イベント報告の最近のブログ記事

 6月29日(月)に第1回千葉ロッテマリーンズ・淑徳大学スペシャルナイタープログラムのガイダンスをウェブミーティング形式で実施し、20名の学生が参加しました。
 サービスラーニングセンターの活動の一環として行われているこの企画では、例年、千葉ロッテマリーンズとの冠協賛試合におけるイベントの企画・実施を行ってきました。しかしながら、本年度は年初からCOVID-19が流行したことによりプロ野球の開幕が6月19日と延期され、また、人の密集などいわゆる『三密』を避ける仕組みの検討が必要になるなど、従来とは状況が大きく異なっています。そのような中で、本年度は「これからどんな社会を作っていけるのか?」をテーマに「COVID-19流行以降のファンの増加策」を検討するとともに、これまでとは違った冠協賛試合におけるイベントの在り方を模索していくこととなりました。ガイダンスでは伊藤先生より今般の社会状況と経済への影響の関係性に関する説明があり、「新しい生活様式の中でプロ野球球団がどうやったらファンを獲得できるか?」という問いとともにこれを素材として「社会に対して学生自身がどのような貢献ができるか?」という問いが学生たちに投げかけられ、今後検討していくこととなりました。
 困難な状況の中で、地元野球チームと地域コミュニティの活性化につながるような、淑徳大生ならではのフレッシュなアイデアが提案されることを期待したいです。(文責:村上)


 6月15日(月)、ケーススタディの学びの一環として、千葉市消費生活センターを訪問しました。前学期開始時よりWEB会議システム(ZOOM)での演習が続いており、今年度初めての対面での演習がかないました。

 今回の訪問にあたっては、千葉市消費生活センターのご協力の下、千葉県教育委員会「新型コロナウイルス感染症学校における感染対策ガイドライン」及び千葉市「市有施設における感染防止指針」を踏まえ、基本的な感染症対策を徹底しました。

 消費生活センターは、市民局生活文化スポーツ部の一部署として位置づけられ、消費者安全法に基づいて、消費生活における相談・あっせんや消費者教育・啓発を展開している、市民にとって比較的に身近な部署です。

 当日は、五十嵐消費生活相談員より、民法や消費者法のクイズを交えながら、楽しく消費者問題に関する講義をしていただきました。特に、若者の消費者被害を中心にして、商品・役務別の各事例に関する消費生活センターの対応状況等について説明いただきました(フェイスシールドの着用や消毒液のご用意等、ご配慮ありがとうございました。)。学生らは、意外と身近に潜んでいる消費者問題に驚きつつも、最新の悪質商法の手口や対処方法を学び、消費生活センターの役割を認識していたようです。

 その後、PFI(Private Finance Initiative)の手法により、公共施設と民間施設の一体型の建築物として千葉市で初めて建設された施設の見学を行いました。1階にドラッグストアやスーパーマーケットが入居していることなどから、学生からも「市民にとって使い勝手の良い」施設であるとの声が聞こえました。

 コロナ禍の状況下ではありますが、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で、今年度も千葉県消費者団体ネットワーク強化・活性化事業として、「大学生の大学生による大学生のための主体的・対話的な消費者教育の促進」(講義・ワークショップ)を千葉市消費生活センターと連携して進めます。こうした企画・運営を通して、地域コミュニティの消費者力向上につながればと思います。(文責:日野)


(1)取り組み
鏡ゼミケーススタディの学生11名は、開会中の千葉市議会6月定例会最終日を傍聴し、その後、石井雅夫議長、段木和雄副議長、亀井琢磨市議、森山和博市議、桜井ひでお市議と懇談を行った。


(2)狙いと工夫
実際に開会中の議会傍聴は、全員初めてであったので新鮮な驚きと学びがあったとの感想が述べられた。この議会の場で生活に関わる重要な政策が決まる事に、議論の大切さを改めて学んでいた。
特に、本議会ではコロナ対策にかかる国の第一次及び第二次補正予算にかかる予算審議及び専決処分にかかる議案が上程されていた。関連の議案に対して、それぞれ賛成反対の討論が行われた。議案に対しては、全会一致と賛否確認の方法があり、学生からは議員に議決の内容の違いなどの質問が出された。(文責:鏡)


 6月13日(土)に、「TDRの旅」をテーマとした企画作りプログラムの第1回目として、プログラムの計画などのオリエンテーションをウェブミーティング形式で実施し、17名の学生が参加しました。サービスラーニングセンター活動の一環として実施している本プログラムでは、本年度も東京ベイ東急ホテルマーケティング支配人の三橋徹氏を講師に迎えています。
 本プログラムでは、例年TDRを活用したプロモーション企画等を検討してきましたが、今回は三橋講師から現在も全世界での流行が問題となっている新型コロナウィルス(COVID-19)を契機として、今まさに観光産業が直面している状況について非常に丁寧かつ分かりやすい説明をしていただきました。そして、本年度は感染症の流行下・流行後の日本における旅行企画およびホテルのプロモーションの在り方について、20代をターゲットとし、マイクロツーリズムとSNSを活用した企画を検討するというプログラムの方針をご提案くださいました。(文責:村上)


 対面でゼミができない中、できることをやっていこうということで、松野CSWSでは、5月30日(土)卒業生の川崎那由太君(日本食研)に就活体験談を披露いただきました。
 学生からは「どうやって業界を決めましたか?」「 学生時代に身に付けるべきスキルは?やっておくべきことは?」「会社の雰囲気はどんな感じですか?」といった質問が寄せられました。
 自分の戦えるフィールドを突き詰めること、自己分析と業界研究の大事さを教えてもらいました。卒業生という身近な存在に苦労話を率直にお話しいただいてとても勉強になったと思います。この場をお借りして川崎君に御礼申し上げます。(文責:松野)

オンライン会議システム「Webex Meetings」による5月30日ゼミの様子

 5月22日(金)、5月25日(月)、5月26日(火)、5月28日(木)の昼休みの時間にサービスラーニングセンター(SLC)独自プログラムのオンライン説明会を実施しました。
 新型コロナウィルス感染症予防対策のため今年度の説明会はWebex Meetingsというオンラインミーティングシステムを利用して開催しました。
 SLC独自プログラムの説明会をオンラインで開催したのは初めての試みです。学生の皆さんが大学に登校できない中で、SLCは、皆さんとなんとか繋がりをつくっていきたい、サービスラーニングを一緒に実施していきたいという想いでオンライン説明会を実施しました。SLCは今後も学生の皆さんと新しい学びの形を一緒につくっていきます。
 4日間の合計で約60名の学生の参加がありました。学生からの質疑応答もWebex Meetingsのチャット機能を使うことで実施しました。また、聴覚障がいをお持ちの学生にもチャット機能を使って、説明会の内容を伝達してきました。説明会後の各プログラムへの質問や応募はGoogle Formで対応をしています。

 前期から始まるSLC独自プログラムは、当面このようなオンラインシステムを利用した形で開催となる予定です。皆様の積極的なご参加をお待ちしています!(文責:石綿)


今年度は、以下のプログラムを実施予定です。

 1.東京ガールズコレクション
 2.千葉ロッテ「淑徳大学スペシャルナイター」
 3.TDRをテーマとした企画作りプログラム
 4.千葉日報学生記者(CUP)
 5.ビジネスの現場でプロフェッショナルから学ぶ商品開発プログラム
 6.京都府北部京丹後市企業見学ツアーおよび地元ラジオ局での成果報告ワークショップ
 7.京都府南部地域自治体課題解決ワークショップ

各プログラムへの応募は、6月8日(月)の13時が締切です!
(説明会資料、応募フォームへのリンクはS-naviで配信してありますので、ご確認ください。)


Webex Meetingsを利用した説明会の様子

 


 千葉日報社主催の「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)」に、コミュニティ政策学部の学生が参加しています。4月17日(金)にはキックオフ誌面が掲載され、学生たちはどのようなテーマにしようかと毎週議論を進めてきました。
 3月上旬はまだ対面で打ち合わせができていたのですが、徐々に新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出自粛が始まりました。取材先へのアプローチを見直さざるを得なくなり、取材テーマは二転三転してきました。積み上げてきた想定をゼロにするというきつい事態を明るく乗り越えてきました。学生たちは実際の取材がオンライン取材になることを覚悟し、Web打ち合わせにもトライしています。
 締め切りも大きく延長となり、先の見えない中でも、学生たちは今、自分たちにできることは何か、前向きに考え頑張っています。(文責:松野)


オンライン会議システム「Zoom」による4月16日打ち合わせの様子

 2019年度から、京都文教大学・埼玉工業大学との連携で内閣府「地方と東京圏の大学生対流促進事業を行っています。
 2019年度京都文教大学主催の事業として、「ともいきフェスタ2019~大学と地域の連携を学ぶ(2019年12月13日(金)~12月15日(日))」と「京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ(2020年2月17日(月)~21日(金))」へ本学学生が参加してまいりました。また、「京丹後の魅力発見・発信ツアー(2020年3月9日(月)~13日(金))」は新型コロナウイルスの感染防止のため、中止となりました。


〇「ともいきフェスティバル2019」で発表、出展大学と地域の連携を学ぶ

  12月14日(土)、「ともいきフェスティバル2019」(於、京都文教大学)において同時開催された「第7回 浄土宗宗門大学社会連携企画報告会」に本学学生2名(うちコミュニティ政策学部学生1名)が本学のサービスラーニングの取組について報告を行いました。

 前日13日(金)からは早朝より浄土宗総本山知恩院を参拝し、その歴史や建造物の由来、おつとめの内容について学びました。午後は平等院の見学の後、京都文教大学の学生さんたちと周辺地域の散策および昼食を通じて交友を深めました。
 ともいきフェスティバル当日、浄土宗宗門関係大学の全国9大学の学生が一堂に会し、各大学の特色ある体験学習の取組についての報告を行い、ポスター展示を行いました。
 本学の学生たちは他大学の学生との交流を通じて文化や風土など、千葉と京都の地域資源の違いを体感的に学び、報告会を通じて多様な学び方があることを知ることができました。(文責:伊藤)


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、学生からの活動報告

 今回の京都南部自治体ワークショップで学んだことは、まちづくりというものはとても難しいということである。私は、久御山町というところの施設に持たせる機能にはどのような機能があれば良いのかという課題に対して取り組んだ。その中で、様々なことを一度に行うことは難しいと思い、将来持続可能性がある機能について重点的に考えた。まちづくりは、様々な形で存在しているためこれが正解ということはない。この正解がないからこそ様々なアイデアを浮かべそのアイデアに対する話し合いを重ねることが必要であると思う。
 今回のグループは、様々な意見が出たグループだった。このため、いろいろな角度からの見解や見方に新鮮さを感じることができた。
 発表の後のフィードバックでは、自治体の方から様々なコメントを頂いた。それを読み、もう少し発表の工夫が必要と感じた。(文責:手崎亮佑(参加学生))


久御山町役場背後から


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、埼玉キャンパスとの振り返り会の実施

  2月27日(木)、埼玉キャンパスと合同でワークショップの振り返り会を実施しました。どのような学びがあったかについて、以下の嬉しいコメントがありました。

・様々な新しい経験ができて視野が広がった
・プレゼンに対しての大人の意見を知ることができて、今後はそういう点も考えていきたい
・他の人の考え方の違いを知ることができた
・リーダーシップを取ることも大事だし、それをサポートする役割も必要という、チームワークの取り方の実践ができた
・そのときの自分の役割を把握し、それに応えることができた
・これから困難に直面したときも今回の活動で得たことをもとに克服していけるのではないか
・東京の文化(たてわり)を京都へ伝えることができて、こうしたことが東と西で対流することの意義だと思う
 また、実際にワークショップへ参加された竹中徹准教授(経営学部観光経営学科)より、今回のワークショップでは、全員が自分の役割を認識した本来のリーダーシップを発揮することができたという総括を頂きました。
 振り返り会を通じて、多くの学びがあったこと、学生同士の交流で仲良く過ごすことができたことなどが分かり、たいへん嬉しく思っています。(文責:松野)


 千葉日報社主催の「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)」に、コミュニティ政策学部の学生が参加しています。CUPは千葉日報社の社会貢献活動の一環で実施されており、今年は敬愛大学、淑徳大学、聖徳大学、千葉商科大学、帝京平成大学、東京情報大学が参加校です。
 2月26日(水)、開講式へ参加学生3名と出席してまいりました。当日は、開式の言葉、主催者挨拶から始まり、参加大学紹介もありました。その中で一人一人が意気込みを述べることになりました。突然の振りだったにもかかわらず、学生たちは前向きなコメントを発することができました。また、他の学生の意気込みを聞くこともとても良い発奮財となりました。
 この後、記者研修・記事作成・スポーツ記者取材・特別インタビュー取材など魅力的な取組が続きます。学生たちがどんな記事を書くのかとても楽しみです。(文責:松野)

この様子は千葉日報にも取り上げられました。以下はリンクです。

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/670590



 2月8日(土)、千葉市補助金事業として、千葉ホークス選手4名を講師として車いすバスケ体験会を実施しました(学生4名+その他5名)。学生たちは、前期に何度か競技用車いすで練習をしていましたが、現役選手の練習を初めて一緒に体験し、動きの俊敏さやチェアスキルのあまりの落差に言葉を失うほどでした。休憩時間等には競技に向き合う考え方を伺ったり、反対に普段の勉強について質問をされるなど、教員も交えてじつに自然な交流が図られました。なお、パラスポーツと栄養学に関心がある看護栄養学部栄養学科教員とそのゼミ4年生も参加し、千葉ホークス選手の食生活など今後の交流に向けた種まきも行われました。(文責:本多)


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ