千葉日報学生記者、スポーツ記者研修(担当:松野由希准教授、石綿寛助手、松崎滋課長補佐(地域連携室))

 千葉日報社主催の「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)」に、コミュニティ政策学部の学生が参加しています。9月2日(水)にスポーツ記者研修が主催され、今回は学生1名ずつ、現地・Zoom参加しました。現地参加した手﨑亮佑君に体験レポートを寄せてもらいました。
―――

 ジェフユナイテッド市原千葉の記者研修に参加し、佐藤勇人氏へのインタビュー、スタジアムの見学・試合後の監督の記者会見をZoomで視聴しました。
 アビスパ福岡との試合は引き分けで連敗を3で止めました。新しい観戦様式として大声・ハイタッチなどの接触応援が禁止されていました。サポーターの参加が例年の平均と比較して2割程度であるにもかかわらず、拍手の量は今まで通りの迫力でした。
 佐藤氏とのインタビューでは、話を深めることを意識して、具体的な内容を聞くことができました。自分と向き合うための学生へのアドバイスとして、チャンスが来ると信じて常に準備をするとおっしゃっていて印象的でした。
 今回の記者体験を通して、一つのインタビューから多くの情報を引き出す重要性を学びました。大学で実施した取材では、緊張して一問一答になりがちでした。その悔しさをバネに落ち着いて深く質問することができたのでとても良かったです。(文責:手﨑)

記事をクリックすると全文を読むことができます。


千葉日報2020年9月25日付掲載(掲載許可済)


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ