2020年3月アーカイブ

 2019年度から、京都文教大学・埼玉工業大学との連携で内閣府「地方と東京圏の大学生対流促進事業を行っています。
 2019年度京都文教大学主催の事業として、「ともいきフェスタ2019~大学と地域の連携を学ぶ(2019年12月13日(金)~12月15日(日))」と「京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ(2020年2月17日(月)~21日(金))」へ本学学生が参加してまいりました。また、「京丹後の魅力発見・発信ツアー(2020年3月9日(月)~13日(金))」は新型コロナウイルスの感染防止のため、中止となりました。


〇「ともいきフェスティバル2019」で発表、出展大学と地域の連携を学ぶ

  12月14日(土)、「ともいきフェスティバル2019」(於、京都文教大学)において同時開催された「第7回 浄土宗宗門大学社会連携企画報告会」に本学学生2名(うちコミュニティ政策学部学生1名)が本学のサービスラーニングの取組について報告を行いました。

 前日13日(金)からは早朝より浄土宗総本山知恩院を参拝し、その歴史や建造物の由来、おつとめの内容について学びました。午後は平等院の見学の後、京都文教大学の学生さんたちと周辺地域の散策および昼食を通じて交友を深めました。
 ともいきフェスティバル当日、浄土宗宗門関係大学の全国9大学の学生が一堂に会し、各大学の特色ある体験学習の取組についての報告を行い、ポスター展示を行いました。
 本学の学生たちは他大学の学生との交流を通じて文化や風土など、千葉と京都の地域資源の違いを体感的に学び、報告会を通じて多様な学び方があることを知ることができました。(文責:伊藤)


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、学生からの活動報告

 今回の京都南部自治体ワークショップで学んだことは、まちづくりというものはとても難しいということである。私は、久御山町というところの施設に持たせる機能にはどのような機能があれば良いのかという課題に対して取り組んだ。その中で、様々なことを一度に行うことは難しいと思い、将来持続可能性がある機能について重点的に考えた。まちづくりは、様々な形で存在しているためこれが正解ということはない。この正解がないからこそ様々なアイデアを浮かべそのアイデアに対する話し合いを重ねることが必要であると思う。
 今回のグループは、様々な意見が出たグループだった。このため、いろいろな角度からの見解や見方に新鮮さを感じることができた。
 発表の後のフィードバックでは、自治体の方から様々なコメントを頂いた。それを読み、もう少し発表の工夫が必要と感じた。(文責:手崎亮佑(参加学生))


久御山町役場背後から


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、埼玉キャンパスとの振り返り会の実施

  2月27日(木)、埼玉キャンパスと合同でワークショップの振り返り会を実施しました。どのような学びがあったかについて、以下の嬉しいコメントがありました。

・様々な新しい経験ができて視野が広がった
・プレゼンに対しての大人の意見を知ることができて、今後はそういう点も考えていきたい
・他の人の考え方の違いを知ることができた
・リーダーシップを取ることも大事だし、それをサポートする役割も必要という、チームワークの取り方の実践ができた
・そのときの自分の役割を把握し、それに応えることができた
・これから困難に直面したときも今回の活動で得たことをもとに克服していけるのではないか
・東京の文化(たてわり)を京都へ伝えることができて、こうしたことが東と西で対流することの意義だと思う
 また、実際にワークショップへ参加された竹中徹准教授(経営学部観光経営学科)より、今回のワークショップでは、全員が自分の役割を認識した本来のリーダーシップを発揮することができたという総括を頂きました。
 振り返り会を通じて、多くの学びがあったこと、学生同士の交流で仲良く過ごすことができたことなどが分かり、たいへん嬉しく思っています。(文責:松野)


 昨年7月にコミュニティ研究Ⅱ(1年生必修科目)「キリンビバレッジコース」の取り組みの一環で、キリンビバレッジ株式会社東京支社、千葉支社の協力を得て、「生茶」に合うお惣菜を地元のスーパーせんどうに提案しました。その中から本学学生の「麻婆唐揚丼」と生浜高校生の「千葉県産海苔コロッケ」が2020年2月から販売されることとなりました。
 そこで、3月にせんどうさんで応援販売会が検討されていることから、提案した学生と生浜高校生で2月19日(水)に大学で準備会を行いました。
 まずは当日の流れ、POP作成に際して考慮すべきことなどを確認しました。そして、応援にかけつけてくださったキリンビバレッジさんから、3月3日(火)リニューアルとなる「生茶」のコンセプトをご紹介いただきました。
 高校生・大学生は試行錯誤を経て、様々な思いの詰まったPOPを完成させました。
 POP作成後にはキリンビバレッジさんから実演販売の方法を教えて頂き、学生たちは実際に練習を行いました。
 こちらのお惣菜は2020年9月までせんどう全店で販売される予定です。このような貴重な機会を与えてくださったせんどうさん、キリンビバレッジさんにお礼を申し上げます。(文責:松野)

POPの思いを説明


実演販売の練習

 主体的に地域や大学の課題への学生の取組みを支援する学生提案プロジェクトをスタートさせ、「しゅくとも」(アドバイザー:矢尾板教授)・「みんなのおもちゃばこ」(アドバイザー:青柳准教授)が2019年度採択されました。以下、活動内容をご覧ください(文責:松野)。


◆しゅくとも

 2018年度には「千葉県立生浜高等学校と淑徳大学との教育連携に関する協定」が締結されています。
 しゅくともの活動は、月に2日程度、生浜高校へ行き学校生活などに不安のある生徒に向けてコミュニケーション練習会や相談会を行うというものです。この活動によって、生徒たちの苦手意識を軽減させ、高校への定着率・出席率向上を目指しています。10月には龍澤祭に生徒を招き、大学を案内しました。
 2020年度以降も大学生を募り、この活動を継続していけるよう、より活発に活動していきたいと思います。(文責:中村達哉)


◆みんなのおもちゃばこ

 私たちは子どもの居場所と地域住民の多世代交流の場づくりを目指して、千葉市緑区にあるコミュニティスペース「みんなの広場」を会場に、毎週1回、子ども対象の工作教室を開催してきましたが、9月からは月1~2回、鎌取コミュニティセンターで行われている子ども食堂「まんぷく食堂」のスペースをお借りして工作教室の活動をすることになりました。12月13日には、同じく学生提案プロジェクトの「しゅくとも」の方々にも参加していただき、今後の活動について意見交換を行いました。今後は、「しゅくとも」さんの活動に参加する高校生にも本活動に参加いただき、より多世代の方が交流する機会になる活動にしていきたいと思っています。(文責:土屋理紗子・木村奈々子)

  

「春」をイメージした壁の装飾                     


 千葉日報社主催の「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)」に、コミュニティ政策学部の学生が参加しています。CUPは千葉日報社の社会貢献活動の一環で実施されており、今年は敬愛大学、淑徳大学、聖徳大学、千葉商科大学、帝京平成大学、東京情報大学が参加校です。
 2月26日(水)、開講式へ参加学生3名と出席してまいりました。当日は、開式の言葉、主催者挨拶から始まり、参加大学紹介もありました。その中で一人一人が意気込みを述べることになりました。突然の振りだったにもかかわらず、学生たちは前向きなコメントを発することができました。また、他の学生の意気込みを聞くこともとても良い発奮財となりました。
 この後、記者研修・記事作成・スポーツ記者取材・特別インタビュー取材など魅力的な取組が続きます。学生たちがどんな記事を書くのかとても楽しみです。(文責:松野)

この様子は千葉日報にも取り上げられました。以下はリンクです。

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/670590



2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ