5/28幕張メッセ サービスラーニング基礎研修

サービスラーニング基礎研修
5月28日(木)「幕張メッセ」

5月28日(木)1年生17名が必修科目になっているサービスラーニング基礎研修に「幕張メッセ」に行きました。幕張メッセは、東京ビッグサイトに次ぐ国内規模第2位のイベントホールであり、年間550万人の来場者が訪れます。企業の見本市、スポーツ、アートなど、最先端の時代のニーズに合わせたイベントが開催されています。

 

ひとたびイベントがあれば、周辺の飲食店やホテルが活発に利用されることになります。平成18年に、それまで行ったイベントの経済波及効果を試算したところ、3614億円であったそうです。その大きさに学生たちも驚いていました。また、イベント運営におけるご苦労やエピソードなどをお話しいただきました。イベントを運営する際には様々な人々が関わっていることが分かって、とても勉強になりました。

2020年に開催される東京オリンピックにおいて、何種目かの競技会場になることも期待されていますが、他のイベントとオリンピックとの兼ね合いや、競合するコンベンションセンターとの棲み分けをどのように考えるといいのかについても教えていただきました。
そして施設見学では、この週末に開催されるアイスショーに向けた準備のため、一部のイベントホールのみ見ることができました。こうしたホールが華やかな舞台に様変わりすることを想像し、学生たちは興味深く見学していました。

 

 幕張メッセの概要については前回のブログ記事もご覧ください。

https://www.shukutoku.ac.jp/seisaku/blog/2013/06/

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ