資料請求

これまでの学長メッセージ

淑徳大学 学長 磯岡哲也(いそおかてつや)

磯岡 哲也学長

大学広報「Together」より

 初心忘るべからず

新年度も三ヶ月過ぎました。新入生をはじめ、皆さんは新たな心構えで勉学や活動に励まれていることと存じます。 さて、中世室町時代の猿楽師世阿弥は、父観阿弥とともに、三代将軍足利義満の寵愛を受け、猿楽を芸術の域にまで高めた人物として有名です。

世阿弥には、父の教えを著した『風姿花伝』や『花鏡』があり、現代でも広く読み継がれています。この世阿弥の思想のなかに、「初心忘るべからず」があります。『風姿花伝』には初心が繰り返し述べられています。また、『花鏡』の終わりの箇所には次のようにあります。


初心忘るべからず。 この句、三か条の口伝あり。

ぜひ初心忘るべからず。

時々の初心忘るべからず。

老後の初心忘るべからず。

この解釈は多様ですが、初心とは、若い時分に学んだことや、その当時の未熟さ、または人生の節目節目での初めての経験を意味しています。つまり最初の一回きりではなく、若い頃から老後に至るまでの過程で、成長の基となる初心を抱く機会は複数あるのです。

まずは、若い頃の未熟な自分を忘れずに謙虚であり続ければ、芸の道を上げることができるとされます。次に、年齢に応じた芸曲に似合った風体をたしなむのが、時々の初心であり、年齢に応じた気づきを忘れないように教えています。さらに、人間の命には終わりがあるが、能には果てはない。このことを覚えて、老後の風体に似合うことを学ぶのが老後の初心であるとしています。

平たくいえば、長い人生で、はっとして気づいたこと、その時々の自分が新たに気づき成長する契機が初心であり、それを忘れてはいけないという諭しでありましょう。 学生諸君も私たち教職員も、本学での学びのなかで、過去・現在・未来にはっと気づく瞬間を忘れずに、次の成長に活かしていきたいものであります。

大学広報「Together 227号」より

ご入学まことにおめでとうございます

入学に際して学長として皆さんに二つのことをお伝えいたしたいと思います。一つは、建学の精神、もう一つは師友や多くの人々との出会いについてです。 淑徳大学は昭和四十年に学祖長谷川良信先生により、社会福祉学部社会福祉学科の単科大学として開学しました。学祖は宗教大学(現大正大学)を卒業後、母校の社会事業研究室にお勤めになられ、大正七年二十八歳の時、東京巣鴨の二百軒長屋と呼ばれた非常に貧しい方々が住んでおられる地域の生活向上を志されました。

これが、「他者に生かされ、他者を活かし、ともに生きる」という本学の建学の精神である「利他共生の理念」なのです。このように本学では、社会の諸分野で他者とともに生きることを志す人材を育成する目的のもとに教育活動が行われています。

次に、建学の精神とも関わりますが、先生や友人、多くの方々との交わりや絆を大切にしていただきたいと思います。大学時代に培った友情は、利害関係がなく全人格的で、かけがえのない宝物となります。将来の夢を純粋な気持ちで語り合うことができるのは、学生の特権といえるでしょう。また本学では親しみやすい教職員が多く、学生諸君から「学生と教職員との距離が近い」という評価を得ております。さらに、地域社会でのサービスラーニングや実習等を通じて多くの出会いがあることでしょう。その出会いを、大切して欲しいと思います。

人と人とのつながりの意識や絆が弱まりつつある今日、つながりの再構築は、この社会の重要な課題の一つであります。新入生の皆さんには、ゼミや実習、サークル活動、サービスラーニングやボランティア活動などを通して、自分とは異なる他者との出会いと交わりを広げ、共に学ぶ学生生活を送っていただきたいと思います。

本学での学生生活が、多くのかかわりをとおして、限りなく充実したものとなることを心より祈念いたします。

大学広報「Together 226号」より

キーコンピテンシーと21世紀型スキル

熟年層の雑談で、大学時代は「多くの時間を部活やサークルに費やした」、「アルバイトに没頭した」、「授業とは関係ない本について友と遅くまで議論した」などと聴くことがあります。

現在の大学は、予復習必須の授業で、文章読解・文章表現、実用英語、プレゼンテーション、情報処理など、基礎的能力の養成に取り組んでおります。このことが「大学は、読み書きそろばんばかり教えている」という誤解を招いているように思われます。

では、今日大学で培われるべき能力とは何でしょうか。それは「新しい能力」として、1997年開始のOECD「能力の定義と選択(DeSeCo)プロジェクト」でキーコンピテンシーとして挙げられています。松下佳代京大教授によれば、キーコンピテンシーは「能力を育てる関係性」に着目し、他者とかかわったり、協働したりする「他者との関係」、言語、知識・情報、技術を相互作用的に用いる「対象世界との関係」、大きな展望のなかで活動し人生計画や個人的プロジェクトを設計実行する「自己との関係」の三つのカテゴリーで構成され、その核心には思慮深さがあるといいます。

 他にも、2009年開始の「21世紀型スキルの学びと評価(ATC21S)プロジェクト」による4領域10スキルの21世紀型スキルがあります。まず、創造力とイノベーション、批判的思考・問題解決・意思決定などの「思考の方法」、コミュニケーション、チームワークといった「仕事の方法」、情報リテラシー、ICTリテラシーといった「仕事のツール」、そして、地域と国際社会での市民性、人生とキャリア設計などの「社会生活」がそれです。これらは初等中等学校での「生きる力」に、ICTリテラシーなどの現代性が加わったものとして理解できます。

キーコンピテンシーにせよ21世紀型スキルにせよ、他者や対象、さらに自己との関係性や人生設計が重視されています。先に挙げた昔の大学生が学内外で自主的・能動的に学修した学びの単元が、現在では正課や正課外での教育プログラムとして大学に期待されているともいえましょう。

大学広報「Together 224号」より

大学認証評価について

我が国のすべての大学は、大学としての教育の質を保証するため、7年に一度国が認めた認証評価機関により大学評価を受けその結果を公表する義務があります。大学にとっては、社会的存在理由を明らかにし、社会に対して説明責任を果たす機会であり、米国のアクレディテーション方式にならって、平成14年の学校教育法改正により制度化されました。

本学では、平成16年第一期、23年第二期、そして今年30年に第三期認証評価を受審します。内容は、大学の教育の理念・目的、教育内容や方法、教育研究組織、就学支援・生活支援・進路支援などの学生支援、教育・研究等の環境整備、社会連携・社会貢献、国際交流、財務状況にいたるまで、大学の機能全般、ことに教育の質保証のあり方について自己点検評価をもとに認証評価機関の評価を受けるものです。

一例を挙げれば、「社会連携・社会貢献」では、「社会連携・社会貢献を推進するために、学外組織と適切な連携体制が構築されているか」、「社会連携・社会貢献に関する活動による教育研究活動の推進が図られているか」などが評価の視点になっております。本学は、この項目では他にひけをとらない実績があると自負しており、既に、各キャンパスの地元自治体や、企業、近隣の町内会などと包括協定を締結し、それに基づいて学生諸君の学外教育プログラムを展開しております。

 秋には、大学基準協会という認証評価機関から数名の評価員が実地調査に来学します。その際、教職員ばかりでなく学生諸君へのインタビューが設定されるかもしれません。指摘された項目は、本学で改善に取り組み、数年後にはその結果を報告することになります。何より学生諸君への教育の質を保証するためですので、教職員一丸となって対応しております。なお、過去に受審した認証評価結果や改善報告は、本学公式ホームページの「教育情報の公表」で公表しております。

大学広報「Together 222号」より

新入生の皆さんへ

ご入学まことにおめでとう ございます。教職員を代表し心よりお祝い申し上げます。ご入学に際し学長として皆さんに二つのことをお伝えしたいと思います。一つは、淑徳大学の建学の精神について、もう一つは大学での師友や人との出会いについてです。

本学は、昭和四十年に学祖長谷川良信先生により、社会福祉学部社会福祉学科の単科大学として開学いたしました。現在では、六学部十一学科を擁する総合大学として展開しております。学祖は宗教大学(現大正大学)を卒業後、母校の社会事業研究室に勤められ、大正七年二十八歳の時、東京巣鴨の二百軒長屋と呼ばれた非常に貧しい方々が住んでいる地域の生活向上を志されました。

その志は次のように表現されています。「立って貧民を救え! 貧児を救え! 貧民窟に入って一生を奉仕の生活に捧ぐべきだ!」(「出発点のころ」昭和三十四年)学祖はじっさい、二百軒長屋に移り住んで、生活を共にしながら子ども達の勉強会や住民の生活相談などの仕事をなされました。当時の生活については先の文章の後に次のようにあります。「夜ともなれば床につくやいなや、ノミ、シラミ、南京虫に終夜攻めぬかれて一睡も出来ぬこともある。」学祖は、このような困難のなかで、セツルメント事業(隣保事業)に取り組まれました。翌大正八年、『社会事業とは何ぞや』という著作のなかで「not for him, but together with him」(他者のためにではなく、他者とともにでなければならない)と書いています。これが、「他者に生かされ、他者を生かし、ともに生きる」という本学の建学の精神である「利他共生」の理念なのです。本学では、他者とともに生きることを志す人材を育成するという目的のもとにすべての教育活動があることをご理解いただきたいと思います。

次に、建学の精神とも関わりますが、先生や友人、多くの方々との交わりや絆を大切にしていただきたいと思います。大学時代に培った友情は、利害関係がなく全人格的でかけがえのない宝物となります。将来の夢や希望を純粋な気持ちで語ることができるのは、学生の特権といえるでしょう。また、本学では親しみやすい教職員が多く、学生諸君から「学生と教職員との距離が近い」という評価を得ております。さらに、地域社会でのサービスラーニングや実習等を通じて学外の多くの方々との出会いがあることでしょう。その出会いを、大切にして欲しいと思います。

人と人とのつながりが希薄化し絆が弱まりつつある現在、つながりの再構築は、社会の重要な課題の一つであります。皆さんには、ゼミや実習、サークル活動、サービスラーニングやボランティア活動などを通して、自分とは異なる他者との出会いと交わりを広げ、共に活かし合いながら学ぶ学生生活を送っていただきたいと思います。皆さんの本学での学生生活が、多くの方々とのかかわりをとおして、この上なく充実したものとなることを心から期待いたします。

大学広報「Together 221号」より

卒業生の皆さんへ

卒業生の皆さん、ご卒業まことにおめでとうございます。教職員を代表して心からお祝い申し上げます。門出に際し、皆さんのはなむけの言葉として三つのことをお伝えいたしたいと思います。

まずは、淑徳大学を卒業したことに、自信と誇りをもっていただきたい、ということです。本学は、大学のなかで取り立てて大規模ではありませんが、学生さんと教職員との距離が短く、親しい関係をもちやすいという評価をいただいております。私たち教職員は、本学で皆さんの教育に与れることに誇りと喜びをもって毎日取り組んでおります。この誇りと喜びは今に始まったことではなく、昭和40年の設立以来、学祖をはじめ私たちの先輩の教職員も同様であり本学の伝統であります。ですから、皆さんも自信と誇りをもって社会に出ていっていただきたいと思います。

二つ目は、建学の精神をはじめ学んだことを活かし若い力で思い切りご活躍ください、ということです。皆さんはこの4年間の学びのなかで、建学の精神である大乗仏教の精神に基づいた「利他共生」の理念を理解され体得されたものと存じます。「利他共生」とは平たく言えば、他者に活かされまた他者を活かしながら、互いに助け合い、ともに生きることであります。本学の教育の目的は、全教育課程を通じて、まさにここにあるのです。また皆さんは、4年間の学びのなかで、これから進まれるどのような領域でも通用する基礎的汎用的な学士力を身につけられました。さらに、それぞれの学科において専門的な知識や技能を学ばれました。建学の精神、汎用性のある学士力、専門的スキルをもって共生社会の実現のためにそれぞれのもち場で存分に活躍していただきたいと思います。大いに期待いたします。

三つ目は、卒業後も本学とのつながりをもち続けて欲しい、ということです。ゼミや授業でお世話になった先生方、同級生、クラブやサークルのOG・OB会などのつながりは、人生をより豊かにするでしょう。さて、人生100年時代がいわれておりますが、社会の変化はことの他早く、大学で学んだ最新のスキルですら、何年かすると色あせてしまうかもしれません。人生100年という時代は、スキルアップや人生を深く考えるための学び直しをしていく時代であるともいえます。本学では、今後すべてのキャンパスで社会人向けの講座や履修証明プログラムを増やしていく予定であります。また、53年の歴史を有する淑徳大学は、皆さんを含めて3万4千人以上の同窓生と同窓会組織を有し、全国に25の同窓会支部がそれぞれ県単位で大学に直結した、あるいは地域に密着した活動を展開しております。ホームカミングや同窓会はもちろん、ぜひ同窓会支部にもかかわられることをおすすめいたします。

皆さんの今後の人生が春秋に富み、実り豊かで幸多からんことを心より祈念いたします。

大学広報「Together 220号」より

人生100年時代の大学

 『ライトシフト―100年時代の人生戦略』の著書でロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授によれば、先進国の平均寿命は年々伸び、2007年生まれの日本人の半数は107歳まで生きると予測されています。また人生の3ステージ「教育を受ける」、「仕事をする」、「引退して余生を過ごす」のモデルは大きく変わり、マルチステージ、つまり個々人の状況に応じてそれぞれのタイミングで「学び直し」や「組織にとらわれない独立した働き方」や「有給の仕事と様々な活動の組み合わせ」を循環するモデルになるとされています。
 首相官邸でも昨年秋から「人生100年時代構想会議」を開催し、超長寿社会の新しいロールモデルを構築、時代を見据えた「人づくり革命」が構想されています。
 人生100年時代にふさわしい大学の姿はどのようなものでしょうか。本学の場合、現状では、大多数の学生さんは18、19歳から22、23歳までと、20歳前後のきわめて薄い年齢層に固定されています。これでは、人生100年時代に期待される役割としては不十分でしょう。
 内閣府による平成27年の世論調査によれば、30~50代の約6割、60代の半数弱が学び直しを希望しています。理由は「教養を深めるため」52%、「今後の人生を有意義にするため」49%、「就職や転職の為に必要性を感じたため」29%、「現在または学んだ当時に就いていた職業において必要性を感じたため」25%となっています。これはまさに、30代以上の方々が、職業・社会活動と学びとの循環を志向していることを示しています。
 本学では、埼玉、千葉、東京の各キャンパスで正課授業を開放し、自治体や他大学と共催する公開講座を実施しています。これは、教養を深め社会参画を志向するアクティブシニアや社会人のキャリアアップの機会になっています。
 この授業解放をさらに発展させ、産業界や自治体との連携により体系的な知識・技術等の修得をめざした履修証明プログラムの制度を構築することで、当面、人生100年時代の大学の役割を果たしていきたいと考えております。

大学広報「Together 219号」より

世界の危機と建学の精神

大学創立50周年から早いもので2年目を迎えました。開学の昭和40年は、米国が北爆(ベトナム戦争1965-1975)を開始し、日韓基本条約が締結され、中国では文化大革命が始まるなどまさに激動の時代でありました。52年後の現在、激動は止むことなく、世界のそこかしこで、紛争や様々な悲劇が起こっております。その可能性は、我が国周辺でも例外ではなく、むしろ危機的状況にあるとさえ言えるでしょう。大乗仏教の精神を建学の理念とし、有為な人材の育成を目的とする教育機関として、我々はこの事態にどのような姿勢でむかうべきでしょうか。戦争の構造的要因やそれを除去する方策等については国際政治学や平和学の研究に任せるとして、本学の立場から、学生諸君とともに考えるための道しるべとなるのが、60年前の学祖長谷川良信先生の言葉であると思います。

 「この世界危機に対処する幾多の方策が論議されることであるが、世界の各国が、(中略)互いに隣人愛の情義を基として思想的、文化的な歩み寄りを進めるのが、最も手近かな危機打開策ではないだろうか。」(『長谷川良信語録』94ページ)

 国際紛争という危機に対処するためには、国家間や指導者間での「隣人愛」や「思想的、文化的な歩み寄り」が打開策であり、これこそ私たちが今まさに取り組むべきテーマであると思います。
 グローバル化の進展と人的流動性の高まりにより、我が国には230万人もの外国人が居住し、地域社会で多様な文化が共存している現在、学祖のお考えは、10年前から国や自治体で言われるようになっている多文化共生の理念の原理ともいえます。教育機関としては、個人個人の心のなかに、外国の方々とともに生きる歩み寄りの芽を育てられるような、体験的な学修の場を設定することが肝要だと思います。
 キャンパス内を、多様な文化的背景をもった学生さんが行きかうことをめざすとともに、その日がそれほど遠くないことを期待しております。

大学広報「Together 218号」より

広がり深まる地域連携

 本学は建学以来、地域開発、地域連携を大切にしてきました。学祖長谷川良信先生は、52年前から、地域社会との共生が本学の使命であることを予見されていました。このことは現在、地方自治体との包括協定という一つの形で継承されています。今年だけをみても、3月の酒々井町、6月の千葉市、八潮市との締結といった状況です。うち千葉市とは平成22年の相互連携協定を発展させ改めて包括連携協定を結びました。その他、東京都板橋区、埼玉県三芳町、富士見市、和光市、茨城県笠間市と協定し、それぞれ緊密な連携がなされています。自治体との連携は、大学の都合や学生の指導上の便宜ではなく、地域の課題やニーズにかなうものでなくてはならず、それぞれの地域の現状を理解することから始めねばなりません。
 以下、学祖以来、強い結びつきのある千葉市をみてみます。同市では、若い市長のリーダーシップのもと、「加曾利貝塚」、「オオガハス」、「千葉氏」、「海辺」という4つの地域資源を活用して市の魅力づくりを図っています。幕張新都心を国家戦略特区としたドローン技術や自動運転技術の開発、「こども若者市役所」等の若者の社会参画事業、市民との共働によるまちづくり等が取り組まれています。また本学の学生は、「車椅子バスケットボール全国選抜大会」を千葉市と連携して開催しています。2020年には、オリンピック3競技、パラリンピック4競技が千葉市で開催されますが、多くの学生がサービスラーニングの形で参画させていただくことになると思われます。それを一過性の「お祭り」として終わらせるのではなく、「オリンピック・パラリンピック・レガシー」を創り出し、それを継続させていただく活動も大切だと思います。
 本学の地域連携は、さらに広範な地域とともに歩むことを指向しております。これらの動きが、「ともいき」を学ぶ学生諸君のさらにアクティブな学びにつながることを心より期待いたします。

大学広報「Together 217号」より

閉じる
閉じる