サービスラーニング基礎研修「千葉市役所:スポーツ振興課」(日野先生)

8月11日(火)、サービスラーニング基礎研修として、千葉市役所のスポーツ振興課を訪問しました(正式には千葉市市民局生活文化スポーツ部スポーツ振興課)。

はじめに千葉ポートアリーナにて、生活文化スポーツ部全体の業務概要や指定管理者制度等をご説明いただいた後、施設内を見学し、スポーツ施設の管理運営について学習しました。

続いて、市民スポーツの推進の観点から、スポーツイベントの開催支援、トップスポーツとの連携等の施策について、ご説明いただき、本学が取り組んでいる長谷川良信記念市長杯争奪車椅子バスケットボール全国選抜大会をはじめとして、障がい者スポーツの推進策についても学びました。

その後、千葉ポートアリーナから千葉市役所本庁舎へ移動し、スポーツ振興課の執務室を見学しました。実際の職場風景を見ることもでき、特に公務員志望の学生は良い体験になったといえます。

今後、千葉市としても、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、千葉市民であることに誇りを感じてもらう事業の実現に向けて取組みを進めるとのことで、スポーツ振興課の果たすべき役割がより一層大きいものになると思われます。



 

公務員にとって不可欠な能力は「調整能力」。コミュニケーション能力はもちろん、様々な利害関係等を調整する能力を身につけることが大切であり、そのためには学生時代に様々な経験を積むことが重要であると、改めて思いました。公務員を目指す学生にとって、今回の研修は大変有意義なものとなり、公務員試験へのモチベーションを高めることにもつながったようです。

最後に、スポーツ振興課の皆様、猛暑のなか、また、ご多忙のなか、ご対応いただきまして誠にありがとうございました。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ