社会福祉学科の最近のブログ記事

千葉キャンパスの静けさに想う

社会福祉学科 柏女霊峰 2020.6.4

新型コロナウィルス感染症への対応として、淑徳大学千葉キャンパスが原則、入構禁止とされて3か月が過ぎました。

私は週1回ないし10日に1回ほど千葉キャンパスに来ていますが、主役の学生たちがいないキャンパスは閑散としてどこか寂しそうです。

キャンパスでは、前期対面授業の準備も検討されています。早く、学生たちが戻ってこられるよう祈っています。

 

 千葉キャンパスには、開学50周年を記念して淑徳大学歌碑が建てられました。

大学歌1番の末尾に、「天地の恩に/覚むる時/誰れか奉仕を/思わざる」というフレーズがあります。

淑徳大学の建学の理念は、「感恩奉仕」(天地の恩)と「菩薩道」(奉仕)です。

これは、「生かされていることに感謝し(感恩)、自分の与えられたいのちを他者にお返しする(奉仕)ことです。

つまり、自分の尊いいのちを自他の自己実現に向けて燃焼させることが『自利利他』になります」(Together.No.211[2016.4. p.7])と理解されます。

 新型コロナウィルスとの闘い、自粛生活のなかで、自ら生かされているいのちと向き合うことで、自分が本当に大切にすべきことが見えてくるのかもしれません。

今は静かなキャンパスに、学生たちの、新しいいのちのざわめきがこだますることを願っています。

 写真

取得大学南門淑徳大学南門

南門のタブノキ南門のタブノキ

研究棟前から15号館を臨む研究棟前から15号館を臨む

大学歌と善財童子大学歌碑と善財童子


歌碑のアップ歌碑のアップ

淑水記念館淑水記念館

 

 

千葉キャンパスの様子

 2020年度が始まりました。 1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 千葉キャンパスには多くの桜の木があり、今年もいつもと同じように花をもち、皆さんを迎える準備ができていました。

これは4月の入学式が予定されていた頃のキャンパスの様子です。

桜がとてもきれいですね。

千葉キャンパス4月の様子

 いつもであれば、サークルなどへの勧誘の声、そして、この中庭からは歌声が聞こえ、芝生でランチをする学生

など、とても賑やかなキャンパスとなります。

それから1か月が経ち、キャンパスも色々と変化をみせています。

5月に入り、咲く花も桜からつつじに・・、

そして樹木の新芽も目立ってきて、濃い緑の葉と黄緑の若葉がとてもきれいなキャンパスです。 

千葉キャンパス5月

 学生、教員、職員など、多くの人が行き来するキャンパスですが、今はこのように誰もいません。

 よく見ると、アスファルトの間からもたくさんの新芽がでていました。

千葉キャンパス5月 今は静かなキャンパスですが、早く皆さんと会いたいと思っているキャンパスです。

 テニスコートの横で咲いていた八重桜も、すっかりと葉だけに・・・。

 早く、ボールを打つ音を聞きたいですね。

 今聞こえるのは、風の音と、鳥の鳴き声・・。

千葉キャンパス5月テニスコート 最後に図書館。 ここにも、学生の皆さんが手にとってくれることを待ち望んでいる本がたくさんいます。

 千葉キャンパス5月 今は我慢の STAY HOME! 早く皆さんと会いたいから STAY HOME!  一緒の想いで。

 

 

社会福祉学科 米村ゼミの活動

コミュニティ政策学部の本多ゼミと合同のゼミ合宿

 

米村ゼミでは、「人にかかわる力」の形成を目指し1月28,29日に1泊2日で合同のゼミ合宿を行いました。

学部の垣根を越えて、合同で16名の学生と2日間学び合いました。

米村ゼミ合宿 研修室

会場は、リソル生命の森です。

 米村ゼミ合宿の様子

       研修室です。

合宿では、生きるために欠かさない「人とかかわる力」を育成することを目指しています。

空気のように「人間関係」は、誰でも当たり前に営めるものとして、日常にあります。

しかし、一旦その人間関係の中で何かが起こるとそこでの居心地の悪さを感じ、その原因を相手ばかりにも求めがちです。

それでは、その関係の改善や変化は、望めないものです。 

私たちは、相手に対する自分の有り様を振り返ることが必要となります。

一方的に生まれてくる人間関係は、ありえず、相手の反応で自分は変わり、自分の反応で相手の反応も起こります。

こうした人間関係のあり方に目を向け、合宿の全日程を通して、相手とのかかわり合いを大切にした「本当の人間関係」の構築を目指していきます。

 

                   グループでのディスカッションの風景

 米村ゼミ合宿の様子

グループでのディスカッションの風景

 米村ゼミ合宿の様子

お昼のひと時

  1泊2日で11時間近くのディスカッションを行いました。

グループ内の時間を通して、人とかかわりながら各自の人にかかわる態度を意識し、人とかかわる際の自分の課題を明確にしていきました。

限られた時間の中でしたが他者と深くかかわれたことの楽しさが感じられたとの感想が寄せられました。

人間関係は、終わりのないテーマです。

意識したところでスタートラインと立ったと言えるでしょう。 

 

 

 

「楽しい!わくわくおしごと学校」の開催

戸塚法子

127日、淑徳大学千葉キャンパス15号館を会場にして「第7回 楽しい!わくわくおしごと学校 ~いざ、ミライのわたしへ~」が10時から15時にかけて開催された。

このイベントは、社会福祉学科の授業(演習)「福祉系ビジネスインターンシップⅡ」の一環として、履修学生達が、自主的に企画・運営を行っていくイベントである。

一番のネライは、将来学生達が福祉マインドを携えてさまざまな業界に入って行ったとき、そこで多様な企画を考案し進めていく際に役立つ「総合力」育成のために、講師選定、企画準備、後援団体への依頼、講師との打ち合わせ、仲間との役割分担検討、会場準備等といった、さまざまな段取りをまさに履修学生達が主体となって挑戦し押し進めていくユニークな演習でもある。

 今回は、学生達が考案した7つの企画(「看護師の仕事体験」「ボディペイントの仕事体験」「デコ巻きずしの仕事体験」「幼稚園教諭の仕事体験」「サッカーの仕事体験」「自然観察の体験」「新聞紙で箱を作ってみよう体験」)を展開していった。


楽しいわくわくお仕事学校のチラシ

当日の始まり時には緊張のせいでぎこちない動きしかとれなかった学生達も、次第に来場した親子と触れ合うなかで打ち解けていき、子ども達の様子に応じていろいろな働きかけが自然にできていったように思われる。

イベント後、保護者の方々からは、「将来、娘になって欲しい仕事が体験できて良かった!」「来年もぜひまた来たい!」「普段体験できない貴重な仕事体験ができた、楽しかった!」等、うれしい声が寄せられた。

 

楽しいわくわくお仕事学校 受付受付 ↑  ボディペイントの様子↓

   

お仕事学校体験の様子

デコ巻体験と箱作り体験 どちらも可愛く仕上がりました!

お仕事学校体験の様子

 

幼稚園教諭体験と自然体験 ↓

 

 

 

 

 

  社会福祉専門演習 4年生 米村ゼミの活動報告

「ファシリテーター養成講座を受講」

令和元年11月1,2日の2日間「ファシリテーター養成講座」を受講しました。

千葉市文化振興財団 千葉市男女共同参画センターの主催による大学への出前講義です。

米村ゼミの4年生が出席し、ファシリテーションとは何か?を学び、ファシリテーターに必要なスキルを実践を通し学習しました。

講師は、国際ファシリテーション協会 椿景子先生です。

椿先生は、終始学びのモチベーションを上げるご指導で私たちは、長い時間にもかかわらず、集中して学ぶことができました。

 

椿先生「ファシリテーションとは何か」講義を受講中

 

模造紙を使い、マッピング・コミュケーションを実践中

 

模造紙や付箋を使い、ファシリテーション・グラフィックスを実践中

  「会議を妨げる要因は何だろう?」とグループ討議中

 

 終わった後の学生の感想の一部

◎とても今後の参考になった。

ファシリテーターとしての役割、参加者としての役割を学ぶことができ、今後どちらもやることになると思うので、今後活かしていきたい。

◎とても楽しかったです。講義を聞くのみでなく、自らの身体、言葉を使って表現し、身につけていく。

実際にその大切さを実感しながらすすめられることで、より一層学ぶことができたと感じました。

今後も役に立つ知識を頂けたとともに、自分が今までリーダーとなる役割も多かったが、上手く出来ず悩んだりすることも解決していくことができました。

2日間、お忙しい中、有り難うございました。

◎自分の意見を上手く言えないことが多いので、グループワークというのはあまり好きではないんですが、グループメンバ-の行動一つで参加し易い環境づくりだったり、自分の考えを受けとめてくれたり等、こんなにグループワークというのはこんなに楽しんだと実感しました。先生ともっと沢山お話をしてみたいと思いました。

2日間講義して下さったことを社会に出てからも活かしていきたいと思います。有難うございました。

◎とても今後の参考になった。

ファシリテーターとしての役割、参加者としての役割を学ぶことができ、今後どちらもやることになると思うので、今後活かしていきたい。

「学園祭発表に向けてのゼミ活動」
 
10月26日、27日と、淑徳大学千葉キャンパスでは、学園祭である「龍澤祭」が開催されます。
例年、複数のゼミでポスター発表が行われます。
私たちのゼミも、3年生ゼミ生たちが発表の準備をしています。
障害者福祉を専門とする山下幸子ゼミでは、「障害者への理解を深めるために―障害者権利条約時代の合理的配慮」と題したポスター発表を行います。
合理的配慮とは何か? 
どのような配慮の例があるのか?といった事柄が発表されます。
他のゼミも、ゼミの専門領域等に即したテーマでの発表準備をしています。
よろしければ、ぜひ龍澤祭におこしください。(山下幸子)
山下幸子ゼミ学祭の準備山下幸子ゼミ学祭の準備

松戸の常盤平団地「孤独死対策」の実践を結城ゼミ3年生有志で視察

2019914日)

 

結城(文責)

 結城ゼミ3年生の有志で、松戸の常盤平団地の孤独死対策を視察。

中沢(自治会特別顧問)さんに、実践の取り組み、孤独問題についてレクチャーを受ける。

中沢さんは、孤独死対策においては、パイオニアニア的な人で全国でも有名な方である。

「人は、誰かに支えられて生きていく、死生観など」、視察した学生らも熱心にメモをとりながら、中沢さんの話を聞いていました。



 

中沢さんと記念撮影

中沢さんの説明に耳を傾ける学生ら

中沢さんの説明に耳を傾ける学生ら

 

 

 

 


社会福祉士・精神保健福祉士受験対策夏期合宿を開催!

藤野達也・伊藤千尋

 社会福祉学科では、毎年「受験対策夏期合宿」を開催しています。

夏休みに入る前に、「模擬試験+グループ学習」で学習体力を養うことが目的です。

今年は108名の社会福祉士・精神保健福祉士を目指す学生たちが参加しました。

合宿では午前中に模擬試験、午後はグループ学習と18時間、みっちり勉強します。

夕方には昨年度合格した先輩も駆けつけて、資格が今の仕事にどのように役立っているのか、苦手科目の勉強方法など、盛りだくさんのメッセージを届けてくれました。

勉強漬けの2日間を過ごし、学生たちはそれぞれ小さな達成感を味わったようです。

合宿での経験が、残り半年間の学生たちを支えてくれることを信じています。

国試夏合宿の様子写真:本番と同様の緊張感の中、模擬試験がスタート

 

国試合宿の様子写真:4人グループに分かれての調べ学習

国試合宿の様子写真:先輩からのメッセージ

 

国試夏合宿写真:夕食バイキングでリフレッシュ

EPA日越経済連携協定に基づく介護福祉士候補者との国際交流

 

毎年恒例ですが国際交流イベントとして、社会福祉学科の学生152人とベトナム人介護福祉士候補者178人との交流を行いました。

ベトナ人介護福祉士候補者は、ベトナムの大学等で看護を学び、EPAの研修所では朝から晩まで1年間日本語を勉強してJLPT(日本語能力試験)N3に合格され来日されました。

N3を持っていますので日常会話は十分に可能で、本学の学生と文化、食事、流行、福祉、恋愛などさまざまなテーマについてそれぞれの国の共通点や違いを日本語で話し合っておりました。

また、3月に国際交流で訪越した本学の女子学生5人も参加してくれお互いの再会を喜び合っていました。

あいにくの雨のため外での全体写真を撮ることはできませんでしたが、終了後はそれぞれ写真を撮り合ったり、和気あいあいと楽しいひと時を過ごしておりました。

(藤野) EPA国際交流

 EPA国際交流 EPA国際交流EPA国際交流 

 

 

   

白旗七夕まつり社会福祉学科の学生らの参加(地域活動)

結城康博(文責)

 

 毎年、実施されている「白旗七夕まつり」に、7月6日(土)淑徳大学として参加しました。

社会福祉学科の学生らも元気に活躍していました。

今年は、社会福祉学科3学年の学生が(ボランティアセンター所属)、総合司会を務め、まつりを大いに盛り上げていました。

大学として地域の方々と交流するのも勉強になり、参加した社会福祉学科の学生もたのしく過ごしていました。

白旗七夕まつり総合司会イベントの総合司会を務める社会福祉3学年の学生

 白旗七夕まつりに参加した学科学生の様子

白旗七夕まつりに参加した社会福祉学科の学生ら

白旗七夕まつりの様子

白旗七夕まつりの様子