資料請求

公開講座のご案内

最終更新日:2019年11月13日

千葉キャンパス公開講座一覧

大学院公開講座 「大学院で学ぶ」意義を考えよう!~社会人からの新たな学び~

淑徳大学総合福祉研究科・看護学研究科の院生(社会人)による合同シンポジウムを開催いたします。
龍澤祭・ホームカミングデーとの同時開催となります。

日時
2019年10月26日(土)13:50~15:00
会場
淑徳大学千葉キャンパス(15号館2階202教室)
コーディネーター
結城康博(淑徳大学教授)
淑徳大学卒業後、新宿区役所に勤務、在職中法政大学大学院で働きながら学び博士号取得。07年役所を退職後淑徳大学へ転職。
パネリスト
鈴木敏彦(和泉短期大学教授)
淑徳大学社会福祉学部卒業後、淑徳大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了(1994年)。専門学校講師を経て、1999年から和泉短期大学教員となる。教職の傍ら、東洋大学大学院福祉社会システム研究科博士後期課程で学ぶ。

緑川喜久代(三育学院大学専任講師)
淑徳大学大学院2年在学中(看護専攻) 看護師として病棟勤務を経験した後、保健師資格を取得。その後長南町役場保健師を経て現在、三育学院大学看護学部の教員として従事する傍ら、淑徳大学大学院看護学研究科修士課程で学ぶ。

大塚 薫(淑徳大学非常勤講師)
淑徳大学大学院2年在学中(社会福祉専攻) 千葉県高齢者福祉課等で勤務後、退職して淑徳大学院に入学。 学びながら非常勤講師の仕事に従事。

授業開放講座「淑徳で学ぶ 福祉・ 歴史・文化・宗教」

2019年度千葉キャンパス授業開放講座

淑徳大学では、大学の教育・研究を広く地域に提供する目的で、本学の学生向けに開設している正規授業の一部を開放しています。年齢や学歴を問わず、どなたでも受講することができます。
生涯学習の一助に、あるいは社会人の 学び直しの機会として、キャンパスで学生たちと一緒に学び合いませんか?

平成31年度後期 開放講座一覧(授業詳細はシラバスにてご覧ください)

番号 曜日時限 科目名 講師名
1 月 10:40~12:10 現代人の生活倫理E 魚谷 雅広
内容 現代社会に特有の倫理的諸問題、特に大衆社会、科学技術、共生社会をめぐる倫理的諸問題を中心に、西洋倫理思想の文脈でなされる議論について学ぶ シラバス
2 月 13:00~14:30 現代人の生活倫理F 魚谷 雅広
内容 現代社会に特有の倫理的諸問題、特に大衆社会、科学技術、共生社会をめぐる倫理的諸問題を中心に、西洋倫理思想の文脈でなされる議論について学ぶ シラバス
3 月 13:00~14:30 環境保護と野外活動B 亀井 尊
内容 自然保護の視点に立ち、「緑」環境について実践的で活動的な授業を展開し、野外活動に応用できる技能を身に付ける シラバス
4 月 13:00~14:30 文学作品と文学表現C 内田 愛
内容 イングランドを中心とした文学史を振り返りながら、主要な詩人や小説家を取り上げて、「伝統」とは何であるのかを考える。 シラバス
5 月 13:00~14:30 社会貢献と地域活動A 伊藤 佳世子
内容 社会を構成する3つのセクター(行政、企業、市民)の特徴や役割について理解した上で、特に市民、企業の具体的な社会貢献と地域活動について学ぶ シラバス
6 月 14:40~16:10 政治社会と行政問題C 田邊 亮
内容 政治の世界を「本人と代理人の関係」と整理した上で,「内閣総理大臣,国会議員,官僚,利益集団とは,どのような人たち・集団なのか? どのような仕事をしているか?」などについて学修する. シラバス
7 月 14:40~16:10 宗教社会と民族文化A 武田 道生
内容 宗教とは何かという視点で、様々な定義を紹介し、世界の諸宗教を比較検討する。次いで、宗教はどのように分類されるのかを考えたうえで、様々な宗教の神観、世界観、人間観を比較考察する。 シラバス
8 月 14:40~16:10 生命科学と生命倫理A 魚谷 雅広
内容 現代の生命科学・医療をめぐる倫理的諸問題を具体的な事例から考察する。そしてその考察を通じて、生命の尊厳と生命尊重の精神を再確認するとともに、生命に関わる倫理原則について考察する シラバス
9 月 14:40~16:10 社会貢献と地域活動B 伊藤 佳世子
内容 社会を構成する3つのセクター(行政、企業、市民)の特徴や役割について理解した上で、特に市民、企業の具体的な社会貢献と地域活動について学ぶ シラバス
10 火 9:00~10:30 社会学概論B 野田 陽子
内容 社会学の基礎概念の理解をとおして社会学的な分析視点を学び、その基礎概念と分析視点を活用しながら、社会学が研究対象としてきた主要な事象ごとに現代社会の特質や動向について考える。 シラバス
11 火 9:00~10:30 現代社会論 山本 功
内容 現代社会の諸相について、社会学的な概念を用いて把握できる力をもつことをめざす。 シラバス
12 火 10:40~12:10 法律社会と人権問題C 村上 玲
内容 判決文を読み、事実と判決の枠組みを把握して、当該判決の争点についてどのような主張が成り立ちうるか、判決にとらわれずに議論する。 シラバス
13 火 10:40~12:10 健康科学と身体運動D 池田 尚樹
内容 健康科学および身体運動の基礎的な知識について、スポーツ生理学、バイオメカニクス、メンタルヘルス、生涯スポーツなどを主要なテーマにスポーツ・健康科学の概要を理解し、学習する。 シラバス
14 火 13:00~14:30 多文化と異文化理解B 原田 晶子
内容 西洋中世の教会の役割や世俗の信徒の信仰のあり方を都市市民の目線から明らかにすることにより,私たちとは異なる時代・地域に生きた人々の価値観を認識する シラバス
15 火 13:00~14:30 社会貢献と地域活動D 鹿住 貴之
内容 社会を構成する3つのセクター(行政、企業、市民)の特徴や役割について理解した上で、特に市民、企業の具体的な社会貢献と地域活動について学ぶ シラバス
16 火 14:40~16:10 国際関係と外交課題B 石綿 寛
内容 現代の国際社会のありかたを様々な事例を通して学び、国際政治史・国際関係理論・を概説する。また日本の外交課題を考察するために、日米関係、日本と東アジアを事例として取り上げる シラバス
17 火 14:40~16:10 文学作品と文学表現A 白井 伊津子
内容 わが国最古の歌集である『万葉集』の、とくに挽歌(死者に関する歌)を取りあげ、歴史、風土、文化、思想的な背景などにも触れながら読解していく シラバス
18 火 14:40~16:10 経済政策論 松野 由希
内容 ミクロ経済学とマクロ経済学をもとに学び、所得再分配政策について理解を深める。経済政策の改革の方向性をアクティブラーニングで考える。 シラバス
19 水 9:00~10:30 日本社会と歴史文化C 前田 寿紀
内容 日本に住んだ人々により、文化が多様に作られ、次第に統合されてきたあゆみを、主な歴史・文化とその流れを示すことにより捉える。 シラバス
20 水 10:40~12:10 心と身体の健康管理B 岩井 阿礼,山邉 文代
内容 睡眠や食事の適切な取り方、アルコールやタバコなどの嗜好品とのつきあい方、自分やパートナーを傷つけない性的なパートナーシップのあり方といった日常生活における健康管理、いくつかの重要な心身の疾患について学ぶ。 シラバス
21 水 13:00~14:30 健康科学と身体運動E 片山 克
内容 健康科学および身体運動の基礎的な知識について、スポーツ生理学、バイオメカニクス、メンタルヘルス、生涯スポーツなどを主要なテーマにスポーツ・健康科学の概要を理解し、学習する。 シラバス
22 水 13:00~14:30 経済構造と経済政策B 松村 俊英
内容 我が国の経済政策(主に経済成長政策、金融政策、財政政策、再分配政策)における目的と手段の体系を学ぶ。基本的な経済理論や知識を習得したうえで、現実の経済政策の実践的な課題について学ぶ シラバス
23 水 13:00~14:30 世界動向と国際貢献B 松尾 加奈,郷堀 ヨゼフ
内容 「保健衛生」「平和・紛争・戦争」「環境・開発」の3つのテーマについて、新聞記事・ルポ・映像・ドキュメンタリー映画などの資料を用いながら、各国の取り組み、国境を超えた取り組みを生活者の目線で取り上げる。 シラバス
24 水 13:00~14:30 社会貢献と地域活動C 山下 興一郎
内容 社会を構成する4つのセクター(行政、企業、市民)の特徴や役割について理解した上で、特に市民、企業の具体的な社会貢献と地域活動について学ぶ シラバス
25 水 14:40~16:10 生命科学と生命倫理B 小林 秀樹
内容 現代の生命科学・医療をめぐる倫理的諸問題を具体的な事例から考察する。そしてその考察を通じて、生命の尊厳と生命尊重の精神を再確認するとともに、生命に関わる倫理原則について考察する シラバス
26 水 14:40~16:10 人間の心理と行動C 蔵 琢也
内容 心理学の基本的なことがら、歴史、主な理論の考え方などを学ぶ。つづいて人格、成長、社会などに関係する個別テーマを紹介する。 シラバス
27 水 14:40~16:10 宗教社会と民族文化B 名和 清隆
内容 宗教とは何かという視点で、様々な定義を紹介し、世界の諸宗教を比較検討する。次いで、宗教はどのように分類されるのかを考えたうえで、様々な宗教の神観、世界観、人間観を比較考察する。 シラバス
28 木 10:40~12:10 高齢者心理学 久保田 美法
内容 ?高齢期の心理に関する基本的な知見を学ぶとともに、高齢者の多様な姿に触れ、その心に思いを馳せる姿勢を養う。 シラバス
29 木 10:40~12:10 共生論 藤森 雄介
内容 建学の精神である「利他共生」を正しく理解するとともに、本学で学ぶことの意義や意味を共に考えることを通じて、自らを肯定的に捉えて有意義な学生生活を過ごしていける契機となる事を目的とする。 シラバス
30 木 10:40~12:10 アジアの文化と暮らしB 江藤 双恵
内容 東南アジアの文化の特徴を理解するとともに、東南アジア社会が直面する課題について、地域研究的視角から学習し、望ましい発展とは何かを考える。 シラバス
31 金 13:00~14:30 チームワークとリーダーシップA 松本 良恵
内容 チームを目標達成に導くリーダーシップに関する理論を概説し、適切なリーダーシップを維持するためにフォロワーがすべきことについて考察する。 シラバス
32 金 14:40~16:10 福祉系キャリアデザイン 松山 恵美子
内容 講義とグループワークを取り入れて、社会福祉の知識、技術や福祉マインドがどのような形で社会に求められているのかを具体的に学習していくことを狙いとしている。 シラバス
33 金 14:40~16:10 心と身体の健康管理A 冨澤 佳代子
内容 心と身体とのつながりや関係を理解し、大学生活において生じる可能性のある心や体の問題について学ぶ。 シラバス
日 時
平成31年9月27日(金)より
毎週同曜日、同時刻に15回の授業を受講します。
受講料
1講座10,000円(申込後の受講者都合によるキャンセルについては返金いたしません。)
お申込み
お申し込みはこちら
FAXでのお申し込みはこちら
  • 定員に達した場合、講座ごとに申し込みを締め切らせていただく場合があります。
  • 講座によっては定員や履修学生の人数により、開講されない場合や受講できない場合がございます。予めご了承ください。
  • 単位認定をご希望の方は、科目等履修生をご検討ください。

千葉第二キャンパス公開講座一覧

淑徳大学大学院看護学研究科 2019年度 第2回公開講座
ケアイノベーション―ケアにおける技術革新―

講師:東京⼤学⼤学院医学系研究科 教授 真⽥ 弘美 先⽣


日 時
10 月 17 日(木)18 時~19 時 30 分
内 容
詳細はこちらをご覧ください

淑徳大学大学院看護学研究科 2019年度 第1回公開講座
組織における人材育成―組織人をどう育て、自分自身をどう育てるか―

講師:法政大学大学院政策創造研究科 教授 石 恒貴 先生



日 時
7 月 25 日(木)18 時~21時
内 容
詳細はこちらをご覧ください

埼玉キャンパス公開講座一覧

埼玉キャンパスで行われる公開講座をご紹介しております。

淑徳大学コミュニティ・カレッジ 2019
『ホテル学』― ホテルの歴史と現在、そして未来―

講師:淑徳大学 経営学部観光経営学科准教授 吉田 雅也

日 時①
11 月 30 日(土)13 時 30 分~15 時
「世界のホテル史」
日 時②
第 2 回 12 月 7 日(土)13 時 30 分~15 時
「ホテル業の現在と未来」
内 容
詳細はこちらをご覧ください
会 場
淑徳大学 埼玉キャンパス
交通機関
東武東上線「みずほ台」駅西口 よりスクールバス約7分
JR 武蔵野線東所沢駅よりスクールバス約 15 分
定 員
先着 80 名
受講料
1000円(全2回分)
※お申込み後、郵便振替用紙をお送りします。
申込方法
はがき・FAX・Eメールのいずれかで、下記事項をご記入の上、お申込みください。
①講座名 ②郵便番号 ③住所 ④氏名(ふりがな) ⑤年齢 ⑥性別 ⑦電話番後 ⑧ FAX番号

FAXでのお申し込みはこちら
メールでのお申し込みはこちら
申込〆切
2019 年 11 月 15 日(金)
申込先
淑徳大学埼玉キャンパス 総務部
〒354-8510 埼玉県入間郡三芳町藤久保 1150-1
TEL049-274-1511
FAX049-274-1521

淑徳大学コミュニティ・カレッジ 2019
第6回 親子で遊ぼうワクワククリスマス



日 時
12 月 7 日(土)13:30~14:50(開場 13:00)
内 容
「パネルシアター・工作遊び・トーンチャイム ほか」
会 場
淑徳大学 埼玉キャンパス 1号館 2階 学生ホール
(1-202、203、204、205教室前)
交通機関
東武東上線「みずほ台」駅西口 よりスクールバス約7分
JR 武蔵野線東所沢駅よりスクールバス約 15 分
対 象
乳幼児~小学校低学年親子
受講料
無料
申込方法
はがき・FAX・Eメールのいずれかで下記事項をご記入の上お申込みください。
①郵便番号 ②住所 ③氏名(ふりがな) ④子どもの氏名・年齢 ⑤電話番号 ⑥FAX 番号 ※FAX でお申込みの方は、こちらをご使用ください
(ご記入いただいた個人情報は、親子で遊ぼう☆わくわくクリスマス!以外の目的には使用いたしません)

FAXでのお申し込みはこちら
メールでのお申し込みはこちら
申込〆切
2019 年 11 月 29 日(金)
申込先
淑徳大学埼玉キャンパス 総務部
〒354-8510 埼玉県入間郡三芳町藤久保 1150-1
TEL049-274-1511
FAX049-274-1521

開放授業講座 (リカレント教育)

埼玉県内在住の55歳以上の方を対象に、県と県内・近隣にキャンパスを構える大学が協力し、授業科目の一部を開放いたします。

2019年度後期授業

後援

●埼玉県教育委員会 ●富士見市 ●富士見市教育委員会 ●ふじみ野市 ●ふじみ野市教育委員会 ●三芳町 ●三芳町教育委員会

※定員に達しましたので、募集を締め切りました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

 

東京キャンパス公開講座一覧

令和元年度板橋区教育委員会共催公開講座 座『共通テーマ「伝える力」』

日 時
令和元年9月24日~11月19日の第1火曜日 全6回
18時00分~19時30分
会 場
淑徳大学東京キャンパス5号館 
(板橋区前野町2-29-3)
対 象
区内在住・在勤・在学で、原則として全日程受講できる方
定 員
260人
受講料
6回で2,000円
(※講座1回目の時点で65歳以上の方・高校生以下の方・障害者手帳をお持ちの方は1,000円)
申込み
往復はがき(1人1枚)または電子申請で板橋区へ 詳細はこちら
申込み先
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
生涯学習課生涯学習推進係
共 催
板橋区、淑徳大学
日時令和元年9月24日(火)
18:00〜18:20
開講式挨拶淑徳大学 副学長
下山 昭夫
日時令和元年9月24日(火)
18:20~19:30
外国人に「伝える力」から講師
白寄 まゆみ
概要 東京開催のオリンピックを前に、海外からの観光客が急増している東京。観光客の多くは、日本語学習歴があり、日本語での交流を望んでいるという調査結果もあります。一人ひとりが「おもてなし」の心の表れとして、「伝える力」を意識しコミュニケーションをとることにより、外国人とも容易に交流することができます。冊子・動画を使い、「伝える力」を再発見していきます。
日時令和元年10月1日(火)
18:00~19:30
漢字の魅力―古代漢字が伝える世界―講師
小川 博章
概要 私達が使用している漢字のルーツは、約三千年前の「甲骨文」です。牛の肩甲骨や亀の腹甲に刻された内容は、国家や王家の占いに関するものがほとんどで、祭政一致の社会を髣髴とさせます。古代文字に表現された字形や構成を学ぶことで、古代中国の社会や文化、産業、宗教等の姿を理解することができますし、人々の生活を垣間見ることさえできそうです。文字の表現から古代人の心が伝わるかもしれません。
日時令和元年10月15日(火)
18:00~19:30
ベストセラーに学ぶ「伝える力」講師
杉原麻美
概要 多くの人の支持を集めるベストセラーを生み出すには、まずターゲット層に効果的に「伝わる」ことが不可欠です。ベストセラーの具体例をまじえて、日常生活に応用できる「伝える力」について学びます。
日時令和元年10月29日(火)
18:00~19:30
韓国コンテンツ産業の現在講師
田中 則広
概要 地理的には日本や中国などの大国に囲まれながらも、2000年代以降、ドラマや映画、それに音楽からファッション、料理に至るまで、様々な文化コンテンツの発信でその存在感を示してきた韓国。日本や中国などの周辺国と比較すると、圧倒的に国内市場が狭いこともあり、以前から海外を意識しながら情報発信に取り組んできました。本講座では、この国の文化コンテンツ発信を牽引してきたドラマを中心に、韓国コンテンツ産業の「伝える力」の現状を紹介します。
日時令和元年 11月5日(火)
18:00~19:30
広告にみる「伝える力」講師
野村 浩子
概要 インターネット広告の総額が、テレビCM費とほぼ並び、今年ついに追い越すことが見込まれます。お茶の間で家族全員がテレビを囲んだ「サザエさん」のような時代の広告から、スマートフォン片手にそれぞれが画面に向かう時代の広告に――インターネット、そしてソーシャル・メディアが浸透するなか、広告表現がどのように変化しているかを紹介します。
日時令和元年11月19日(火)
18:00~19:10
文豪の「伝える力」 内田百閒の「東京日記」講師
星野 英樹
概要 内田百閒が昭和13年(1938年)に発表した23の小編からなる「東京日記」は、丸の内、銀座、神楽坂、皇居周辺など当時の東京の街並みを、独特の表現で描き出しています。 作品で多用される百閒独自の文体、修飾表現に注目するとともに、昭和、平成、そして令和への街並みの変化を写真で確認しながら、「東京日記」の豊かな文学的表現の魅力を解説していきます。
日時令和元年11月19日(火)
19:10~19:30
閉講式挨拶淑徳大学 副学長
下山 昭夫
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる