資料請求

活動経過

研究所の活動経過

当研究所では、研究所の理念を推進するために、以下のテーマで共同研究を実施してきました。

(1)「長谷川良信に関する総合研究」共同研究班(1996~1998年度)

  • 年報特集「長谷川良信に関する総合研究」(『長谷川仏教文化研究所年報』 第22号所収 1998年刊)
  • 『長谷川良信語録』(1998年刊)

(2)「『宗教(建学精神)』カリキュラム開発の研究」共同研究班(1996~2001年度)

  • 「宗教(建学精神)」カリキュラム開発の研究」報告書(1998年刊)
  • 「淑徳の時間テキスト」中高用教材試用本(2000年刊)
  • 淑徳の時間テキスト 石上善應監修『おかげの糸』(2001年刊) 
    (淑徳の中学、高校「淑徳の時間」使用のテキスト)

(3)「戦後仏教系社会福祉の総合研究」共同研究班(1998~2002年度)

  • 「戦後仏教系社会福祉事業の歴史と現状に関する総合研究」
    研究代表者 長谷川匡俊(淑徳大学学長 社会学部教授)
    平成12~14年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))
  • 『研究成果報告書』
  • 資料編1『戦後仏教系社会福祉年表』
  • 資料編2『仏教系社会福祉施設団体一覧・仏教系社会福祉事業活動統計一覧』

(4)「仏教社会福祉の総合研究」共同研究班(1998~1999年度)

(5)「昭和前期社会事業の基礎研究」 (2001~2004年度)

(6)「民間社会福祉施設の『社会化』に関する歴史的研究」 (2003~2004年度)

(7)「関東地区社会福祉形成史の総合的研究」 (2003~2005年度)

(8)「輪島聞声・長谷川良信 両先生の教育思想と実践に関する総合研究」 (2005~2007年度)

  • 年報特集「輪島聞声・長谷川良信 両先生の教育の思想と実践に関する総合研究」(『長谷川仏教文化研究所年報』 第32号(上)所収 2008年刊)

(9)「感化院事業の社会史的研究」 (2005~2007年度)

  • 年報特集「感化院事業の社会史的研究」(1)~(3)(『長谷川仏教文化研究所年報』 第30~32号所収 2006~2008年刊)
  • 『東京感化院関係史料集』(1)~(4)(『長谷川仏教文化研究所年報』別冊 2006~2008年刊)

(10)「東京感化院の総合研究」 (2008~2010年度)

  • 年報特集「東京感化院の総合研究」(1)~(3)(『長谷川仏教文化研究所年報』 第33~35号所収 2009~2011年刊)
  • 『東京感化院関係史料集』(5)~(16)(『長谷川仏教文化研究所年報』別冊 2009~2011年刊)

(11)「共生型ネットワーク社会の持続と変容」 (2008~2010年度)

  • 年報特集「共生型ネットワーク社会の持続と変容」(『長谷川仏教文化研究所年報』 第35号所収 2011年刊)

(12)「現代社会における仏教福祉の現状と展望に関する研究」 (2011~2013年度)

(13)「高瀬真卿関係資料の研究――社会福祉分野を中心に」 (2011~2013年度)

    (14)「ソーシャルワークにおける仏教の役割――日本・ベトナム比較研究」 (2012~2014年度)


      現在継続中の研究活動としては「日本仏教における戒律の福祉思想とその実践に関する基礎研究」(2017年度~)のプロジェクトを組織し、共同研究を進めています。

      また、研究所の定期刊行物として『長谷川仏教文化研究所年報』(年1回)等を発行しています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる