キャリア意識の涵養~キャリア支援センター職員&先輩学生~(担当:本多敏明准教授、八田和子准教授)

 10月11・18日(金)、「コミュニティ研究Ⅲ」(本多・八田クラス)では2週にわたってキャリア意識の涵養を目的として、キャリア支援センターの石坂職員、学科の先輩にあたる4年生の橋本さん、木村さん、土屋さんの3名からお話を伺いました。石坂さんからは主に学生時代にがんばったことがどの会社でも必要なので今からサービスラーニング経験等をどんどん積んでほしいことや、今年度のコミュニティ政策学科の就職状況が好調である点など、1年生向けの内容のお話をしていただき、今後キャリア支援センターに訪れやすい雰囲気を作ってくださいました。翌週は、「大手企業」(キャリア支援センターの分類)に内定が決まっている3名の先輩から、エントリーする会社の選び方は十人十色であること、就職活動にかかる費用、手帳やメール機能をフル活用したスケジュール調整力が必要なこと、インターン参加経験が行きたい/そうではない企業選びに役立ったこと、3人とも複数回のサービスラーニング経験が就活に必要な基礎力を身につける機会だったかもしれないことを話していただきました。学生からは、ためになるお話だったとの感想がきかれました(文責:本多)


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ