資料請求

国際会議・セミナー・ワークショップ

IASSW/IFSW/ICSW合同世界ソーシャルワーク社会開発会議(7月、メルボルン)、

センターが行う共同研究に絡めて、また、時々の関心に応じて、国際会議・セミナー・ワークショップ等を主催するとともに、海外で行われる国際会議・セミナー・ワークショップ等にスタッフは招待を受け、あるいは自ら進んで参加、講演、報告等発信に努めます。

2017年度

  1. ベトナム専門家会議(2017年12月)
    2017年12月5-6日の2日間にわたり、ベトナムのハノイにてベトナム国家大学ハノイ社会科学人文学大学社会学部(USSH)との共催で、ベトナム専門家会議を開催しました。7カ国26名が参加し、仏教ソーシャルワークのカリキュラムについての発表や仏教ソーシャルワークの概念枠組みおよび作業定義についての話し合いが行われました。
  2. 第3回淑徳大学国際学術フォーラム(2018年1月)
    2018年1月20日に日本ソーシャルワーク教育学校連盟(ソ教連)、日本ソーシャルワーク学会との共催で、「国際ソーシャルワーク教育のカリキュラムはいかにあるべきか」と題し、ソ教連研修室にて第3回淑徳大学国際学術フォーラムを開催しました。3カ国からゲストを招き、長年国際ソーシャルワーク研究を牽引してこられたリン・ヒーリー氏(元コネティカット大学教授)、アジア太平洋ソーシャルワーク教育連盟会長のズルカルナイン・ハタ氏などの講演に続き、参加者によるフリーディスカッションが行われました。

2016年度

  1. 第2回淑徳大学国際学術フォーラム(2017年3月)
    アジア国際社会福祉研究所主催により、2017年3月22−23日の2日間にわたり第2回淑徳大学国際学術フォーラム テーマ「アジアの仏教は人びとの生活の問題にどうはたらくか ― 仏教ソーシャルワークの探求―」を、三井ガーデンホテル千葉にて開催しました。海外の9ヶ国から19名を招き、各国の仏教寺院が実践しているソーシャルワーク活動調査について報告されました。本報告は2016年度文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の一環として実施された調査の中間報告をなすものです。

 2014年度・2015年度

  1. 2014年度4月発足以来、センタースタッフは次の諸会議、セミナー等に参加しています。
          ① 第3回国際実践調査研究(Practice-based Research)会議"Building 
              Bridges Not Pipelines: promoting two-way traffic between practice and            research"(6月、ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ)、
          ② IASSW/IFSW/ICSW合同世界ソーシャルワーク社会開発会議(7月、メルボ
              ルン)、
          ③ 韓国国際社会福祉学会国際会議(10月、南ソウル大学)、
          ④ ベトナム第17回ソーシャルワークデー国際会議(11月、ベトナム青年アカデミ
    ー、ハノイ)、
          ⑤ ネパールルンビニ開発財団国際ワークショップ「アジアにおける仏教ソーシャ            ルワーク教育」(11月、スリランカ巡礼者館、ルンビニ)ほか。
  2. 仏教のソーシャルワークにおける貢献」(ワークショップ) 
    ベトナム国立社会人文科学大学(University of Social Sciences and Humanities, Veitnam National University, Hanoi)との共同調査研究に関し2014年は3月に東京で、 12月にハノイで開催。
  3. 淑徳大学建学50周年記念フォーラム(2015年10月)
    平成27年10月8日にワークショップを開催し、ネパール、スリランカ、タイ、ベトナムとミャンマーで実施された調査の結果を報告し、各国における仏教"ソーシャルワーク"の実践とその意義について意見交換を行いました。ワークショップに引き続き、淑徳大学建学50周年記念フォーラムにおいて、平成27年10月9日に「仏教"ソーシャルワーク"と西洋専門職ソーシャルワーク ―次の第一歩」というテーマで開かれ、ロールプレイを試みて、西洋専門職ソーシャルワークの立場から、そして仏教の立場から議論を深めて双方の共通点や相違点に迫ってみました。

国際会議

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる