資料請求

過去の発達臨床研修セミナー

最終更新日:2019年09月28日

過去の発達臨床研修セミナーの内容は以下のとおりです。

第44回発達臨床研修セミナー

2019年8月3日、4日 

  • 初期段階の子どもの発達理解と育ちの足場
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 感覚と運動の高次化理論から見えてきたもの
    -重度肢体不自由教育の現場から-
    夏目 奈保子(静岡県立掛川特別支援学校)
  • 発達障害の基礎と最近の動向
    小林 繁一(静岡県立子ども病院 発達小児科)
  • ことばの坂を上る-Ⅲ層
    象徴化の世界の拡がり
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • "落ち着きのなさ"の背景理解と支援
    -年長男児の療育経過から-
    冨澤佳代子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 療育事例の解説とⅢ層の中核テーマの整理
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 行動問題!クラスワイドな支援から個別支援へ
    関戸英紀(横浜国立大学)

第43回発達臨床研修セミナー

2018年8月4日、5日 

  • 発達の領域と質的転換点のおさえを中心に
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 初期段階の重症児の実態把握と支援
    -自己身体像を整え外界に向かう基礎作り-
    秋江 直子(東京都立墨東特別支援学校)
  • 障がい児保育・教育の考え方を学ぶ
    佐藤 曉(岡山大学)
  • 前言語段階での教材を介したかかわりと表出手段の広がり
    冨澤佳代子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 自閉症幼児の情緒的揺れの理解と支援
    -3年間の実践から-
    横田千賀子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 療育事例の解説とⅡ層の中核テーマの整理
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 障害の重い子どもの支援
    坂口しおり(東京都立八王子東特別支援学校)

第42回発達臨床研修セミナー

2017年8月5日、6日 

  • 発達ステージの見方と実践展開の工夫
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 実態把握と支援仮説を見直した中学部の事例
    -Ⅱ層の基礎に焦点を当てて-
    磯野 浩士(奈良県立二階堂養護学校)
  • 重症児における能動的音楽療法
    -随意運動獲得のための実践から-
    下川 英子(埼玉療育園)
  • 初期段階の子どものわかる世界とその拡がり
    -Ⅱ水準からⅢ水準への支援-
    長洞 萌美(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • ASD児の10年間の臨床経過から
    -自己表現を支えて-
    冨澤 佳代子(湘南メンタルクリニック)
  • 身体を窓口にした子どもの理解と発達支援
    香野 毅(静岡大学)

第41回発達臨床研修セミナー

2016年8月6日、7日 

  • 個別アプローチの位置づけと展開
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 学習を足がかりにしたコミュニケーション支援
    -肢体不自由児のかな文字指導の工夫から-
    富田 直(埼玉県立越谷特別支援学校)
  • 子どもの発達と活動療法
    松井 紀和(日本臨床心理研究所)
  • 自己像の確立をめざして
    -言語表現と概念の広がりを模索した中学部での実践-
    石井 洋介(鳥取県立白兎養護学校)
  • 集団アプローチの位置づけと展開
    長洞 萌美(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • ASD児の10年間の追跡調査からみえる「自己理解」の大切さと可能性
    木谷 秀勝(山口大学)

第40回発達臨床研修セミナー

2015年8月1日、2日 

  • 4層8ステージの概要と新たな臨床的理解
    池畑美恵子(淑徳大学)
  • 教材学習での共有感をつかみにくい事例へのアプローチ
    -発達の飛び越えとアンバランスに目を向けて-
    長洞 萌美(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 乳幼児期の発達の魅力をとらえた保育・子育て
    ~子どもたちの「言葉にならない言葉」を受け止める~
    田中 真介(京都大学国際高等教育院)
  • 激しい自傷、他傷行為を教材を使った学習で乗り越えていったKくん
    辰巳 南薫子(元奈良県立二階堂養護学校)
  • 自己像を支える発達臨床
    -青年期の事例の生きにくさ視野に入れて-
    冨澤 佳代子(湘南メンタルクリニック・淑徳大学)
  • 発達支援と教材教具
    -二次的障害の予防的観点も含めて-
    立松 英子(東京福祉大学)

セミナー会場 セミナー会場

教材展示 教材展示

40回記念大会として懇親会を開催しました 40回記念大会として
懇親会を開催しました

第39回発達臨床研修セミナー

2015年8月1日、2日 

  • 0歳から6歳の認知発達と概念形成
    -タテの発達・ヨコの発達・学習環境と学びの能動性・身体性-
    佐島 毅(筑波大学准教授)
  • Ⅳ層 概念化水準に向かう過程での自己像の育ちと協同遊び
    川口 真理子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 集団療育の試行錯誤とプログラムの見直し-母子グループでの一年間の経過から-
    湯本 ゆかり・長洞 萌美(三郷市しいのみ学園)
  • 主体的な活動参加を目指した集団での授業づくり-小学部<朝の会>での取組み-
    横田 哲弥(千葉県立市川特別支援学校)
  • 集団アプローチにおける子ども理解-かかわりの整理からみえてくるもの-
    池畑 美恵子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • <発達>は私たちの暮らしを豊かにするのか?
    -<発達、発達>という時代のなかの発達臨床-
    浜田 寿美男 (奈良女子大学名誉教授・立命館大学特別招聘教授)

第38回発達臨床研修セミナー

2014年8月2日、3日 

  • 自閉症幼児の外界志向性と行動による対話-4年間の療育を通して-
    恩田 智史 (淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 高等部自閉症児 自傷行為の《理由(わけ)》の理解に基づいた指導
    -感覚鈍麻との関連から-
    早川 淳子 (市川市教育委員会)
  • インクルーシブ教育システムにおける特別支援教育の未来
    -教育的ニーズへの対応と発達的視点の重要性-
    下山 直人 (筑波大学附属久里浜特別支援学校)
  • 教材データベースを授業づくりに生かしていくために
    -効果的活用方法についてのケース報告-
    高橋 浩 (奈良養護学校)
  • 子どもの拒否から考える発達臨床
    川口 真理子 (淑徳大学発達臨床研究センター)
  • コミュニケーションの力を引き出す創造的音楽療法
    益山 ゆき

第37回発達臨床研修セミナー

2013年8月3日、4日 

  • 聴覚優位傾向のある自閉症幼児の心理的、身体的中心軸の形成
    池畑美恵子・亀井公枝(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 「発達の気になる」こどもたちの心理臨床的支援-合気道を中心としたアプローチの開発-
    新藤 紀子(社会福祉法人ミッドナイトミッションのぞみ会)
  • 発達の中で見る発達障害
    滝川 一廣(学習院大学)
  • アセスメントチェックリスト-肢体不自由特別支援学校での取り組み-
    高橋 浩(奈良県立奈良養護学校)
  • 淑徳大学発達臨床研究センターの理論と実践「模倣を育てる発達臨床」
    石井みや子・池畑美恵子・川口真理子
  • 発達とことば
    小山 正(神戸学院大学)

第36回発達臨床研修セミナー

2012年8月4日、5日 

  • ステージⅤ:対応知覚水準の質的な充実を大切にした自閉症児の発達支援
    池畑 美恵子(淑徳大学発達臨床研究センター)
  • 発達障害と家族支援
    中田 洋二郎(立正大学)
  • 個に応じた授業作りを目指した小学部6年の取り組み
    -教育実践に指導技法や先行実践をいかに取り込むか-
    加来 慎也(茨城県立美浦養護学校)
  • 触覚探索による外界へ向かう姿勢の変容を追って
    -個別場面でのかかわりを中心に-
    新井 紀(千葉県立松戸特別支援学校)
  • 初期段階の子どものコミュニケーション手段の導入と工夫
    石井みや子・池畑美恵子・川口真理子
  • 障がいのある子どもの<ことば・文字・数>の基礎学習と指導法
    進 一鷹(元・熊本大学教授)

※講演順

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる