淑徳大学地域連携センター

Center for Collaboration of Regional Development
淑徳大学地域連携センター
Information

センター紹介

取り組み内容

淑徳大学地域連携センターは、本学の建学の精神に基づき、淑徳大学が取り組んでいる地域貢献活動を推進するために、産官学連携事業等を通じて、地域社会の活性化・発展に寄与するために取り組みを進めています。 具体的には、地域社会のさまざまな課題の発見と解決に向けて、淑徳大学が持つ研究成果や人材などの資源を積極的に活用し、地域と連携しながら、実践的・協働的に取り組み、社会開発や地域開発に貢献しています。 また地方自治体や地域の産業界との共同研究を通じて、地域における「シンクタンク」としての役割を果たすとともに、研究成果を生かし、地域社会や自治体等へのコンサルティング活動を通じて、地域社会の課題解決に貢献をしています。

さらに、社会人等の生涯学習ニーズや学び直しニーズに対応した学習の機会を提供するとともに、淑徳大学の学生を対象とした社会連携教育プログラムの企画立案支援を行っています。

本学のキャンパスは、千葉キャンパス、千葉第二キャンパス、埼玉キャンパス、東京キャンパスがあり、大学地域連携センターでは、4つのキャンパスで取り組まれている地域と連携した教育研究活動を共有していくことで、相互に相乗効果を高めています。また、連携先の自治体と定期的に協議を行い、地域課題の設定、目標を共有するとともに、本学の取り組みに対するフィードバックを受けることで、PDCAサイクルの中で、本学の取り組みを改善・発展させています。

このような取り組みを通じて、地域開発、社会開発の「実行力」を高め、その取り組みの成果を教育活動に還元していくことで、地域に根ざし、地域のさまざまなステークホルダーと連携した「実学」「実践」教育の基礎を構築していきます。

センター長挨拶

利他共生の回廊を目指して
大学地域連携センター長
矢尾板 俊平

大学地域連携センターは、本学の地域連携・社会連携を推進する中核的な役割を果たす大学附置の機関として、2016年度に開設されました。2005年の文部科学省中央教育審議会答申「我が国の高等教育の将来像」(将来像答申)では、大学の機能別分化を通じた個々の大学の個性・特色を明確にしていく必要があることを指摘しています。将来像答申で挙げられた大学の機能は、1.世界的研究・教育拠点、2.高度専門職業人養成、3.幅広い職業人養成、4.総合的教養教育、5.特定の専門的分野(芸術、体育等)の教育・研究、6.地域の生涯学習機会の拠点、7.社会貢献機能(地域貢献、産学官連携、国際交流等)です。こうした機能について、各大学がどのような機能を保有し、比重を置くのか、そのことが大学の個性や特色の表れとなり、それにより緩やかに機能別に分化していくことが求められてきました。

こうした高等教育や大学改革の流れを踏まえながら、本学の建学の精神である「利他共生」を体現し、本学の教育目的である「人間開発」、「地域開発」、「社会開発」に資するため、長谷川匡俊先生が挙げられた3つのキーワード、「連携・開発・貢献」に基づき、地域・社会連携、産学官連携を推進し、実践し、その成果を教育に還元することが本センターの使命であると考えています。

具体的には、本学の教育研究資源と社会の資源とを結びつけながら、地域の課題を解決し得るシンクタンクとしての機能、産学官連携、大学間連携や高大連携のコーディネーターとしての機能を果たしていく、また本学が地域にとってのリカレント教育や生涯学習の拠点機能を果たしていくことを柱に、具体的な事業を進めています。

さらに、本学の千葉、千葉第二、埼玉、東京の各キャンパスで取り組まれている地域貢献活動、地域における実践的な開発型の学修活動を相互に連携させ、相乗効果を働かせられるような「結節点」となることを目指しています。

自治体、産業界、大学、高等学校等との連携が広がっています。本センターは、多くの連携パートナーとの「利他共生の回廊」を通じて、本学の地域開発、社会開発の取り組みを推進するとともに、それを未来に継承していく機関でありたいと考えています。

自治体との連携

淑徳大学と地方自治体との包括協定

大学の知的資源を活用した教育への貢献や、地域の課題に関する研究・活動等を協働で推進する為、各キャンパスの所在する自治体を始め、各地方自治体との間で包括的連携協力に関する協定を締結しています。淑徳大学では、各自治体との包括協定ともと様々な取り組みが行われています。
淑徳大学と地方自治体との包括協定
淑徳大学では地方自治体や地域の産業界との共同研究を通じて、地域における「シンクタンク」としての役割を果たすとともに、研究成果を生かし、地域社会や自治体等へのコンサルティング活動を通じて、地域社会の課題解決に貢献をしています。
千葉県千葉市との共同研究
高校と連携した「地域まるごと校内居場所カフェ」モデル構築のための実証研究
茨城県笠間市との共同研究
「学びと就労が連動する仕組みの構築」「生涯活躍のまち施策に関する共同研究」
笠間市が進めている「生涯活躍のまち」の取り組みについて、平成28年度より「学びと就労が連動する仕組み」の構築に向けた共同研究に取り組んでいます。これまで、「まちづくりセンター」や「シェアタイムワーク」等をキーワードに、コミュニティのおけるこうした機能を検討するとともに、移住促進に関わる検討を行ってきました。 
千葉市こども若者市役所
千葉市こども若者市役所プロジェクトは、こどもや若者が、まちの課題の解決のために、 主体的に活動する取り組みです。高校生や大学生の目線で、市の取り組みや地域の取り 組みについて考え、自分たちが「できること」を考え、自ら取り組んでいくことで、 高校生や大学生が「まちづくり」に参画していきます。(2018年度からは、ちば産学官連携プラットフォームとの協働事業として取り組んでいます。)
千葉県酒々井町文化財基本調査「清光寺」史料調査
酒々井町に所在する浄土宗亀澤山清光寺は徳川幕府所縁の浄土宗寺院であり、県指定文化財となっています。 令和元年の台風15号により建物に大きな被害に遭い、堂舎の建て替え工事をする予定となっているため、本学人文学部歴史学科・田中先生のご協力をいただき、歴史学科卒業生と共に、史料について調査を行いました。襖裏張り文書について調査したところ、戦国時代中期から末期の「永正」「永禄」「永禄」の年号が記された古文書を複数点発見されました。
千葉県酒々井町文化財基本調査「清光寺」史料調査
千葉県酒々井町制施行130周年連携事業 「酒々井町宿の食の再現」
2018年度から酒々井町と看護栄養学部栄養学科で実施している「酒々井町宿の食の再現」では、江戸時代に酒々井宿で出された料理を「酒々井宿の食」として「大名御膳」「旗本御膳」を再現し、当町の歴史・文化の醸成を図り、町民の郷土への理解を深めるとともに、新たな地域資源として作り上げる事業を展開しています。
酒々井町宿の食の再現01
酒々井町宿の食の再現02
埼玉県富士見市との連携
自治体との連携(各キャンパス)
■千葉市連携事業
■千葉市 沐浴教室の開催
■千葉市食育&消費者教育情報誌「おいしくタベル たのしくマナブ」作成協力
■三芳町との連携事業
■富士見市との連携事業
■横瀬町と果樹公園あしがくぼ道の駅との連携事業
■板橋区の施設や関係部署と連携した授業の実施
■八潮市との連携事業
■埼玉県富士見市との連携

産業界との連携

産業界との連携
■地域密着型スーパーマーケットに新たな競争戦略に関する共同研究
 一般社団法人全国スーパーマーケット協会
■商品開発やPOP制作等を通じた産学連携プロジェクト
 キリンビバレッジ株式会社

履修証明プログラム

履修証明プログラム
■淑徳大学履修証明プログラム「利他共生と教養プログラム」

高大連携・高大接続

高大連携活動とは、高校と大学とが連携して行う教育活動のことです。高校生が大学レベルの学問に触れることで、関心のある分野への理解を深めるなど、各自の進路選択を助ける効果が期待されます。また、地域に密着した大学づくりを進める高大連携活動には、地域貢献・社会貢献の場となり、本学では各高校と教育連携協定を締結し、更に連携強化の取り組みを行っています。
千葉県立生浜高等学校02
■千葉県立生浜高等学校と淑徳大学との教育連携に関する協定
■千葉県立千葉南高等学校と教育連携に関する協定
■千葉県立我孫子高等学校と教育連携に関する協定
■神田女学園中学校高等学校と教育連携に関する協定
■千葉県立松戸向陽高等学校と教育連携に関する協定
■千葉県立犢橋高等学校と教育連携に関する協定
■埼玉県立鴻巣女子高等学校と教育連携に関する協定

大学間との連携

大学間との連携
■ちば産学官連携プラットフォーム
■京都文教大学、埼玉工業大学との地方と東京圏の大学生対流促進事業の共同実施
■大正大学と淑徳大学との包括連携協定
■千葉県生涯大学校との連携

淑徳大学地域連携センター年報

淑徳大学 地域連携センター

〒260-8701 千葉県千葉市中央区大巌寺町200
TEL:043-265-7834 FAX:043-262-9800