資料請求

学長メッセージ

新入生の皆さんへ

淑徳大学 学長 磯岡 哲也(いそおか てつや)

磯岡 哲也学長 卒業生メッセージ

ご入学おめでとうございます。入学に際して学長として皆さんに二つのことをお伝えします。

一つは、建学の精神について、もう一つは師友や人々との出会いについてです。 淑徳大学は昭和四十年に学祖長谷川良信先生により、社会福祉学部社会福祉学科の単科大学として開学しました。学祖は宗教大学(現大正大学)を卒業後、母校の社会事業研究室に勤め、大正七年二十八歳の時、東京巣鴨の二百軒長屋と呼ばれた非常に貧しい人々が住む地域の生活向上を志しました。

その志は次のように表現されています。「立って貧民を救え! 貧児を救え! 貧民窟に入って一生を奉仕の生活に捧ぐべきだ!」(「出発点のころ」昭和三十四年)学祖はじっさい、そこに移り住んで、生活を共にしながら子ども達の勉強会や住民の生活相談などの仕事をされました。 これが、「他者に生かされ、他者を活かし、ともに生きる」という本学の建学の精神である「利他共生」の理念なのです。このように本学では、社会の諸分野で他者とともに生きることを志す人材を育成する目的のもとに、もろもろの教育活動が行われています。

次に、建学の精神とも関わりますが、先生や友人、多くの方々との交わりや絆を大切にしていただきたいと思います。大学時代に培った友情は、利害関係がなく全人格的で、かけがえのない宝物となります。将来の夢を純粋な気持ちで語り合うことができるのは、学生の特権といえるでしょう。また本学では親しみやすい教職員が多く、学生諸君から「学生と教職員との距離が近い」という評価を得ております。

さらに、地域社会でのサービスラーニングや実習等を通じて多くの大切な出会いがあることでしょう。その出会いを契機に、自分とは異なる方々との交わりを広げ、ともに学ぶ学生生活を送っていただきたいと思います。 本学での学生生活が、多くのかかわりをとおして、限りなく充実したものとなりますことを心より祈念いたします。


大学広報「Together 231号」より

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる