おゆみ野地区のまちなみ視察(担当:矢尾板俊平教授、松野由希准教授)

 矢尾板・松野コミュニティ研究ⅢGクラス(一年次必修)では、淑徳大学・大正大学合同フィールドワークの一環で、地域マネジメントについて、区役所や地域運営委員会のリーダーへのフィールドリサーチを予定しています。
 そのために千葉市の地域の状況を知ることを目的として、10月1日(金)はおゆみ野地区のまちなみ視察を行いました。淑徳共生苑・泉谷公園・淑徳大学第二キャンパス・白旗地域とバスで回りました。
 見学の過程で大規模ニュータウン開発の経緯、従来からのまちなみと開発によるまちなみの違い、その手法などについて理解を深めました。泉谷公園では少し散策を行うこともできて、対面授業も少ない中で一年生の交流を深める貴重な機会ともなりました。
 こののち、オンライン・対面により地域の方々のお話を聞くことになりますが、今日見学した風景を思い出しながら理解を深めていくことを期待しています。(文責:松野)

泉谷公園にてまちづくりについて解説

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ