コミュニティ政策学部の授業を覗いてみよう、シリーズ①「限界費用ゼロ社会」(担当:松野由希准教授)

 7月22日配信ブログ(https://www.shukutoku.ac.jp/seisaku/blog/2020/07/post-335.html)で紹介したように、1年生向け必修科目では、対面授業が叶わない中、オムニバス形式で各先生が自身の紹介と専門分野を交えた課題提示という形で授業を展開してきました。
 そこで、このシリーズではどのような授業内容が行われたのかについて、いくつかご紹介していきます。第1回目は「限界費用ゼロ社会」についてです。
 コロナ禍においては、映像で指摘した状況がさらに浮き彫りになっている、それとともにリアルの価値・コミュニティの価値というものがますます重要となってきていると考えます。社会の課題解決のために何ができるのか、サービスラーニング活動を交えながら一緒に考えていきましょう。(文責:松野)

 

授業映像:https://youtu.be/MhMLPkOGN8U

解説動画(前半):https://youtu.be/z65YaUqBaXo
解説動画(後半):https://youtu.be/uZSh7gtAk38


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ