イベント報告の最近のブログ記事

 7月6日(土)に、第19回目を迎えた「白旗七夕祭り」を白旗町内会、白旗商店会と本学との実行委員会で開催しました。当日は、コミュニティ政策学部コミュニティ研究ⅠF(野田・伊藤クラス)、コミュニティ研究ⅠG(矢尾板・松野クラス)、ケーススタディ(矢尾板クラス)、ワークショップ(矢尾板クラス)、まちづくり論B(担当:矢尾板教授)、学生提案プロジェクトみんなのおもちゃばこ(担当:青柳准教授)、地域支援ボランティアセンター、学生消防団、一般ボランティアなどの学生約100名が参加し、企画運営を行いました。

 学生たちは、それぞれの企画を準備し、「ふわふわドーム」、こども縁日企画などを出店するとともに、白旗公園での七夕の飾り付け作業を行いました。

 今年度から、第2部の「ナイトキャンドル」企画に取り組みました。あいにくの雨となり、イベント自体は中止となりましたが、白旗公園を「天の川」にしようと、太陽光発電を蓄電するLEDライトを設置しました。第2部のセレモニーには、千葉市中央区の飯田正夫区長にもお越しいただきました。千葉市では、ナイトタイムエコノミーの取り組みを行っており、夏の夜の時間を楽しむことができる企画として計画をいたしました。(文責:矢尾板)


 6月7日(金)、「コミュニティ研究Ⅰ」Aクラスで、発達に気がかりのある子どもたちの療育・相談・研究をおこなっている発達臨床研究センターを見学しました。職員の方からセンターの概要を伺った後、センター内の各部屋を案内していただきました。教具・教材の保管室には手作りの教具がたくさん並べられており、一つひとつ手に取りながら、その活用方法について説明していただきました。また、2号館にあるプレイルームでは、音楽や運動による集団療法のための教具に実際に触れつつ、子どもの発達をどのように伸ばしていくのかについて詳しくお話を伺いました。発達臨床研究センターのような教育研究施設は他大学にはほとんど例がなく、貴重な学びの時間となりました。(文責:八田)



 ケーススタディⅠLクラスでは地域活性化の事例研究として,6月22日(土)に谷中にある「最小文化複合施設」HAGISOおよびその関連施設(HAGISO,hanare,TAYORI,KLASS,Rainbow Kitchen)の視察を行いました.
 HAGISOを経営するHAGI STUDIOでは,谷中エリアに点在する資産価値のあまりない古い家屋をリノベーションし,文化発信拠点として新たな価値を再創造する取り組みを行っており,従来谷中エリアに訪れなかった高所得者層をターゲットとした「まちやど」型の宿泊施設「hanare」,地域住民をターゲットに全国各地から取り寄せた食材をお惣菜として提供する「TAYORI」,ワークショップやレクチャーを通じてコミュニティ形成を促進する「KLASS」など,地域活性化の先進的な事例をいくつも学ぶことができました.

(文責:伊藤)


 6月8日(土)、今年度の「東京ディズニーリゾートの旅」をテーマとした企画づくりプログラム(TDRプログラム)の第1回が開催されました。今年度も東京ベイ東急ホテルマーケティング支配人の三橋徹さんに講師をご担当いただきます。
 第1回は、プログラム参加学生の自己紹介と今年度プログラムの概要が発表されました。これから11月までホテルの集客企画を学生は考えていきます。ただし今年度はプロダクト(徹底したマーケティングリサーチ)とプロモーションを重視していきます。しっかりと社会のデマンドが何かを把握しそれに基づいて企画を立てていく予定です。
 半年後にどんな企画が発表されていくことになるのか今から楽しみです。(文責:石綿)


 6月27日(木)、ケーススタディの一環として、千葉市消費生活センターを訪問しました。消費生活センターは、消費者安全法に基づいて、消費生活における相談・あっせんや消費者教育・啓発を行っている行政機関です。当日は、若者の消費者被害の実態を中心に、商品役務別の各事例に関する消費生活センターの対応状況等について講義を受けた後、施設の見学を行いました。

 各学生は、活発な質疑応答を通して、若者をターゲットとした悪質商法の手口や対処方法を学び、消費生活センターの役割に触れていました。

 こうした学びを踏まえ、9月以降、昨年度に引き続き、千葉県消費者団体ネットワーク強化・活性化事業として、千葉市内の大学生・短大生等を対象とした学生向けの消費者教育を行います(「大学生の大学生による大学生のための主体的・対話的な消費者教育の促進」(計4回の講義・ワークショップ))今後、消費者行政職員や消費生活相談員と複数回打ち合わせを行う予定です。当該事業の企画・運営を通して、学生自身の消費者力向上にもつながればと思います。

 執務にお忙しいところ、ご協力いただきました千葉市消費生活センターの皆様に改めまして感謝申し上げます。(文責:日野)


 6月21日(金)、コミュニティ研究Ⅱ・補導コースの授業で、千葉県警察少年センターの遊間上席相談専門員に講義をしていただきました。「警察における少年の健全育成のための活動」との講義タイトルで、千葉県警察少年センターの様々な活動についての説明を伺うことができました。「非行防止」に係る活動、「保護」に係る活動、双方に係る活動など、多岐に渡る活動がなされていることが分かりました。また、補導や相談のエピソードは、現場における活動の一端を垣間見させていただけるものでした。
 警察機関であることによる強みや、「スクール・サポーター」制度など学校との連携についてなど、近年の地域の少年に対する警察の取り組みについて学ぶ貴重な機会でした。この学びを踏まえて、今度は学生たちが少年センターを訪問する予定です。
 ご協力いただきました千葉県警察少年センターに感謝申し上げたく存じます。

(文責:山本)


 今年度のコミュニティ研究Ⅱ、キリンビバレッジコースでは、「生茶」とセットで購入できる「惣菜」のレシピをスーパーのせんどうに提案する予定です。
 6月14日(金)は、せんどう千葉みなと店への見学で、キリンビバレッジ株式会社からも4名の方にお越し頂きました。ベーカリー、お寿司、惣菜、精肉、鮮魚、青果とお店のバックヤードを見せていただき、新鮮な食品が提供されている様子を学ぶことができました。
 食品の供給体制、売り上げの構成から最近のフードロスについての質問にまで幅広く丁寧にお答えいただきました。キリンビバレッジの方も一緒に回って頂いたことで、飲料の販売についての理解も深めることができました。
 見学後は、メインの惣菜と組み合わせることになる副菜弁当を生茶と一緒にいただきながら、自分たちのレシピへのイメージを膨らませることができました。引き続き、レシピについて検討を進めていきます。この場をお借りしてせんどう千葉みなと店、キリンビバレッジ株式会社の方々へ御礼申し上げます。(文責:松野)


 6月7日(金)、1年生必修「コミュニティ研究Ⅱ」の「千葉ホークス(車いすバスケ)コース」にて、千葉ホークス代表の田中恒一選手と山口健二選手をお招きして、インタビューおよび体験会をおこないました。学生たちは自分たちがうまくできないプレーを、きわめて巧みかつスピーディにやり遂げる選手に感嘆し、プレー中の選手には「障害はない」ことを認識したようです。インタビューでは、車いすバスケの将来の夢や、選手それぞれの日々の仕事や日常の練習時間などをお聞きすることができました。最後に、田中選手から、「いま車いすバスケは『バブル期』なので2020年以後にどうなるか、ぜひ皆さんにも引き続き応援してほしい」とメッセージをいただきました。(文責:本多)


(1)取り組み
5月18日(土)に墨田区にある本所防災館と墨田区の木造密集地域の再開発及び東向島・京島地区のフィールド・ワークを行った。

(2)ねらいと工夫
本所防災館防災館では、地震や水害、風雨体験等を行い、大規模災害の怖さとそれに備える知識を得た。特に、最近のゲリラ豪雨に対して、冠水した場合、車や家のドアの開閉は重く、難しい状況が理解された。墨田区は、独居老人や高齢者世帯が、木造密集地域に密集している事もあり、防災に対しての関心は高い。


 次に、スカイツリーまで徒歩で移動、ソラマチで自由時間後、その後、コミュニティバスを利用し、京島地区へ向かった。京島地区では、狭隘な木造住宅が立ち並ぶ地帯へと進んで行った。建築基準法及び同法42条2項道路の説明や坊防災公園及び京島地域で進められている木造密集地域の再開発事業の概要を説明し、実際のまちづくりの様子を見た。
 この地域は、関東大震災後及び東京大空襲以後住宅が立ち並んだ。当初は、復興を目的としていたが、様々な理由で住み続けている。狭隘な住宅地は、家事や救急、防犯などに心配があるため、再開発を進める一方、住民のコミュニティが形成され、独特の下町文化を形成している。住宅改修の補助金や再開発による、道路整備、空地の確保等様々な課題はあるが、住民との協力によって成り立つ事業であるため、約40年間に渡る事業となり、引き続き事業は継続している。
 途中、人情キラキラ橘商店街のシャッター商店街と新たな出店の様子を見た。学生は八百屋、総菜屋など商店街の特徴も関心を持って見ていた。再開発の難しさとまちの変化の様子を体験し、まちづくりの意味を改めて感じていた。
 東向島地区まで歩き、天水尊や路地尊といった、雨水を利用した防災拠点を見学した。途中、古民家を改修した喫茶店を見学しレトロな雰囲気を楽しんだ。この地域についての歴史は、事前学習で調査した通り、関東大震災後に当時田んぼや沼地であったこの地に、住まざるを得なかった事が始まりであるが、改めてまちづくりの大切さを感じていた。(文責:鏡)


 今年度のキリンビバレッジコースでは、キリンビバレッジの飲料の売り方に関する提案を行いたいと考えています。具体的には「生茶」とセットで購入できる「惣菜」のメニューを学生目線で検討し、スーパーのせんどうに提案し、せんどうとキリンビバレッジの商品の売り上げ向上に寄与するというものです。
 そこで、5月24日(金)には、キリンビバレッジ東京支社の大村支社長、千葉支社の小林支社長含め、9名の方にお越し頂き、清涼飲料についてお話しいただきました。
 まず、グループ毎に考えてきた質問にお答えいただきました。「お店によって価格が異なるのはなぜでしょうか」「営業とはどのようなお仕事なのでしょうか」「販売商品に地域差はあるのでしょうか」など、学生からの様々な質問に丁寧に答えていただきました。
 そして、どのような惣菜を考えていくといいか、社員の方にも加わっていただいてグループ毎にアイディア出しをしました。
企業の第一線で活躍されている方に直接お話を伺うことができたのは、たいへんに貴重な機会でした。この議論を踏まえて学生たちはこれからアイディアを深めていくことになります。(文責:松野)

全体の質問


グループ毎のアイディア出し

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ