「ちば県民だより(令和元年5月号)」への掲載(担当:日野勝吾准教授)

 5月1日付発行の「ちば県民だより」にケーススタディ・ワークショップ活動(大学生向け消費者教育)が取り上げられました。毎年5月は「消費者月間」として、県内の各自治体において様々な消費者啓発活動が行われています(消費者保護基本法(消費者基本法の前身)が昭和43年5月に施行されたことから、その施行20周年を機に、昭和63年から始まっています)。その一環として、 ケーススタディ・ワークショップ活動の取組みが取り上げられました。(文責:日野)


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ