「バルーンアートを作ろう!」(コミュニティ研究Ⅰ、鏡・八田・野坂クラス)

5月23日(金)のコミュニティ研究Ⅰの授業内にて、バルーンアートの制作が行われました。コミュニティ政策学部の八田和子先生に、お花、犬、ハート、ライオン、うさぎなどの作り方をお教えいただきました。

八田先生によれば、バルーンアートには様々なコツがあるそうです。
たとえば、風船が割れないようにするために最初の段階でよくゴムを伸ばしたり、しっかりと固定するためには、風船をねじる際には引っ張りながらねじればよいそうです。

バルーンアートは想像していたよりも、はるかに簡単に作ることができます。
今回、クラスの学生は初心者でしたが、全員が2,3の作品を完成させていました。

 

授業の後半では、学生も慣れた様子で、それぞれ自分の好きな形の創作バルーンアートを楽しんでいました。バルーンアートの作品は、学生それぞれの個性がにじみ出ていたような気がします。

 

授業の最後には、学生のうちの数名が、発達臨床研究センターにバルーンアートを手渡ししました。子どもたちは大変喜んでくれたそうです。 

(文責:野坂美穂)

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ