「課外研修:千葉テレビ」(引率:青柳先生)

6月26日(木)、1年次生13名が千葉テレビ放送で課外研修を受けました。

会社概要についてご説明いただいた後、スタジオや調整室等を見学させていただきました。

 

学生たちは、スタジオ内で実際にテレビカメラを操作してみたり、キャスター席に着席してみたり、貴重な経験が出来ました。

テレビカメラの操作を楽しんでいた学生たちも、カメラ1台の金額を聞いた直後には、一斉にカメラから手を離していました。

 

館内見学時にはライト等機材の種類や役割、放送時の人員配置、空間活用法などについて、丁寧に説明をしていただきました。

質疑応答時には、次のようなやり取りがありました。

Q「千葉テレビに就職するとしたら、どのような人が相応しいですか?」

A「(私は人事担当者ではないですが、)挨拶や御礼がきちんと言えることが大切だと思います。」

Q「少年野球や高校野球は放送されるのに、なぜ中学野球は放送されないのですか?」

A「放送するにはスポンサーが必要です。中学野球を観てくれる層がいると考えるスポンサーがいなければ、残念ながら番組は作れません。」

Q「千葉テレビに勤めていて良かったと思うときはどんな時ですか?」

A「地元の方に、いつも観ているよと声を掛けてもらえるときですね。」

緊張してしまい、事前に考えていた質問ができなかったと悔いを残した学生もいたようですが、

今回の研修をとおして、普段何気なく見ていたテレビ番組がさまざまな工夫や配慮のもとに作られていたことを学ぶことが出来ました。

(文責:青柳涼子)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ