幸町1丁目「若者文化に触れよう」発表・交流(担当:本多敏明准教授)

 10月16日(水)、「ケーススタディ」(本多クラス)が年間を通じて関わっている千葉市美浜区幸町1丁目にて地域の高齢者を対象とした発表・交流を行いました。場所は「ふれあい交流館」という約70名の住民ボランティアが運営している「地域住民の居場所(地域カフェ)」をお借りして、学生たちが「若者文化」を紹介し、学生との交流だけでなく、帰宅後に孫などと共通で話せる話題作りをめざしました。内容は、赤ちゃんに変身できるスマホの写真アプリでの撮影(顔のしわがなくなったと好評)と写真プレゼント、タピオカ・ドリンク試飲(太いストローを持ち帰る人も!)でした。予定時間より30分早く終わるハプニングもあり複数の反省点を自覚しながらも、参加者の喜びの表情やなにげない感想から、地域の身近な「居場所」が高齢者にとっても重要なことを、直接の交流から体験的に感じ取ったようです。なお、内容は昨年度に千葉3学部合同で実施した多職種連携事業をヒントにしました。関係の先生方に感謝申し上げます。(文責:本多)


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ