切であるそうです。
・お客様に「NO」は言わないこと。お客様の要求に対してどれだけ努力したかが重要である。
・「見ざる、言わざる、聞かざる」に徹し、お客様のプライベートを守るため、秘匿を順守する。
・お客様の「顔」と「名前」を覚え、お食事の好みなどを覚えること。

 

その他にも、鈴木様のホテルに就職した経緯など、ホテルでの出来事、個人的なエピソードなども語っていただきました。
学生は、とても興味深い表情で鈴木様の話に聞き入っていました。

今回、ホテルマンを志望する学生もおり、ホテル業界について、ホテルで働くとは、ホテルマンに必要な資質などを学ぶことができ、
学生自身のホテルへの関心が更に高まったようです。

最後に、就職をする学生に向けて、含蓄のあるアドバイスをいただきました。
「自分で就いた職業を好きになること」、自分の志望する企業に就職することができなかったとしても、
好きこそものの上手なれ、自分の仕事を愛し、気持ちよく仕事をすることが大切である。


 



 

 

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ