君津市「消費者大学」への出講(担当:日野勝吾准教授)

11月26日(火)、君津市主催の「消費者大学」(公開講座)にケーススタディの学生が出講しました。

これまでのケーススタディの学びを活かし、一般消費者に方々に対して、消費者法、特に食品ロス削減推進法(10月施行)や持続可能な消費について学んでいただこうとの想いで出講をしました(テーマ:「私たちのくらしとSDGs(持続可能な開発目標)」)。

市役所職員との打ち合わせや事前練習、受講生に合わせた話し方の工夫など、いろいろと苦労を重ねましたが、講義当日は受講者に対して平易な表現を用いつつ熱心に語りかけており、また、受講者にも考えさせるワークなども盛り込んでアクティブラーニング型の講義を展開していました。

学生のみによる出講ということで、良い意味で緊張感溢れる講義でしたが、初めての講師役として楽しく取り組んでいたようです。

君津市役所や君津市消費者の会の皆様より、こうした貴重な機会を与えてくださったこと、改めまして厚く御礼申し上げます。(文責:日野)

 

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ