イベント報告の最近のブログ記事

 8月3日配信ブログ(https://www.shukutoku.ac.jp/seisaku/blog/2020/08/post-338.html)に引き続き、1年生向け必修科目における、オムニバス形式の授業紹介です。第4回目は「マスク配布政策」についてです。
 新型コロナウイルスの感染拡大は,働き方にとどまらず普段の生活様式にまで変化を強いられ,人々の行動パターンに大きな制約を課すことになりました.現在,何をするにおいても様々な場面でコロナウイルスの弊害に直面し,自身の行動の是非に悩まされる状況に置かれています.学生の皆さんには,このような状況下だからこそ,逆境を糧とし,社会の変化にしっかりと向き合い,何が起こっていて,何が求められ,何をすべきかについて学び考える大切な機会にして欲しいと思います.
 1年次配当科目「コミュニティ研究Ⅰ」第6回授業では,本年4月1日に発表された布マスク2枚の全戸配布の是非について考えてもらいました.「アベノマスク」と揶揄されたこの政策は,各国政府が現金給付による国民への経済的支援を検討していたなかで,経済的支援に先んじて発出された緊急対応策であったこともあり,国内外から否定的に受け止められた向きがあります.しかし同時に,当時はマスクの供給が追い付かず品薄状態にあり,マスク不足が人々の感染リスクへの不安を喚起していたことも確かでしょう.

 あくまでマスクが他者への飛沫感染防止に十分効果があることが前提となりますが,経済学における「負の外部性」という考え方からマスクの効果を考察してみると,人々がマスクを購入・着用することの手間やわずらわしさといった負担(内部費用)を受け入れることは,周囲の人々に対する感染リスクを低下させ,感染がもたらす心身の不調や治療費の支払いあるいは死など,本来は被る必要のなかった負担(外部費用)を抑制することにつながると考えられます.政府は負の外部性のような「市場の失敗」を改善する役割を担っており,布マスクの配布という政策決定は,政府の役割からすれば,そこまで筋の通らないことでもないかもしれません.

 学生に布マスク配布の是非についてアンケートをとったところ,各種の世論調査と同様に,否定的な意見が多数を占めました.その理由としては,「マスクの到着が遅い」,「まずは困っている人々の経済的支援を優先すべき」といった意見が多く寄せられました.確かにマスクの全戸配布については,決定からその後の対応が迅速であったとはいえず,不良品の回収騒ぎまで生じたことは,政府のマスク供給企業への監視を怠ったことによってモラルハザードに似た問題が生じたと考えることができるでしょう.またマスク配布政策は,その後に緊急事態宣言の発令により他者との接触の機会が減少したことにより,政府が期待していたほど負の外部性を是正する効果は得られなかったかもしれません.そうした観点からは経済的支援を優先すべきという声は妥当なものでしょう.

 授業のねらいは①初学者にはいささかイメージのしづらい経済学という学問領域への理解を深めるために,身近な事例を通じて経済学的アプローチに触れてもらう,②今後の大学生活・社会人生活に必要となる課題発見のスキルや提案力を醸成するといったものでした.多くの学生が,本授業における問題提起に真剣に取り組み,自身の意見について根拠を示しながら提示してくれました.実社会に目を向け,自身の中にある問題意識に向き合うことで,多くの気づきを得られるよう,引き続き学びの機会を提供していきたいと思います.(文責:伊藤)

 8月29日(土)に、「TDRの旅」をテーマとした企画作りプログラムの第3回ウェブミーティングを実施しました。
 今回のウェブミーティングには12名の学生が参加し、前回に引き続き三橋さんから「TDRの旅」をテーマとした企画作りのヒントを沢山頂きました。今回は、マイクロツーリズムにとどまらず、「With コロナ」をキーワードに「Go to トラベル」や「ディスカバー千葉」など、観光産業に対するキャンペーンの話について伺いました。また、「サブスクリプションサービス」やSWOT分析など、ひとつの企画に対して様々な検討を重ねること、売上の前年度比との比較やホテルの稼働率など利益にかかわる重要な話を聞くことができました。
 企画を作る上で大切なことは「ターゲット」だということで、誰を対象とする企画なのかをはっきりさせて行く必要性があることを学生一同実感した回でした。また、「舞浜・新浦安」ならではの興味深い話もあり、初参加の学生も楽しく参加できているように思います。その話からイメージを膨らませることで、企画へのヒントに繋げられているように感じました。

 今年度も昨年同様にWebアンケートを活用します。8月中にSlack上で学生同士、何度も改善提案を重ね、Webアンケートを完成させました。千葉ロッテマリーンズ・淑徳大学スペシャルナイタープログラムにご協力いただき、9月2日のスペシャルナイターで1000枚のチラシを配布しました。アンケートの結果を含め、より良い企画を作っていくことが出来たらと思っています。私も今年で2年目の参加ですが、最上学年として後悔のない企画を作っていきたいと思います。(文責:SA長谷部)

 松野CSWSでは、地域の現状把握、課題解決について考えることをテーマとしてゼミ活動を行っています。8月29日はオンラインでの「千葉市の地域公共交通に関する市民ワークショップ」へ参加しました。
 住民の方からは、実際に千葉市の公共交通を利用していて、雨天時のバスの時間の確かさが確保できない点、車内の混雑、目的地が千葉駅となっており、横断的なネットワークとなっていない点などが指摘され、たいへん勉強になりました。
 千葉市外居住のゼミ生からは、千葉市の公共交通のイメージ、千葉市での公共交通の利用状況について話していました。
 ワークショップを通じた学生の感想は、「色々な世代の方達と楽しみながら議論することができた」「自分に身近でも知らなかったことなどたくさん知ることができた」「様々な観点から意見を出すことの大切さ、わかりやすく話す方法などを学び取れた」「公共交通を維持するための厳しい状況についても知ることができて、使っていかなくてはならないと知った」などでした。
 今後も地域公共交通のことについて学びを深めて行き、地域課題解決へとつなげていきたいと考えています。(文責:松野)


 コミュニティ研究Ⅱ「公共施設のマネジメント」コースでは、 8月21日(金)(13:00~15;00)は、Zoomを使って、千葉市役所の資産経営課の遠藤貢主査から、千葉市におけるファシリティマネジメントの現状について説明があり、学生との質疑応答を行った。千葉市としては、小中学校を見直しの資産とし、公の施設の統廃合に積極的に取り組んでいる状況が説明された。

 続く8月28日(金)(13:00~15;00)は、感染防止対策に十分配慮したうえで、千葉市財政局資産経営部の遠藤貢主査ほか2名の職員により公共施設のファシリティマネジメントのワークショップを実施した。

 架空の市及び地域をモデルに、15年後及び30年後のまちづくりをイメージし、その時に必要な施設の整備、統廃合を市長や公共施設管理公社、公民館利用者、図書館利用者等の役割を決めて、この後の施設の在り方について協議した。(文責:鏡)

「公共施設のマネジメント」

 このコースは、キリンビバレッジ株式会社、株式会社ゴーゴーカレーと組んで、「午後の紅茶」と「ゴーゴーカレー」に合うトッピングを提案するゴーゴーティーカレープロジェクトです。
 新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けて、プログラムの見直しを行い、夏休みにゴーゴーカレーのレトルト商品を送付し、自宅でトッピングのアイディアを考えることになりました。また、企画開発の過程で、「GAIBS」(ビジネススクール)の7つのWEB講座を視聴し、商品の企画・開発、マーケティングについて学んできています。そうした学びを通じてトッピング提案スライドがぞくぞくとSlack上へ報告されてきています。
 8月28日は、31日のゲスト向け発表のために、①ゲストへの質問、②トッピング発表を、グループワークを通じて行いました。楽しそうにグループワークに取り組んでいました。今日のワークを通じてスライドの更新を行い、31日の発表を迎えます。(文責:松野)

初めてグループワークを行いました。

 8月13日(木)に第6回千葉ロッテマリーンズ・淑徳大学スペシャルナイタープログラムをウェブミーティング形式で実施し、8名の学生が参加しました。
 本日の勉強会では、入場ゲートでのサンプリングと三密を避けたPR方法として応援動画の作成について検討しました。
 入場ゲートでのサンプリングについては、どういったものを配布するのか、どういった形で配布するのかが課題に上がり、夏らしさを感じさせる「うちわ」は飛沫を飛ばす可能性があることから相応しくなく、マスクを配布するという、これまでの夏のスポーツ観戦とは異なるCOVID-19流行に対応した封入物にすることになりました。また、三密を避けたPR方法については、各自で応援メッセージを作成し、その写真を寄せ集めた形で動画化すれば、制作過程においても三密を避けたPRが可能との意見がまとまり、動画のための素材作りにとりかかることとなりました。
 COVID-19流行当初はスペシャルナイターの開催自体危ぶまれましたが、これまで蓄積されてきた知見を活かして、新しい生活様式に対応した様々な方策が学生たちから提案されており、その成長がうかがわれます。(文責:村上)


 1年次配当科目「コミュニティ研究Ⅱ」では,企業や自治体が実際に抱えている課題とその解決策の実践例を題材に学びを深めています.その中で本コースでは、IoT,AI,ロボット技術などを活用して社会の課題を解決する事例を学びながら,独自のビジネス提案ができる人材育成を目的に授業を展開していきます.
 7月31日(金),コース別学習の初回授業はZoomを使った遠隔授業にて実施しました.授業の内容は①昨年度の実施概要(旧「NTT東日本コース」)の紹介,②本コースのガイダンスおよび学修計画の説明,③参加学生の自己紹介の3部構成で展開されました.
 ①昨年度の実施概要では,現地訪問を行った香取市佐原が有する観光資源および問題,地域活性化策について説明し,課題解決がどのように実践されているかについてイメージを持ってもらいました.②ガイダンスでは,IoT技術が今後さらに重要性を増してくることに言及し,今後の授業において,NTT東日本のIoTサービスを事例に,実証実験を行いながら,新たなサービス提案を本学や企業,自治体に対して行っていく計画であることが説明されました.以上の説明を受け,③学生からは,地域活性化ノウハウならびにICT,IoT技術に対する知識の修得や課題提案力の向上など,様々な面での学習成果に期待の声が寄せられました.
 本コースは昨年度から名称を変更し,より学生のアイデアや自主的な学びが促されるような仕掛けづくりを準備しており,その内容については逐次学びの様子をご紹介させていただきます.コロナ禍において地域・社会の在り方,教育の在り方が変容している中で,実践的な学びの機会を引き続き提供できるよう,学生の手助けをしていきたいと思います.(文責:伊藤)


 8月9日(日)に、「TDRの旅」をテーマとした企画作りプログラムの学生主体ミーティングを実施しました。
 昨年に引き続き、今年度もホテル利用に関するアンケートを実施することになりました。また、9月2日(水)淑徳大学スペシャルナイターにおいてもアンケートを依頼するチラシの配布を検討しております。そのため、本日の活動では主に、企画作りの際に利用するアンケートの質問項目の改善点などについて話し合いを行い、6名の学生が参加しました。 
 今年度は、昨年度までの同時期の活動とは異なり「コロナ禍」と言うことを踏まえながら、アンケート作成をはじめ、企画作りの準備を進める必要があるため、どのような質問項目を設ければ自分たちの企画に生かすことができるのかなど、様々な観点から学生主体で意見交換を行うことができました。とても良い機会だったと思います。
 本日の意見を踏まえてアンケートを作り上げています。(文責:SA矢島)

 8月6日(木)に第5回千葉ロッテマリーンズ・淑徳大学スペシャルナイタープログラムをウェブミーティング形式で実施し、8名の学生が参加しました。
 本日の勉強会では、スペシャルナイターで実施可能な淑徳大学のPR方法について検討しました。例年であれば球場周囲などに学部の特色等を反映した企画やイベントブースなどを設け、観客の皆さんに淑徳大学をPRすることが可能でした。しかし、本年度はCOVID-19の感染抑制のため、三密を避けたPR方法を検討しなければなりません。このため、本日の勉強会で実施したグループディスカッションでは、どういった内容をPRの軸とするか、PR素材としてどういったものを使用するか、三密を避けたPR方法としてどういったものが可能かを議論しました。
 学生からは淑徳大学と地域とのかかわりをPRしてはどうかとの意見が出たほか、これまで行われてきた活動を記録した画像や動画を使用すれば遠隔下で作業が可能ではないか等の意見が出ました。
新しい生活様式と両立したイベント実施の難しさを実感しつつもできうる方策を模索することで、学生たちは良い経験を積んでいるようです。(文責:村上)


 8月3日(月)に第4回千葉ロッテマリーンズ・淑徳大学スペシャルナイタープログラムをウェブミーティング形式で実施し、13名の学生が参加しました。
 本日の勉強会では、スペシャルナイターの実施日が9月2日水曜日に決定したことを受けて、COVID-19の感染抑制に対応したスペシャルナイターのあり方について検討しました。三密を避けた今年度実施可能な企画を検討した結果、入場ゲートでのサンプリング及びコンコースの限定されたスペースの利用を軸に企画を検討することになりました。これを受けて今回のグループディスカッションではCOVID-19の感染抑制対策とともにどういった目的の下で企画を実施するのかということを踏まえて、(1)入場ゲートでのサンプリングでどのようなことをするか?プレゼントを配るのであれば、どのようなものを配るか?(2)コンコーススペースをどのように使うか?について検討を行いました。
 学生からは感染症対策をきちんとしたうえでの球場で利用できるグッズ配布などの提案がありましたが、特に(2)については人が密になりやすいことから実施しない方が良いのではないかとの意見も出ました。
 東京都中心にCOVID-19の感染者が増加傾向に転じている中で、安全に野球を楽しむ環境を準備する難しさを感じながら企画の立案が行われています。(文責:村上)


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ