課外研修の最近のブログ記事

 2019年度から、京都文教大学・埼玉工業大学との連携で内閣府「地方と東京圏の大学生対流促進事業を行っています。
 2019年度京都文教大学主催の事業として、「ともいきフェスタ2019~大学と地域の連携を学ぶ(2019年12月13日(金)~12月15日(日))」と「京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ(2020年2月17日(月)~21日(金))」へ本学学生が参加してまいりました。また、「京丹後の魅力発見・発信ツアー(2020年3月9日(月)~13日(金))」は新型コロナウイルスの感染防止のため、中止となりました。


〇「ともいきフェスティバル2019」で発表、出展大学と地域の連携を学ぶ

  12月14日(土)、「ともいきフェスティバル2019」(於、京都文教大学)において同時開催された「第7回 浄土宗宗門大学社会連携企画報告会」に本学学生2名(うちコミュニティ政策学部学生1名)が本学のサービスラーニングの取組について報告を行いました。

 前日13日(金)からは早朝より浄土宗総本山知恩院を参拝し、その歴史や建造物の由来、おつとめの内容について学びました。午後は平等院の見学の後、京都文教大学の学生さんたちと周辺地域の散策および昼食を通じて交友を深めました。
 ともいきフェスティバル当日、浄土宗宗門関係大学の全国9大学の学生が一堂に会し、各大学の特色ある体験学習の取組についての報告を行い、ポスター展示を行いました。
 本学の学生たちは他大学の学生との交流を通じて文化や風土など、千葉と京都の地域資源の違いを体感的に学び、報告会を通じて多様な学び方があることを知ることができました。(文責:伊藤)


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、学生からの活動報告

 今回の京都南部自治体ワークショップで学んだことは、まちづくりというものはとても難しいということである。私は、久御山町というところの施設に持たせる機能にはどのような機能があれば良いのかという課題に対して取り組んだ。その中で、様々なことを一度に行うことは難しいと思い、将来持続可能性がある機能について重点的に考えた。まちづくりは、様々な形で存在しているためこれが正解ということはない。この正解がないからこそ様々なアイデアを浮かべそのアイデアに対する話し合いを重ねることが必要であると思う。
 今回のグループは、様々な意見が出たグループだった。このため、いろいろな角度からの見解や見方に新鮮さを感じることができた。
 発表の後のフィードバックでは、自治体の方から様々なコメントを頂いた。それを読み、もう少し発表の工夫が必要と感じた。(文責:手崎亮佑(参加学生))


久御山町役場背後から


〇京都府南部地域自治体・経済団体課題解決ワークショップ、埼玉キャンパスとの振り返り会の実施

  2月27日(木)、埼玉キャンパスと合同でワークショップの振り返り会を実施しました。どのような学びがあったかについて、以下の嬉しいコメントがありました。

・様々な新しい経験ができて視野が広がった
・プレゼンに対しての大人の意見を知ることができて、今後はそういう点も考えていきたい
・他の人の考え方の違いを知ることができた
・リーダーシップを取ることも大事だし、それをサポートする役割も必要という、チームワークの取り方の実践ができた
・そのときの自分の役割を把握し、それに応えることができた
・これから困難に直面したときも今回の活動で得たことをもとに克服していけるのではないか
・東京の文化(たてわり)を京都へ伝えることができて、こうしたことが東と西で対流することの意義だと思う
 また、実際にワークショップへ参加された竹中徹准教授(経営学部観光経営学科)より、今回のワークショップでは、全員が自分の役割を認識した本来のリーダーシップを発揮することができたという総括を頂きました。
 振り返り会を通じて、多くの学びがあったこと、学生同士の交流で仲良く過ごすことができたことなどが分かり、たいへん嬉しく思っています。(文責:松野)


 主体的に地域や大学の課題への学生の取組みを支援する学生提案プロジェクトをスタートさせ、「しゅくとも」(アドバイザー:矢尾板教授)・「みんなのおもちゃばこ」(アドバイザー:青柳准教授)が2019年度採択されました。以下、活動内容をご覧ください(文責:松野)。


◆しゅくとも

 2018年度には「千葉県立生浜高等学校と淑徳大学との教育連携に関する協定」が締結されています。
 しゅくともの活動は、月に2日程度、生浜高校へ行き学校生活などに不安のある生徒に向けてコミュニケーション練習会や相談会を行うというものです。この活動によって、生徒たちの苦手意識を軽減させ、高校への定着率・出席率向上を目指しています。10月には龍澤祭に生徒を招き、大学を案内しました。
 2020年度以降も大学生を募り、この活動を継続していけるよう、より活発に活動していきたいと思います。(文責:中村達哉)


◆みんなのおもちゃばこ

 私たちは子どもの居場所と地域住民の多世代交流の場づくりを目指して、千葉市緑区にあるコミュニティスペース「みんなの広場」を会場に、毎週1回、子ども対象の工作教室を開催してきましたが、9月からは月1~2回、鎌取コミュニティセンターで行われている子ども食堂「まんぷく食堂」のスペースをお借りして工作教室の活動をすることになりました。12月13日には、同じく学生提案プロジェクトの「しゅくとも」の方々にも参加していただき、今後の活動について意見交換を行いました。今後は、「しゅくとも」さんの活動に参加する高校生にも本活動に参加いただき、より多世代の方が交流する機会になる活動にしていきたいと思っています。(文責:土屋理紗子・木村奈々子)

  

「春」をイメージした壁の装飾                     


 千葉日報社主催の「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)」に、コミュニティ政策学部の学生が参加しています。CUPは千葉日報社の社会貢献活動の一環で実施されており、今年は敬愛大学、淑徳大学、聖徳大学、千葉商科大学、帝京平成大学、東京情報大学が参加校です。
 2月26日(水)、開講式へ参加学生3名と出席してまいりました。当日は、開式の言葉、主催者挨拶から始まり、参加大学紹介もありました。その中で一人一人が意気込みを述べることになりました。突然の振りだったにもかかわらず、学生たちは前向きなコメントを発することができました。また、他の学生の意気込みを聞くこともとても良い発奮財となりました。
 この後、記者研修・記事作成・スポーツ記者取材・特別インタビュー取材など魅力的な取組が続きます。学生たちがどんな記事を書くのかとても楽しみです。(文責:松野)

この様子は千葉日報にも取り上げられました。以下はリンクです。

https://www.chibanippo.co.jp/news/local/670590



 1月25日(土)に、サービスラーニングセンターの活動の一環である「東京ディズニーリゾートの旅」をテーマにした企画作りのプログラムの第6回目の活動が行われました。
 今回が6月から続けてきた東京ベイ東急ホテル向けの(集客)企画の最終発表の日でした。講師の三橋さん(東京ベイ東急ホテルマーケティング支配人)に前回指摘された企画のターゲットの考察、他のホテルとの比較、背景にあるイベントなどの情報収集、発表原稿の見直しなどを前回からの1ヶ月で行い、自分の企画をよりブラッシュアップしました。
 今回は今まで三橋さんからの評価を受けて終わっていたところを、同じ活動をしていた仲間、先生方、自分自身で評価することで、自分のプレゼンテーションを振り返りより次回に活かすことのできる内容となっていました。
 私がこの活動を通して一番学んだことは企画づくりの楽しさ・難しさです。発想力を膨らませるための情報に敏感になり、根拠を持ったプレゼンテーションができるようになりました。自分たちでアンケートを作り、直接お客様の声を聞き、手に入れたデータ(根拠)をもとに企画を考えて発表できる、このような一連の流れを経験できるのは生徒主体で考案できるサービスラーニング活動ならではだと思います。
 この活動の経験をこれから社会に出たときに、なんらかの形で使えたら良いと思います。約半年間の活動でしたがありがとうございました。(文責:SA安藤)

学生からのテーマ一覧
「Special Birth Day プラン」「Moonlight―幻想的な世界へ―」「ホテルの魅力を知ってもらうために」「旅する料理教室」「光の世界」「10~20代が満足し、宿泊しやすいホテル造り」「花火鑑賞プラン」


 1月16日(木)に東京ガールズコレクション(TGC)2020SSの当日インターンに向けた学内での事前研修会が千葉キャンパスで実施されました。インターンを通じて学ぶこと・学べることを意識化することが目的です。
 当日は千葉キャンパスのインターン生10名が参加し、TGCの経験を話し合いました。前日業務・取材サポート・フィッター・運営・物販などそれぞれの業務で必要になることや学べたこと、感じたことなどをインターン経験のある学生にそれぞれ報告をしてもらいました。

自作の業務シートを作って発表をしてくれました


物販業務の説明


 経験者もはじめてインターンに参加する学生も、しっかりと報告し、真摯にプレゼンを聞くことができました。経験したことのない業務で何をやるべきで何ができるかなど全員でイメージをふくらませることができたのではないでしょうか。次回は2月13日の渋谷での事前学習会です。(文責:石綿)


 コミュニティ研究Ⅱ(1年生必修科目)「キリンビバレッジコース」では、7月に生茶にあうお惣菜をスーパーせんどうに提案しました。せんどうさん、キリンビバレッジさんによる審査の結果、「麻婆唐揚げ丼」と生浜高校生が参加してくれた「海苔コロッケ」が事業化されることとなりました。
 そして、いよいよ試食品ができたとのことで、提案してくれた1年生の2班の学生と生浜高校生、さらにこれまでかかわってきた矢尾板CSWS、松野CSWSもサービスラーニング連携プログラムとして参加し、12月27日(金)に潤井戸プロセスセンターで試食会を行いました。
 まず、せんどうさんから開発段階に向けての試行錯誤の状況についてお話しいただきました。周辺の住宅では未だブルーシートに覆われていたり、台風被害の爪痕も残っている中で、開発に際して様々なご苦労があったことを伺いました。
 そしていよいよ試食です。麻婆唐揚げ丼は、白髪ねぎとともにピリ辛の味がさらに引き立って生茶ととても合うと思いました。また、海苔コロッケは見た目の大きさにも関わらず、磯の香りとチーズのコクを味わいながらあっという間に頂きました。
 学生からのコメントには、「とても美味しくてびっくりした」、「自分たちの提案が受け入れられて感動した」、「生茶とセット販売でつい買ってしまいそう」、「ピリ辛がやみつきになるけれどさらに一味唐辛子などが付けられると嬉しい」、「ソース無しの方が海苔コロッケは美味しい」など様々な感想がありました。また、海苔コロッケの海苔の風味をどのように出すといいか、みんなで意見を出し合いました。
 せんどうさんでさらなる検討を経た後、実際に店頭販売されることになります。引き続きキリンビバレッジさん、淑徳大学、生浜高校と連携してどのような販売提案ができるのかを検討していきたいと考えています。

事業化プロセスについての説明の様子

 台風被害の厳しい状況にもかかわらず、私たちの提案を受け止めてくださって、真摯に対応してくだるせんどうさんの姿に心を打たれました。また、理想と事業性のせめぎあいの様子を勉強させていただいて本当に有難いことだと思います。このような貴重な機会を与えてくださったせんどうさん、キリンビバレッジさんにお礼を申し上げます。(文責:松野)

生浜高校生提案の海苔コロッケ、淑徳大生提案の麻婆唐揚げ丼with生茶


試食の様子

 12月6日(金)民間企業内定者報告会を開催しました。今年度は好景気が続いていること、学部開設10年目を迎えて、改めて学部の学びの充実があるからでしょうか、今年も魅力的な企業の内定が多く揃いました。どの候補者に登壇をお願いするか悩んだ末の4名に、就活対策をお話しいただきました。
 淑徳大学コミュニティ政策学部の学びの強みをどう面接で理解してもらうか、大学4年間でサービスラーニングプログラムやゼミ活動にどのように取り組んで行ったのか、自分をどのように見せていったのか、その場でしか聞けない先輩たちの生の声に、参加学生は必至でメモを取っていました。
 キャリア支援センターの石坂さんからは、学生たちの経験談を踏まえたうえでの補足、アドバイス、キャリア支援センターの活用の仕方など、幅広く教えていただきました。
 また、後輩学生からも多くの質問が寄せられ、あたたかな空気が流れていました。先輩から後輩への好循環のリレーが今後も続いていくことを期待しています。(文責:松野)


 11月17日(日)に、サービスラーニングセンターの活動の一環である「東京ディズニーリゾートの旅」をテーマにした企画作りのプログラムの第5回目の活動が行われました。
 今回の活動では、自分たちがホテルに対してどのような企画をやりたいのかをパワーポイントを使って発表する会でした。前回、それぞれが企画を考えて三橋徹さん(東京ベイ東急ホテル支配人)からアドバイスをいただきました。そのアドバイスをもとに、前回は資料を中心でしたが、今回は初めてのパワーポイントでプレゼンテーションを行い、評価をいただきました。それぞれが違った観点からホテルのことを考えていて、個性あふれる企画がたくさん出てきました。
 次回の1月25日の活動が、今年度のプロジェクトの最後となります。少し期間が空いてしまいますが、このプロジェクトで学んだことの集大成として、今までで一番完成度の高い企画発表ができるように頑張りたいと思います。(文責:SA越野)


 10月19・20日の二日間、千葉キャンパス15号館を中心に、第46回日本犯罪社会学会大会が開催されました。全国から大学の研究者をはじめ、警察関係者、少年院の法務教官や保護観察官など法務省関係者、家庭裁判所調査官、NPO団体の方など200名以上の参加者がありました。
 大会運営スタッフとして、40名以上のコミュニティ政策学部生が参加。受付、バス停案内、休憩スペース担当といった運営業務のほか、自由報告やテーマセッションなど部会会場のスタッフとして臨場もしました。ほとんどの学生にとっては、学会発表と討論の場に居合わせるのは、初めての経験でした。緊張しつつも、中には、司会者と目があってしまい、思わず手をあげて質問してしまった学生も(学会史上はじめてのことかもしれません)。司会の先生は、その学生の質問にたいへん喜んでおられました。
 懇親会場では、ふだん接することのない職種の方々からお話を伺い、思いもかけず職業について見分を広める機会を得た学生もいたようです。大会シンポジウムは、「コミュニティと犯罪」という、本学コミュニティ政策学部を中心とした大会ならではのテーマで討論がなされました。
 スタッフとしての役割を果たすことに加え、様々な面で、コミュニティ政策学部生にとって学びの機会となった学会大会でした。(文責:野田・山本)


 コミュニティ政策学部では、学生自らが社会や大学内の課題に対して主体的に取り組む活動を支援する目的で、学生提案プロジェクトを受け付けています。2019年度採択されたのは、しゅくとも(千葉県立生浜高等学校における学習支援)と、みんなのおもちゃばこ(子供の居場所づくりと緩やかな多世代交流の場の形成)の2件で、その中間報告をご紹介いたします。

〈しゅくとも〉
 今年度から「千葉県立生浜高等学校と淑徳大学との教育連携に関する協定」が締結されたことにより、今まで以上に連携を取り合いより双方の学生の手助けになれば良いと思います。
 しゅくともの活動は、月に1度生浜高校へ赴き、学校生活に不安のある生徒に向けてコミュニケーション練習会を行い、出席率の向上や学校への定着を目指しています。今年度は今のところしゅくとも全体での活動はありませんが、大学の教室を使って個別での相談会を行いました。
 コミュニケーション練習会と相談会を通して対人関係に対する苦手意識を和らげるアプローチをしていきます。その一環として、今年度の淑徳大学の龍澤祭(学祭)に生浜高校の生徒を呼び、大学内を案内する予定です。
 今後は新しい参加者が増えるよう広報活動にも力を入れていきたいと思います。
(文責:中村達哉)

 

〈みんなのおもちゃばこ〉
 私たちは子どもの居場所と地域住民の多世代交流の場づくりを目指して、千葉市緑区にあるコミュニティスペース「みんなの広場」を会場に、毎週1回、子ども対象の工作教室を開催してきました。写真は、会場の窓を子どもたちと一緒に飾ったところです。昨年度は毎週水曜日に活動してきましたが、今年度は5月頃まで、コミュニティスペースの維持存続が不確定であったので、十分な広報活動が出来ず、活動のスタートが遅れてしまいました。
 ただ、そのような中でも、7月には「白旗七夕祭り」に参加し、白旗地域の子どもたちと工作を楽しむことができました。また、9月からは会場を鎌取コミュニティセンターに移し、地域の方々が実施している「まんぷく食堂」(子ども食堂)の一角を任されています。今後はそちらでの活動を続けていく方向で、現在、調整をしているところです。
(文責:土屋理紗子)

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ